写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「2019.9月です!穏やかなお別れ」

今年9番目の月がやってきました!

まほうカレンダーをお持ちの皆さんは、
写真をスイッチしてください。。。。

もう夜になっちゃったけど。

とっくのとうにスイッチしてるとは思うけど。

先月の写真は、
北インドのパンゴン湖の写真でした。

インド映画の「きっとうまくいく」の
ラストシーンが撮影された美しい湖です。

晴天だと、湖面が、青い鏡のように見えるらしい!

私が行ったのは雨季のタイミングだったので、
雲ひとつない。。。というわけにはいきませんでしたが、
それでも雨は降らず、
雲の白と空の青のコントラストが美しくて、
かえってドラマチックな写真が撮れたようにも思います。

湖に映る、逆さ富士ならぬ、
逆さヒマラヤが素晴らしいでしょう!(向こう側は中国)

湖に映る山々が少し滲んで見えるのは、
少し風が吹いていたからだけど、(無風だと鏡のようにくっきり映る)
それがまた幻想的で、とても好きな写真です。

この写真に込めた思いは、
例えば心の状態もこの湖と同じで、
無風状態だとそのままくっきり見えるものも、
風が少し吹くだけで見え方が変わってくる。
例えば波が立つほど強い風が吹けば、
もう何も映らなくなる。。。。。

それが良い悪いではなく、
心が受ける影響によって、
自分の世界は変わって見えるということ。

そういうメッセージをこの一枚の写真に込めました。

さて!
今月の写真はいかがでしょうか?
これは、、、、、何でしょう??
皆さんはこの写真を見て何を感じるでしょうか?

9月はこの一枚を眺めながら一ヶ月過ごしてくださいne☆
どんな時間が待ってるかな?



私の9月は、
お別れからスタートしました。

人生を全うした人とのお別れは、
寂しいながらも穏やかなものだなと思います。

とても静かな優しい時間でした。

久しぶりに、いとこたちや、
親戚のみんなと会えて楽しかったし。
お葬式
妹の旦那さんとも、お正月に集まった時以来。
(ヒゲ生えて貫禄増してた)

私は、いわゆる喪服って持ってないので、
昨日のお通夜には、
ずっと前に買ったお気に入りのワンピースを着て行きましたが、
秋冬ものなので暑かった。。。。

しかも、私、黒い靴もない。。。
黒い靴
(当たり前だけど)
誰もが黒い靴なのに。
スニーカー
私だけ、こんな足元。
(スニーカーにソックス。しかも紐が解けかかってる。。。ぶははは)

大勢の人が集まる席で、
特に型にハマった場所では、
必ず、はみ出る私。

親戚はみんなそんな私を見ても驚かないけど、
(みんなもう私のことは諦めてる。笑)
式場のスタッフとか、他の弔問客の人たちは、
ぎょっとした目で私を見る人もいて可笑しかったです。

すみません、驚かせてしまって。

驚かせついでに、
今日の告別式はとうとうこの格好で出席!
夏野苺
(さらに目を丸くするスタッフさんがいて面白かった)

これは、私のアイコン。
制服みたいなものだから。

世間の常識とズレているのはわかりますが、
私からしたら、
正装してお別れの会に出席したというような感覚。
数珠
(お数珠は、ラダックで買ったもの)


最後、棺の蓋を閉める時の、
いとこの表情が心に焼き付いてる。

乱れることなく、
あんなにも静かに、
美しく哀しむことができるなんて。

旅立つ方も安心して天へ向かえるだろう。

清らかな心を見ることができてよかった。

あの心を持つ人と私は、
血が繋がってるのだと思うと、
自分にも誇りを持てるような。

そう、
私は私でいい。

自分らしく生きるのが、
いちばん。

このままいこう。

私にだって、こうやって、
おしまいの日は必ず来るから。

その時まで。

毎日を丁寧に楽しもうと思います。

自分らしい方法で。


★今月も、
まほうshopに来てくれた皆さん!ありがとう!
まもなく閉店です!また来月も遊びに来てne♪★