写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「これが答えだ!」


★俳優、安田顕さんの言葉
「三歩進んで二歩下がる。25年続けてこられたのは芝居の正解のなさ

25年前、芝居を始めたとき、

現在のような未来はまったくイメージなんてできなかった。

あまりうまくできなかったな…と思うことはほぼ毎日。

『もういいかな』といつも思う。

でもそれは心の底から思っていることではなく、

ある意味での割り切りかもしれない。

やっぱり、基本的に芝居が好きなので、

何があっても辞めずに続けてこられた。

もう一つ、続けられた大きな理由として、

「つかめたように思えてつかめていない」という芝居の正解のなさ。

舞台は、ひと月稽古してステージを踏むので、

繰り返していくうちに『これが完成形だ』とつかんだような気になる。

でもしばらくすると、また忘れてしまう。

水前寺清子さんの『三百六十五歩のマーチ』ではありませんが、

三歩進んで二歩下がる、みたいな…。

少し進んだかと思えば、また振り出しに戻る。

逆にマイナスになっているかもしれない。

だから続けていけるのかもしれない。

インプットしながらアウトプットする。

そこがうまくいくともっとスムーズになると思うんだけど。



★女優、門脇麦さんの言葉

自分とはかけ離れた役柄でも、

このキャラクターのどこを大切にすれば、

自分とつながれるのかなというところを丁寧に。

でもいつも本当に難しいんですよね。

毎作品これで大丈夫かなと思いながらやっています。

鼻血が出そうなくらいワクワクする気分は、

やっぱり舞台でしか味わえないです。

ーーーーーーー

きたよ。これだよ。
たまたま目に飛び込んできた、二人の役者の言葉。

天使よ!

ありがとう!!!!

ひとまずこれだ。これだ!今の私の答え。

やっぱり。こういうことでいいんだ。

芝居の正解のなさ

という言葉に心打たれる。

先日このエッセイに書いた、
私の言葉への応えだと感じるから。

もしかしたら、
全部が完璧とか、オールオッケーなんて。
どこまでいっても、無いのかもしれない。
だから、半永久的に、
追い続けること、求め続けること、挑戦し続けることが、
できるのかもしれない。

https://www.ichigo-natsuno.com/essays/thank-you/
(エッセイ全文はこちら)

すごいっ

嬉しい。

探し続けたら、

問い続けたら、

必ず答えは現れる。

こうして、いつだって。


セーラー服おじさん
セーラー服おじさんの語る言葉の中にも
「答え」がたくさん詰まってた!人生のヒント満載★