写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「二つの意識」


すごーく嬉しいメールが続いています。
もちろん!お芝居の予約メール!

えっ?本当に?本当に来てくださるの?

とびっくりするような方々からもご連絡いただいております。

魔法学校の生徒さんで観に来てくれる人たちには、
観客席から「だいじょうぶ魔法かけてね」ってお願いしました。^^

私はそろそろビビり始めている頃。。。。。

また声が出なくなって焦りました。昨日とか。

去年の本番前と同じ症状。

ひどく咳込んで、
気管支のあたりに重たい膜が張っているような感覚。
それで、声が出づらくなる。

これは、
「やめたい」自分が隠れてるなと思いました。
こんな時は、なんでやめたいのか?尋ねてみる。自分で自分に。
そして「やめたいならやめていいよ」と言ってあげる。

そうすると「いや、そこまで本気でやめたいわけじゃないけど」、、、
なんて言い始めるもう一人の自分の声が聞こえてくる。

やめたい気持ちを認めてもらうと、
もう一人の自分は気が済んじゃうのかな?

対話って大事だなーと思います。

無視しないこと。

自分の心の奥深くにある思いを。

丁寧に聞いてあげることで、
潜在意識と顕在意識が一致するから。

もし不一致だと潜在意識の方が勝ってしまうので、
意識的に「こうしよう」「こうなろう」と思ってるつもりでも、
自分が望んでいることと全く違うことが起こったりする。。。。

人生の中で「あれ?なんで?」ということは、
顕在意識を使って繰り返し、
潜在意識を変えていく(顕在意識の思いと揃えていく)ことで、
少なくなっていくと感じます。

私の場合は、
人生大勝負!という時には
必ず直前に心身が一度ダウンする時期があるので、
これはもう、このやり方が好きというか(笑)
安心するというか(そんな馬鹿な)
自分でもよくわからないけど、
確実にパターン化されているなと思います。

だから慌てたり焦ったりしなくなったけど、
咳が出て苦しいとか、単純に体がしんどいのは嫌だから、
そろそろ本気でもうこのパターンはやめたいと思います。
よーくよーくよーく顕在意識に言い聞かせて、
潜在意識を書き換えていきたいと思います。

目的地までスッと行きたい。スッとね。

静かでシンプルな感じに憧れます。

ドタバタ☆ドラマチックな人生にはもう興味が薄れてきたので。

ドラマチックなのは、実際の人生ではなく、
映画とか小説とかお芝居の中だけでじゅうぶん。
そんなの見てるだけが楽しいわ。

自分の日常は、
パッと思った通りにすぐ実現して、
音もなくスーッと流れるように進んでいくのがいい。
淀みなく。何事も。


ーーーーーーー

チケットご予約の皆様。
ありがとうございます!
今は毎日「予約メールきてるかな?」と思いながら
メールBOXを開くのが一番の楽しみです~。^^

★Tokyo演Joy倶楽部 第二回本公演★
「カルテット」
3人の作家による25分のオムニバス作品!
今回、私は四姉妹の次女役で出演♬
詳細はこちらから

https://www.ichigo-natsuno.com/essays/challenge/

猫
このかたの潜在意識と顕在意識の仕組みはどうなっているのでしょおか?
じっと観察していると全て思い通りに生きているように見えるんですケド。