写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「続けるなら覚悟を持って」

こんまりさんの新刊。

『Joy at Work 片付けでときめく働き方を手に入れる』
近藤麻理恵 スコット・ソネンシェイン 共著 (河出書房新社)

読み終わりました!

今日のエッセイのタイトルにした言葉が、

私の心にいちばん響きました。




「これは、私が意志を持って残したものなんだ」と

腹をくくって向き合うと、その後、感謝して手放すことも、

大切にすることもできるようになるのです。

このことは物理的な片づけに限らず、

すべての選択において言えることだと、
私は思います。

私たちの仕事も人生も、

自分が過去にした一つひとつの決断によってつくられています。


何事も他人のせいということはなく、

すべて自分の選択の結果なのです。


手放すなら感謝をして。

続けるなら覚悟を持って。

          (「Joy at Work」本文中より)




こんまりさん。ありがとう。^^


今この本に巡り会えて嬉しいです。




他に興味深かったのは、

「マルチタスクの罠」という章。

またたくまにすべてをやってのける超人的な力があると、

彼らは自信満々に語ります。

(中略)

マルチタスクを実践する人は有能だと思い込んで、

それを真似るなんて、とんでもありません。


まったくナンセンスな話です。

           (「Joy at Work」本文中より)



なるほどー。。。と唸ってしまいました。

というのも、近頃、このような人を目撃し、

ちょっと仕事の仕方が雑だなと感じていたところだったから。



人それぞれ自分が心地良い仕事の仕方で良いと思うのですが、

同時にいくつもできる人、ひとつずつやっていく人、

一概にどちらが有能、無能とは言えないものなんですne☆



仕事はどんな分野でも、最終的にはやっぱり、

量より質、、、、ということになってくるのでしょうか。



他にもいろいろ考えさせられる
(自分の人生を見つめ直すきっかけを与えてくれる)良い本でした。



「仕事を片づける」とか「データを片づける」は

よくある言葉だけど、

「人脈を片づける」とか「決断を片づける」など、

目次の言葉もユニークでした。


『Joy at Work 片付けでときめく働き方を手に入れる』
 近藤麻理恵 スコット・ソネンシェイン 共著 (河出書房新社)
まだ読んでいない方は、ぜひご一読を♪ オススメいたします☆
詳細はこちらの画像(本の表紙)をクリックしてご覧ください。
↓ ↓ ↓




=本日のおまけ写真=
久しぶりに「黒い森ケーキ」を食べました♪
これは洋酒が効いてて甘くないから好きです☆
(サロン・ド・テ・ミュゼ イマダミナコ)
黒い森ケーキ