写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「インド旅その5〜ラダック(チリン村)」

ストック村を出て、レーに戻る途中に、
チリン村というち〜〜さな村へ寄りました。

ここ、何人くらい住んでるの?
簡単に数えられるくらいしか住んでないんじゃないの?

私はすご〜く気に入って、できれば自分も住みたいと思ったほど!

ちょっとこの世じゃないみたいだった。

すてきぃぃぃ〜 インドっ!

こんな場所があるなんて!?
インド旅
(雄大な景色のなか。写真中央にみんなが写ってる)
インド旅
向こうからこんなおばあさんがっ!!?
なにこの可愛らしい格好?おとぎの国のよう!きゃー♪
インド旅
言葉は全く通じませんケド。
インド旅
見てよ!柱におまじない!
動物の骨とか、門に飾ってあるし。
いや〜、魔法の国だne☆
インド旅
お家の中までお邪魔してキッチンを見せてもらい、
お茶とお菓子をご馳走になりました。
インド旅
私はここが好きでした。
この場所が記憶してる何かが、とても。
特にこの樹。
宿る妖精の声が聴こえてくるようだった。
(ひとりだったら聴こえてたかも)
インド旅
好きといえば、この川も好きすぎました。
ザンスカール川。
泥色の濁流。今まで見た川のなかで一番好きかも。
ゴオゴオとすごい勢いで流れていて、
その流れが一定方向じゃないのです。
ところどころ渦を巻くように流れてるのが不思議で!
(たぶん川底に大きな石がたくさんあるからだと思う)
インド旅
そして!
川の向こう岸に見えたあの緑のところ。
数件家があって。。。。。

あ〜〜〜!住みたいっ 
あそこで暮らしたいっ


なんなら数週間ホームステイでもいい。
なんとか叶わないものか。
と、強烈に本気で思った私なのでした。

しかし、ここは秘境。 秘境中の秘境。
どんな暮らしになるのか想像つかない。

それでも住んでみたいと思うのはなぜだろう?

こんな何もない、川沿いをぐんぐん進んで、
一体どこへ行ったかといえば、ここ。

インド旅
出ました、またしてもゴンパ。

もうこんなところ誰も来ないよというくらい、
ますます人なんていない場所。

しびれる。何も無さすぎて、これまた好きすぎる。

そんなところへわざわざ何にしに行ったかといえば、
たまちゃんが「曼荼羅の壁画を見たい」と希望したから。

正直、私は壁画はどうでもよかったけど(笑)
たまちゃんがえらく感激してる姿を見て、
あ〜、来れてよかったねえ!と嬉しくなりました☆
インド旅
(壁画の良さも、尊さも、有り難みもわからない私ですが)
インド旅
(一応、壁画の前で記念撮影。たまちゃんの顔が幸せそうすぎる)
インド旅
(こんな仏像もありました。どちらかというと私は仏像の方が好き)


ここまで快適な旅でしたが、

このあとラダックに戻って、、、、、

そう、あの薬事件が。(笑)
インド旅
ランチの最後に撮った記念写真。
皆と一緒に楽しそうに笑ってるように見えるけど。
あの時、薬のせいで、ひとりだけ別世界にいた私。
寝てるような、、、起きてるような、、、、(笑)


そういえば、ランチ前、
ふらふらよろよろ私が一番苦しい時に、
こんなことしてる人がいました。
  ↓
インド旅
道端の野菜売りから人参を買って大喜びなノブさん。
インド旅
大好きすぎる。(笑)