写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「素晴らしい人生の先生」


ボランティア公演

今日は夢華座のボランティア公演でした。
ボランティア公演

おじいちゃん、おばあちゃんたちに喜んでもらえて、
(私は二つもセリフを飛ばしたけれど!)
とっても楽しい時間を過ごしてきました。
ボランティア公演
(私も出演してるんだけど写真には写っていません。出番じゃない時に私が撮ってるので。笑)

終わってから、座長や先輩女優さんたちとランチしたのですが、
この時の会話が宝の山だった!!!

もらったアドバイスを早速アトリエに戻って実践し始めました。

わ~、今でやったことない方法だったので、
今後の自分の演技にどう作用していくか、とても楽しみです!

それで座長から、来年の大きな公演に関して、
(ボランティアではなく、夢華座の本公演)
いろいろ話を聞けて、それも本当に楽しかった!

経験豊富な人の話を聞けるって、とってもありがたい。

私にとって素晴らしい人生の先生だなあ!と思うのです。
(夢華座メンバーの平均年齢は75歳?、、、いや、80歳かな?)



人生の先生といえば、
最近は魔法学校メンバーの成長、進化ぶりが目覚ましく、
私は毎日感動しています。

「気づきのプロセス」が、
本当に素晴らしくて、
本当に美しくて、
まるでゆっくり蕾が開いていくような、
サナギが孵化していくような、
そんな瞬間を目撃しているような気分です。

みんなが私の人生の先生に見える!

ここには紹介しきれませんが、
ほんの少しだけ、
このエッセイでシェアしたいと思います。
↓ ↓ ↓

小さな冒険は、初めてのパン屋さんで、
いつもは選ぶことのないであろう味のサンドイッチを食べてみる。
という、とてもとても小さな冒険に終わったのですが(笑)
今回大事に思ったのは、その事実ではなくて。
なんとなく、その一連の中で思った……というか、
繰り返し魔法学校で学んでいるはずのことを実感したことの方です。
きっと普段もしていることだけれど、ほんのちょっとだけ、
日常を冒険として見てみる。ということ
(苺さんのお言葉を借りれば、1度だけ角度を変えた感じでしょうか)
をしてみただけで、こんなにも日常の見え方って変わるんだ!
ちょっとワクワクしたり、これじゃなかったな。と思っても、
“冒険”と思っているだけでがっかりせずに済んだり、
こんなものがあったんだ!という発見をしたり。感動したり。
人によってはそれは食事じゃなくて、歩く道かもしれないし、
選ぶ服かもしれない。会う人かもしれないし、出かける時間かも。
人それぞれ、冒険の部分と、安定した何かの中で
バランスをとりながら生きているんだろうな。
どんなことも冒険になりえるし、
多分冒険だけではなくて、どんなことも本当に、
自分の捉え方・考え方次第なんだ。
どんな瞬間も意識することで、変えていける。
そんなことを、身をもって今、体感できた。
そこに意味があるのではないか、、と。
そしてこれは、一人では気づけなくて、
苺さんと、宿題と、皆さんのコメント全てがあってこその気づきでした。
大切な気づきを、ありがとうございます。
そのことにハッと思い当たった瞬間、じわ~っと感動しました。
……もっと簡潔に書きたかったのですが、
感じたままの方が伝わるものがあるかもしれないので、
このまま、シェアさせて頂きます。


自分で段取りを考えてぎゅうぎゅう計画しなくても、
タイミングのよいことが重なって
("あの方に連絡したいなぁ…" と思っていたら向こうからご連絡を頂いたり、
偶然バッタリ外で出会ったり、
誘われて行った場所が前から気になってた場所だったり、
アイス食べたいなぁと思っていたらお隣から差し入れで頂いたり…)
私の正直な気持ちに関することは、天使がサポートして運んでくれているような感覚で、
「わ~ありがとうございます( ;  ; )」と思えることが日々ありました。
1日の記録は、いつも時間軸が縦に流れる手帳)を使っていて、
1日の行動は食事や健康も含め、すべていつも時間軸で記録していますが、
改めて自分の1日を、”その日がどういう1日だったか" 
ゆっくりふりかえったり、心の声を正直に書いたりしてないことに気づきました。
振り返ってみてみると、とにかく寝る時間が毎日バラバラで、
夜になって何かに焦って作業していたり、
無駄に疲れてぼーっとネットやニュースを見てしまったり…
突然21時にもう寝ていたり…
”寝る前にはゆっくりお風呂に入って、
疲れを癒し…大好きな本を見てくつろぎながら休む…” 
ことが理想なのに、自分の過ごし方を客観的にみてみると、
*私が日々無意識に何を優先してるか?
*大事だと思いながらできていないことは何か?なぜできていないのか?
*この時間はとても無駄なのでなんとか減らそう
…等、色々と気づくことが満載でした…
ーーーーーー


みんなそれぞれ自分の人生を「見える化」することに取り組んでいます。

目をそらさない。しっかり見つめる。

だからこそ、変えるところはどこなのかを知ることができる。

そしてこの小さな学校のユニークなところは、
昔話のファンタジー世界のような「魔法を使う」ところ。

たとえば魔法学校のメンバーは、
ファンタジー作品の中に隠されている「真実の鍵」を見つけ出すことが
だんだん得意になってきています。

その見つけ出した鍵を、日常生活の中で実際に使ってみることも!

そう、ここに魔法が働く場所があるのです。

心の問題を扱うにしても、自己啓発とは違うし。

魔法という言葉を使ってもカルト集団とも違う。

魔法学校p.s.gの「p.s.g」は何の略かというと、

personal secret gardenの略です。(私が作った造語)

ひとりひとりが、自分のペースで変化する場所。

ちっちゃいけど、面白い学校を創っちゃったなーと思います★



〜お知らせ〜
明日、9/29(新月)
「魔法使いの弟子」vol.19 & vl.20 の先行予約がスタートします!よろしくお願いいたします★