写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

坦々麺を食べに行く

から~いもの一発食べたくなり、
しかも知らない初めての所へ行きたくなって、
知り合いのライターさんに教わって、
赤坂にある北京飯店へ。
ここは完全予約制。
でも普通のビルで、場所も地味なところにあって、
「え~こんなとこにレストランなんてあるのぉ?」
って感じなんだけど、
エレベーターのドアが開くと...
ぅわ~お☆
いきなり華やかな空間が。
ぺきんはんてん~ てな感じだ。

ちょっと...「秘密倶楽部」な感じが味わえるよ。

結局、いろいろ注文してしまった。
デザートに、マンゴープリンまで。




おいしいおいしいおいしいお~いしかった。

また行こう。

今日は、人形が一緒。 石も。
テーブルの上に飾って食べた。 ずっと。