写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「2021.10.6 新月〜ココロとカラダ」



私はもう、

心を痛めることはすっかりなくなりました。



それは、

心が痛むような出来事に遭遇しなくなった、

という意味ではなく。



まあ、確かにあまり出会わなくはなったけど、

それでも、日々いろんなことがあって、

その中にはムッとすることや、

しょんぼりすることだってあるのです。

生きていれば当たり前ですne☆^^




ただ、

そういう外側からのマイナス影響をあまり受けなくなりました。

きっと心の研究や訓練を(独学ですが!)重ねてきたからだと思います。




もう心は痛まなくなった。




でも、




體は痛むのです。

時々痛むのです。




心ばかりに気を取られ、

ずっと疎かにしてしまったから。




體だけ置いてけぼりにしてしまったから。




動かすたび、

どこかが「痛い」と言ってくるのです。




ひとつ良くなると、

別のひとつが何かを訴えてきます。




今は體の言葉に耳を傾ける時間を

大切にしているところ。







昨夜、長い時間をかけて、

體にゆっくり話しかけました。



これまでのことを謝って、

ひとつずつのパーツに「ありがとう」と伝えて、

これからも一緒に頑張ってほしいとお願いしました。



そうしたら、

急にたくさんの涙がこぼれたのですが、

あれもまた、體の声ですne♪







いま、ふと思ったのですが、

ずいぶん若い時から心の勉強をしてきてよかったなと。



そうでなければ、

私の心はとっくに折れて、

體を使って舞おうなんて

さっさと諦めていたんじゃないかな。



だから私の人生はやっぱりこれでいい。




先に心。

後から體。




この順番で良かったと思おう。




ずっと鍛え続けてきた心は、

けして挫けずに、

いつも私を励ましてくれる。




思うように體が動かなくて悲しい時も、

希望の光を見つけてくれる。




心が強かったら、

なんでもできる。




そう信じています。








もうすぐ淡路島で今年最後の舞の合宿があります。


しっかり心を込めてがんばろう。^^


體を励ましながら。

舞

いつか體が心に追いつく

その日まで。


がんばろう。






★と、こんなタイミングで、
こんな記事をネットで見つけました。
いやはや、すごいです。すごすぎ。
これは若い時から體としっかり向き合ってきたから
できることよne?きっと。^^
私に当てはまるかどうかわからないけど、
少なくとも読んでさらにヤル気になったことは確かです。
↓ ↓ ↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/612743b5b69ae4f41b9658a5cc9766c394076050




ーーーーーーーー