写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「沈黙」


家族が入院して手術したので、
医療器具

しばらく心が沈黙していました。

心が黙ると、
私は書けないし喋れなくなるので、
エッセイも更新できなかったのです。

手術は難しいものではなかったのですが、
出血の量が多くて、輸血が必要になりました。
輸血

病室が、
最初のお部屋から、
新しいお部屋に変わって、
教会
窓の外を見たら、

あらっ! あれは?
教会
教会?
月

頭上には、
満月に向かってるパワフルなハーフムーン。
不思議な雲の空

容態が落ち着いたのを見届けて、
「じゃあ、また明日来るね」と言いながら、
もう一度病室の窓から見上げた空には、
いつのまにか雲が広がっていて、
まるで大きな天使の羽のように見えたから。
(十字架の上で大天使がダンスしてるみたい!)

ああ、これはもう大丈夫だな、
私たちは一番難しい道を、
いま超えたんだ、と思いました。


またこのエッセイに戻ってこれて嬉しいです。