写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「人生を変えるチカラ」



魔法学校に入ってから、頑張ったり休憩したり、
その時々の自分を見つめて向き合ってきましたが、
第7期で行動することの大事さを強く実感しました♪
苺さんのメッセージを読んで、とても励まされて、
これからも未知の世界に飛び込んでいきたい!と新たに決意しました。
小さなことから大きなことまで「自分の人生を創る喜び」やってみたいです。
オリジナルの人生を楽しみたいです。
苺さん、天使さん、いつもたくさんの愛とお導きをありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。
ーーーーー


もう8期なんですね^ ^
1期を申し込んでから、
長いような短いような不思議な時間を過ごしてきたなと思っています。
8は私のラッキーナンバーなんです♪
何時もにも増して楽しく学んでいきたいです。
「魔法使いの弟子」に出てきた羽のお話し、
あのVol.2の本で読んだ時は、ピンとこなくて、
羽がないまま(つまりは大丈夫という確証がないまま)飛び出すのは怖いな、
と思っていましたが今なら、その時は躊躇なく飛び出せるんじゃないかと思います。
そして、こんな風に思えるという事は
ゆっくりなペースでも魔法学校で学んできた成果なのだろうと思えて、
誇らしい気持ちです。
物理的な距離を縮めることが難しいと感じることも多いですが、
誰を羨むでもなく淡々と私のペースで進んでいきたいと思います。
どうかよろしくお願いします。
ーーーーー


いま魔法学校の新しい期がスタートするタイミングなので、

連日嬉しいメールが届いています。



大人になってから何かを学ぶこと。

学んだことを実際の生活に活かすこと。

活かすことにより生じる変化を恐れず、

むしろ喜びとすること。



もし自分の人生が、

暗闇に包まれることがあったとしても、

心の中に一箇所、

明るく照らされている場所があれば、

そこを拠り所として進んでいけるはず。

たとえそれが、

ごく小さな世界だとしても。



どんなことでも、そこに身を置いてみなければ、

わからないことはたくさんあるだろうと思います。



だからこそやってみることが大事なのです。

可能性を感じるものには、触れてみること。



「行動することの大事さを強く実感しました」

「羽がないまま(つまりは大丈夫という確証がないまま)飛び出すのは怖いな、
と思っていましたが今なら、その時は躊躇なく飛び出せるんじゃないかと思います」



こういう言葉が自分の中から生まれるということは

本当に尊く素晴らしいことだと思います。



みんな、強くなってきたね。



ちいさな、

とっても、とっても、小さな学校だけど、

創ってよかったなと心から思っています。


~おまけ写真~
冨樫結菜
アウトテイクカット。おもしろ顔のお茶目な結菜さん★
ラダくんとツーショット写真。ぷふふ♪
ラダくんも笑ってる!やっぱりこのぬいぐるみ、すごすぎる!