写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

ギャラリ- トラックス


去年の4月、初めて行った。
八ヶ岳にあるギャラリー。
音楽家の長屋和哉に連れていってもらった。
そこで私は悦子さんに初めてお会いした。
御主人の木村二郎さんが亡くなられたあと
ギャラリーをおひとりで守ってらっしゃる。
二郎さんがデザインした家具の展示販売を
今月末まで渋谷でやっているという
お知らせをいただいて、行ってきた。
久しぶりにお会いした悦子さんは
元気そうだったけど、きっと元気じゃない、
心の一番深い場所は...
だけどがんばらなくっちゃ、って思ってる
そんな感じがした。
「オレは作った。売るのはオマエの仕事」
二郎さんはそう言い残して亡くなったそうだ。

そう、去年、トラックスで。
悦子さんが、亡くなるまでの二郎さんを
撮り続けた写真を見せていただいて
私は激しいショックを受けた。
写真はこうでなければならない、と
あの時心を射抜かれた。
涙があふれてあふれて止まらなかった。
素晴らしいものがたくさん写っていた。
(エッセイバックナンバー 2004. 6
 タイトル「八ヶ岳でみつけた出逢い」参照)


お時間ある方は、ぜひおでかけください。
いろんな椅子やテーブルがあります。
実際に座ったり触ったりしてみてね。

up surge trax exhibition
渋谷 ミッドウェスト3F
東京都渋谷区神南1-6-1

問い合わせ ギャラリートラックス
      0551-47-4915

1/30まで開催中