写真家 夏野苺のブログ&エッセイ

写真は魔法の道具

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

打ち合わせ
おのせちゃんと、
「魔法使いの弟子」の打ち合わせでした。

前回vol.18を発売したのはいつだったか。。。。
忘れてしまいました。

「もう作らないのですか?」
という問い合わせを時々頂くたびに、
ああ楽しみにしてくれている人もいるんだなあと
嬉しく思ってましたが、
作ろうと思って作れるものでもなく、、、、

なんとなく「あ!これ作りたい」と直感した時に、
ばーんと降りてくる感じなので。

続けてイメージが降りてきて、
コンスタントに作り続けていた時期もありますが、
ちょっと間が空いてしまいました。
打ち合わせ
昨日はおのせちゃんと、
久しぶりの「魔法使いの弟子」の打ち合わせでしたが、
最初インドの話ばかりマシンガンのようにしていた私。。。。。

ぷぷぷぅーっ。(笑)

すみません〜、つい。。。。

ずーっと大昔にインドへ行ったことある、おのせちゃん。
もう行きたくないらしい。
お腹壊したり、
牛の死体がガンジス川を流れてくるのを見たり、
散々な思い出しかないそう。

うーむ、私のインド体験と違う。

聞くところによると、
おのせちゃんのインド旅は、どっちかというと、
ブログなどで見た悲惨インド旅体験者寄りだな。

まあ、私なんてインド旅というより、、、
『インド見学』みたいなものだからな〜。
ガイドさんやドライバーさんに守られながら、
ガラス越しにインド見てきました、みたいな旅だから。

経験の違いは仕方ないと思いつつ、
インド嫌いのおのせちゃんに
少しでも思い直してほしくて、
KAMAの石鹸をお土産に渡しました。
夢のような使い心地をぜひ体験してください。^^
インドの宝ですzoー。


そんな、おのせちゃんからは
お誕生日のプレゼントをいただいちゃいました!
いつもセンス良い贈り物をくれるのですが、
今回も私が「きゃー」と喜ぶものを。。。。♪

ジャジャーン。
マヌカハニーだそうです。
これはお薬よne!
マヌカハニー

風邪気味とか、
疲れが溜まってきた時とか、
私にはベストなお薬☆

嬉しい。嬉しい!ありがとうございます!

大切に使います。


★なつのいちごの小さな本★
「魔法使いの弟子」VOL.19 & vol.20
10月リリース予定。
夏野苺オフィシャルサイト限定発売です。
お楽しみに!

インド話、あと一回だけお付き合いを。。。。
とお願いしておきながら、一週間も経ってしまいました。
びっくり。
ごめんなさい。

さて、最後は、インドで買ってきたもののお話を。

実は今回の旅で、
インド綿の素晴らしさに大感激してしまいました。

洋服を数点買ってきたのですが、

安い!
軽い!
柔らかい!
涼しいっっっ!!!

ほっんとに着心地が良いのです〜!

たとえば、
ベンガル織り、カディ、キャリコなど。。。。

職人さんが機織り機で、
細〜い糸を薄〜く織るんですが、
これらインドの手仕事が素晴らしいのでした!

暑い場所で暮らす人たちが、
いかに涼しく衣服を纏えるか。

どうやらここに織りの秘密があるらしい。

昔から試行錯誤してきた努力の賜物でしょうか。

インドの手織りは、宇宙の宝だと思います!!!
インド綿
私が買ったのは、着物みたいに胸元でV字に合わせて着る、
ワンピースにも羽織にもなる優れもの!
と、
その下に合わせるキュロットスカート。
と、
天女の羽衣のような!うす〜い限りなく薄〜い織りのストール。
と、
花模様の刺繍が施されているストール。
インド綿
パンジャビドレスも買いました!
普通、パンツを合わせるのですが、
私はスカートも買いました。
インド綿

もう脱げません。
あまりの心地よさに、
他の衣服を身につけることが不可能になってしまいました。

なんということでしょう!!!

インド綿!天才です!!!!!

暑い国なのに、長袖、、、
暑すぎて、肌を出したら焼けすぎるから?かな。
しかし!涼しい着心地!ということにも感動。

とにかく何も着ていないかのような軽さなんです。

この織りの技術はすごいなあ。。。。。。



それと!

インドにはもうひとつ天才アイテムが。

それは、スキンケアコスメ。
インドコスメ

アーユルヴェーダサロンの施術アイテムや、
高級ホテルのアメニティとして使用されている
『KAMA』『forestessentials』が大のお気に入りです。

去年ひとめぼれして、今年もいろいろ買ってきました。

石鹸、リップバーム、ヘアケア製品、
バスグッズ、フェイシャルトリートメント関連。。。。

もう他のブランドは使えません。

日本未上陸ですが、なんでかな?

こんなに素晴らしいのに!



インドは宝の宝庫☆

そう思えるところも、
インドに恋してしまった理由かもしれない。

はー。

インド好きすぎる。

インド綿、スキンケアブランド、カレー。

そういえば、
インド映画も好きだwa〜♪

台湾の服
ま、やっぱりこれも大好きだけど!台湾の服♪

なかなか終わらないインド旅の話。

インドに興味のない方すみません。

私は今、
インド病という重い病にかかっているので、
どうぞお許しください。^^

インドのことを考えたり、話したりしてる時間が、
いちばん楽しい!



ラダックから平地に降りて来た翌日から、
帰国する前日までは、
ノブさんのファームに滞在しました。

デリーから車で6〜7時間離れたところなので、
ノブさんひとりの運転では大変だろうと思って、
国際運転免許を持ってる私は、
「途中で運転変わるね〜」なんて言ってたのに、
結局、一度も運転することはありませんでした。

なぜかというと、、、、

たとえば、
高速道路なのに、
ノシノシと牛は歩いてるし、
車は反対車線を堂々と逆走してくるし、
なぜか散歩してる人までいるっ!!!!

そんな中を運転する勇気は出ませんでした。。。。

でも!
びっくりドライブの末に到着したファームは、
これがまた素敵なところで〜!!
インド旅
ラダくんもご機嫌。
私もご機嫌。
インド旅
こんな素敵なお部屋に泊まらせていただき
ありがとうございます!
インド旅
農場だというのに。なんだこれは?ホテルかと思いました!
(行く前までは失礼ながら勝手に掘っ立て小屋みたいなの想像してた。笑)
インド旅
森の中の道端で売ってるとうもろこしが美味しすぎて!
三回も食べた!
塩とレモンで食べるんだけど、
とうもろこし自体も日本で食べる甘〜いのとは全然違う味。
品種が違うのかな?

帰国してからも、
とうもろこしを食べたけど、
もう美味しく感じられなくて困っています。
インドの森の中で食べた、あの味が忘れられなくて。


私は、去年も今年も北インドへ行ったけど、
地図を見るとインドってものすご〜く大きい国。
今後、土地の神様が呼んでくれるとしたら、
南へも、東西へも行ってみたい。
インド旅
この写真は、二枚の写真を合成したものですが、
上半分がデリーの朝日。
下半分がラダックの朝日。
場所が変わると、朝日がこんなにも違って見えるインド。

広いな〜、インド。

きっと、もっともっといろんな顔がある、インド。

私はどこまで見ることができるだろう。

今とっても興味があるのは霧のインド。
冬は、よく霧が出るらしい。 
霧深い時期のインドへ行ってみたい!
この人生で霧を見たのは、ほんの数回だけなので。

珍しい気象状況も見たいけど、
観光にはほとんど興味ない私だから、
もっと日常のインドも見たい。


そうだ!日常といえば、、、
見学できて楽しかったこと!

ちょっと車のトラブルがあって、
修理工場へ行きました。
インド旅
働いている人たちが、なんか、かっこよかった!
インド旅
車の下に潜って作業とか、、、、萌える!(笑)
なぜか私の目にはかっこよく映るのでした。

そして、
いよいよサリーにも興味がある私。
インド旅
すてき〜。着てみたい〜。
今回はパンジャビドレスを買ってきたのですが、
サリーも欲しくなった。。。。
だけど、あれって自分で着れるのかな?
難しいのかな?
インド旅
forest essentialsの店員さんのサリー姿が美しかったです。

さて。
次回のエッセイで、
インドのスキンケアコスメの代表、
『KAMA』と『forest essentials』、
それから、
今回の旅で出会った素晴らしいインド綿をご紹介して、
私のインド話を終わろうと思います。
なので、後もう一回だけ、インドにお付き合いください☆

インド旅
★おまけ写真★
近代的なデリーのショッピングモール。
1日中遊べる! 本当にインドはたくさんの顔を持つ。

ストック村を出て、レーに戻る途中に、
チリン村というち〜〜さな村へ寄りました。

ここ、何人くらい住んでるの?
簡単に数えられるくらいしか住んでないんじゃないの?

私はすご〜く気に入って、できれば自分も住みたいと思ったほど!

ちょっとこの世じゃないみたいだった。

すてきぃぃぃ〜 インドっ!

こんな場所があるなんて!?
インド旅
(雄大な景色のなか。写真中央にみんなが写ってる)
インド旅
向こうからこんなおばあさんがっ!!?
なにこの可愛らしい格好?おとぎの国のよう!きゃー♪
インド旅
言葉は全く通じませんケド。
インド旅
見てよ!柱におまじない!
動物の骨とか、門に飾ってあるし。
いや〜、魔法の国だne☆
インド旅
お家の中までお邪魔してキッチンを見せてもらい、
お茶とお菓子をご馳走になりました。
インド旅
私はここが好きでした。
この場所が記憶してる何かが、とても。
特にこの樹。
宿る妖精の声が聴こえてくるようだった。
(ひとりだったら聴こえてたかも)
インド旅
好きといえば、この川も好きすぎました。
ザンスカール川。
泥色の濁流。今まで見た川のなかで一番好きかも。
ゴオゴオとすごい勢いで流れていて、
その流れが一定方向じゃないのです。
ところどころ渦を巻くように流れてるのが不思議で!
(たぶん川底に大きな石がたくさんあるからだと思う)
インド旅
そして!
川の向こう岸に見えたあの緑のところ。
数件家があって。。。。。

あ〜〜〜!住みたいっ 
あそこで暮らしたいっ


なんなら数週間ホームステイでもいい。
なんとか叶わないものか。
と、強烈に本気で思った私なのでした。

しかし、ここは秘境。 秘境中の秘境。
どんな暮らしになるのか想像つかない。

それでも住んでみたいと思うのはなぜだろう?

こんな何もない、川沿いをぐんぐん進んで、
一体どこへ行ったかといえば、ここ。

インド旅
出ました、またしてもゴンパ。

もうこんなところ誰も来ないよというくらい、
ますます人なんていない場所。

しびれる。何も無さすぎて、これまた好きすぎる。

そんなところへわざわざ何にしに行ったかといえば、
たまちゃんが「曼荼羅の壁画を見たい」と希望したから。

正直、私は壁画はどうでもよかったけど(笑)
たまちゃんがえらく感激してる姿を見て、
あ〜、来れてよかったねえ!と嬉しくなりました☆
インド旅
(壁画の良さも、尊さも、有り難みもわからない私ですが)
インド旅
(一応、壁画の前で記念撮影。たまちゃんの顔が幸せそうすぎる)
インド旅
(こんな仏像もありました。どちらかというと私は仏像の方が好き)


ここまで快適な旅でしたが、

このあとラダックに戻って、、、、、

そう、あの薬事件が。(笑)
インド旅
ランチの最後に撮った記念写真。
皆と一緒に楽しそうに笑ってるように見えるけど。
あの時、薬のせいで、ひとりだけ別世界にいた私。
寝てるような、、、起きてるような、、、、(笑)


そういえば、ランチ前、
ふらふらよろよろ私が一番苦しい時に、
こんなことしてる人がいました。
  ↓
インド旅
道端の野菜売りから人参を買って大喜びなノブさん。
インド旅
大好きすぎる。(笑)

旅の中盤は、
レーの街からストック村へ移動して、
ぜひ泊まりたいというノブさんの希望に私たちも便乗する形で、
古民家を改装した「にゃむしゃんハウス」に皆で滞在しました。
インド旅
先に到着してたノブさんと、
オーナーのえつこさんが窓から顔を出してお出迎え。
インド旅
共有部分&オーナー家族のリビング。
宿泊システムとしては、日本のペンションみたいな感じ。
ここでみんなでご飯食べたり、まったりしたり。
インド旅
可愛い猫ちゃんもいました!
インド旅
あっ! あぶな〜いっ(汗)
ラダくんが!!!!!
ガシガシ噛まれたらラダくんの顔が変わっちゃう。
インド旅
仲良くしてください〜
とお願いしたら、
いつの間にか私の膝でスヤスヤお昼寝タイム。
インド旅
あ〜、かわいすぎる♪
インド旅
ラダくんもホッと一安心。
インド旅
お部屋はたくさんあったけど、
四人一緒に同じ部屋に泊まろう!ということになり、
気分は夏合宿☆
インド旅
ヤッホー!とご機嫌な、たまちゃん。
インド旅
寝転んで見上げた窓から見える景色は、
一枚の絵画のよう。
インド旅
周りはヒマラヤ山脈に囲まれ、大自然のなか。
歩いてる人もいないし(住んでるが人少ない)
お店もなく(川の近くに掘建小屋みたいなカフェが一軒)
散歩していて会うのは、野良犬か、牛だけ。
インド旅
手作りご飯を食べて、ゆったり過ごして、
ここでは高山病の症状は出ませんでした。
(相変わらず量はちょっとしか食べれなかったけど)
インド旅
にゃむしゃんハウスのオーナーご家族。
えつこさんのご主人はインド人。
インド旅
あ〜、太陽の光に照らされて木々が光っていました!
この世の天国〜。なんと美しい世界。

インドって、広いなあ。

あの燃えたようにしか見えないバスが走っていて、
人もたくさん溢れてるデリーとは、全く違う!

インドは、
「二度と行きたくない」という人と、
めちゃくちゃハマる人と、
ふた通りに分かれるとよく聞いていたけど。

それは、
インドという国があまりにも巨大だから、
場所によって様々な表情があって、
そのうちのどんな顔と一番最初に出会うか?
ということに尽きると思う。
そして勿論、初めに見たものや体験したことが、
その時の自分と合うか合わないかということも
深く関係するだろう。

私は断然インド★ハマり派!

きっと最初のインド体験が、
ラダックだったのが良かったんだろう。
ヒマラヤ山脈に囲まれた、
朗らかで清らかなムード漂う世界に魅了されてしまった。

もし去年、
タージマハル(めちゃ激混み&入場料高い)とか、
バラナシ(ガンジス川で牛の死体が流れてきたり遺体を火葬してたり)とか、
そういう場所しか行かないで、これがインドだ!なんて思ったら、
この国はもう、この一回だけでいいか、ってなっていたかも。

でも、たとえ今から、
タージマハルやバラナシに行ったしても、
私のインド好きはもう変わらないと思う。
最初の印象が良いのでちょっとやそっとでは変わらないはず。

思えば、私はどの国へ行っても(日本国内でも!)
観光スポットって、あまり興味がない。

パリなんて、6回行っても(しかもいつも長期滞在)
未だにエッフェル塔にも凱旋門にも上ってないし、
セーヌ川クルーズにも行ってない。

モンサンミッシェルは、島に一泊したので、
まだ一人も歩いてない夜明けの時間帯の散歩が一番楽しかった。
昼間は混みすぎてて話にならない。

そういえば去年のインド旅では、
デリーからわざわざジャイプールまで足をのばしたのに、
「え?ここまで来てアゴラ(タージマハルのある場所)へ行かないの?」
と、ドライバーさんにすごく驚かれたっけ。

世の中には、
旅というと「観光名所巡り!」と、
そういうスタイルを楽しんでる人もたくさんいると思うけど、
(名所は名所なりの理由があってどこも見る価値はあるはず)
私は、なるべく人が少ない場所が好きなのです。

今後の旅は、、、、秘境をテーマに。。。いいかも!

しかも、名所でもなんでもない、ただの秘境。辺鄙なとこ。

ふふふ♪
インド旅
ストック村は、wifiも繋がらず。
とうとう下界との通信は絶たれた。。。。。(笑)
それはそれですっきり快適な毎日でした。
(でもなぜか魔法学校には数回アクセス成功したのです)
インド旅
お〜きな黄金色の仏像。
にゃむしゃんチルドレンたちと一緒に記念撮影★
インド旅
こちらはノブさんが撮ってくれた!ありがとう!


★おまけ写真★
でも私ね、デリーも嫌いではないのです。
なので、本当にすっかりインドにハマったと思います。
インド旅
↑ここはデリーのパワーストーンショップ↑
ピンクのシャツが素敵なおじさまオーナーのお店で
「おぉぉぉっ!!!?」と思うものを発見したので、
幾つか買って来てアミュレットを創りました。
というわけで、
今日は満月ですが、まほうshopをオープンします!
(8月15日 22時より)
みなさんどうぞ遊びに来てください★
数は少ないですがアミュレットを数点販売いたします。^^