写真家 夏野苺のブログ&エッセイ

写真は魔法の道具

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆
夏野苺のツイッターはこちら
夏野苺のフェイスブックページはこちら

2018おしまいの日がきました☆

けっこう私の周りはみんなドラマチックな人が多い。。。気がする。

見渡す限りみんなシリアスムード満載。

わたし、そういう時、なんでだかふざけたくなっちゃうんだよねー。

(ひどい性格だわ)

今はいろいろ「やめる」選択する人がすごく多い。

そんな中で、いろいろこのまま続けることにしてる私は大丈夫でしょうか。




だいじょうぶです。(´∀`)




だって、

別にやめなきゃいけない理由も思い浮かばないので、

このままいきます!




私は「お気楽」がいちばん!

いちばん好き。

シリアスより大爆笑が好き。

もちろんグッと引き締める時もあるけれど。

まあ、だいたいは、ずーっと笑ってる。



2018から2019への流れの中、

私は皆とちょっと違ってるかもしれないけど、まあ、良しとしよう!

これも個性ということで。




昨日は(今年発覚した)私の一生と深いご縁で結ばれている、

小さな山のてっぺんの森の中にある神社さんへお掃除に行って参りました☆


(この道を登りきったところに小さな神社がある。誰も来ないようなところに。
 たぶん、私しか参拝しないと思う。笑)


そのあと、お墓まいりにも行って、気分すっきり。^^


そして今日は、

近所の氏神様の大祓の儀にも参加してきました。

(大祓は、毎年その時の気分で行きたい神社に行く)


神社好きだけど、

空に天使の羽のような雲を見つけて心の中で大はしゃぎ。


神社もお寺も教会もみんな好き。

なんだっていいんだ、わたし。

いつも「真ん中」が見えるから。

自分も、周りも、

どんなことの中にも、

「真ん中」にあるものが見えるから。

いろいろ見てるようで、いつもひとつしか見てない。

私が興味あるのは、あの一点だけ。


これまでも。

これからも。


そこを極める。

気がすむまで極める。

この世における私の目標はそれだけ。

とにかく行けるところまで行こう!



というわけで、

今年もありがとう、みなさん。


明日から「魔法学校p.s.g」の第5期がスタート!

参加メンバーもいい感じでスタンバイちゅう。


私のハートもスタンバイちゅう!

2019年に向けて!

Go!Go!


2018.12.31 夏野苺

着々と準備ちゅう。


 魔法学校、第5期生。
メンバー増えて新年からスタート。


HP、小野瀬ちゃんが
リニューアルに向けてラストスパート。

★Tokyo演Joy倶楽部、
来春公演に向けての台本待ち。

昨夜はメンバーとの忘年会でした。

(神田の自然薯村。お野菜たっぷり名物自然薯鍋が最高!)


一緒に居る時間がめちゃ楽しすぎて、なんというか、
メンバーとは家族のような感覚になってきました、ますます。

このチームワークが、
次のお芝居にどう反映されるのか。
楽しみすぎる。

ワクワクが止まらない、この年末の時間。


それにしても、
最近一番嬉しかったことは、
ずーっと待ち望んでいたところからの連絡があったこと。
私は、あまりにも情熱的すぎて、
きっと相手に引かれてしまったに違いないと後悔しつつ、
もう返事なんて来ないだろうと諦めかけていたところに、
素晴らしい愛あるメールが届いたので、
真夜中にびっくり飛び上がり小躍りしてしまいました。

おそらく、
この夢が叶うまでにあと幾つもの扉を開け、
難関を突破しなければならないだろうけど、
まずは、一歩だ。
たとえ小さくとも、ここは、
間違いなく!確実に!一歩進んだ!

あー、あとはー、

なんとか行きたい、あの場所まで!

なんとか。

なんとか。

かみさまーーーー☆



1、本当に望むことができるのは、出来ると思うことだけ。

2、できると思うことは、自分のお話にあうことだけ。
3、自分のお話にあっているのは、本当に望んでいることだけ。
(夢を叶える魔法の法則)

お買い求めくださった皆さん!

ありがとうございます!!!

まほうカレンダーが、
クリスマスまでにお手元に
無事到着したようでホッとしております。

今年も創って本当に本当に良かった!

カレンダー発送作業が終わると年末、、、、なんだよねえ。^^
もう今年もおしまい。

2018年も、多くの方々に助けていただきながら、
よくがんばれました、わたし。えへへ。^^

カレンダーの感想たくさんいただいてます!

一部をご紹介させて下さい〜。
(全部載せられなくてごめんなさい。でもみんなみーんな嬉しく読んでいます!)
ーーーーー



夏野苺様
怒涛の?!スケジュールの中、いつもたくさんの魔法を見せてくださり、
導いてくださってありがとうございます。
カレンダーのプレゼントの金の豚さんも、
苺さんから直接受け取らせていただくことができたし、
もうもうこれは、運気アップするしかないなー!と思っております。
そして本日!
魔法のカレンダーを手にしました。
なんて素敵な魔法がたくさん詰まったボックスなのだろう、と。
苺さんが手掛けるもの一つ一つ、たくさんの"愛"が込められていて、
もうひとつコインの裏側の"信頼"も、
まさに今わたしに必要なメッセージで自然と涙が溢れました。
香りの魔法にも魅せられて。。。
これはわたしもぜひ使いこなしたい!と強く感じているところです。
この勢いで年末まで楽しく走り抜けられて、
気がついたら2019年という感じかもしれませんが!
わたしも今年から来年も、苺さんの背中を見ながら楽しく進みます!


苺さん、おはようございます。
カレンダー受け取りました。ありがとうございます。
でも、まだ開けてませんよ(^ ^)  お楽しみは年明けとともに。
ステキな香り付きのお守りは、どんな風に持って歩こうか思案中です。
また新しい一年の楽しみをありがとうございます。


苺様
カレンダー届きました
ありがとうございます
12/25の誕生日までリボンをほどくのをとっておきます(^v^)
今年も1年ありがとうございました
苺さんのFacebookのガイダンスやメルマガで進む方向が決まる気がしています
来年はどこかでお会いできるといいなぁ
ご活躍を楽しみにしています


苺さんへ
カレンダー届きました!
封を開けたら、フワッといい匂いがして、魔法にかかったような気分。
アミュレットからの香りと、写真からのパワー、
そしてカレンダーからの苺さんのエネルギーを感じて、
身が引き締まる思いです。
新しいカレンダーが届くと、今年のカレンダー、
1年間ありがとう!という気持ちがジワジワとわいてきました。
来年もいいことありそうだなぁと前向きな気持ちになりました。
ありがとうございます。


いちごさーーーーーーーぁん♪
ありがとうございます(o^^o)
2019まほうカレンダー、届きましたぁ。
スマートレターを開けた瞬間!懐かしい香りがしました。
「あぁ。いちごさんの香りだ」
そして、目に飛び込んできたのが、彩雲の写真!
うわぁー凄い!!!!!  思わず声を出してしまいました。
ほんと、なんというパワー!
そして、裏の右下には、天使と©Ichigo Natsunoの印。
きゃーーー(。>ω<。) 素敵すぎるポストカード。
そして、アミュレットコイン。
封筒からも香るいちごさん。
May all your
Dreams Come True!
開けたら更に香りがこぼれて…。
thankyouの中にcuteなコインがいました。
ハートの裏の文字に、ドキンd(ŐдŐ๑)
「信じなさい」と声が聴こえました。
久しぶりに
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
な感じです(笑)
そうして、やっといちごさんのお手紙を読み、
なるほど!と思いました。ありがとうございます♡
まほうカレンダーはいつものように大晦日を越えたらスイッチです。
それまでは、リボンをしたままで、枕元に置いておきます。
今宵はとてもよく深く眠れそうです。
いちごさんの香りに包まれながら…。
2018年もありがとうございました。
2019年もいろんないちごさんに会えますように。
そして、2020まほうカレンダーも楽しみにしています。
↑気が早い。鬼も笑いすぎる(笑)
寒さも本格的になって来ました。
お体ご自愛くださいね。


こんばんは。
まほうカレンダーが届きました。
アミュレットコインも、とても嬉しいです。
書かれたメッセージは、心に響き、私の胸に深く刻まれました。
来年も、ますます楽しい日々を過ごして行くことが出来ると思います。
ありがとうございます。
私は苺さんの写真が好きです。
まほうカレンダーは、一冊の写真集のようだと感じます。
来年のカレンダーも作ってくださったことに感謝します。
カレンダーの最後の苺さんのお姿は、無邪気な子どものように見えました。
とても軽やかで自由な感じ。
素敵な写真です。

ーーーーーーー

わあ。
本当に嬉しい!
皆さん、ありがとう。
デザインしてくれた小野瀬ちゃんも喜ぶ〜★

2019年も一年間、
毎月一緒に写真をスイッチしながら進みましょう!

あの日、私は、
魔法について「本当のことが書かれている」お話を読みました。
この忙しい師走の時期に、自分のお金と時間を使って、
わざわざ観に来てくれた人たちへ、
どうしても「秘密の宝もの」をプレゼントしたかったからです。




イベント開催が決まった時、

自分の出し物を何にするか迷いながら、

アトリエの本棚を覗いていたら、

ある古い一冊の本の背表紙が光っているのが見えました。

手にとって、パラパラめくってみると、

「ここからここまで」と、天使の声が聴こえてきたので、

私は、

わずか10ページほどのその部分を朗読することに決めました。




どんな内容だったのかはそれぞれの想像にお任せするとして、

あの日、会場にお越しいただけなかった皆さんに、

私が読み上げた朗読の、

冒頭部分のみ、

ほんの少しだけ、

ここにシェアしますね。


ーーーーー

ところで、魔法の学校には、誰でも入れるわけではありません。
行けるのは特別な才能がある子供たち、
つまり、非常に強い『望む力』を持っている子供たちだけなのです。
皆さんも知っているように、
子供は誰でも何かを、とても真剣に望むことができます。
ただ大抵の子供にとっては、
それは短い間だけで、すぐにそんな事は忘れてしまいます。
けれど、『魔法の学校』に入るためには、
長い間辛抱強く、しかも激しく、
何かを望むことができなくてはなりません。
それができるかどうか、入学前に試験があるのです。。。。。。。

ーーーーー


ここからどんどん魔法についてのお話が深まっていくのですが、

最初に「ところで」から読み始めるのは少し奇妙に感じたので、

稽古に入る前に、演出家の先生に相談してみました。

そうしたところ、

「むしろ面白いんじゃないか?」という感想をいただいたので、

そのまま天使が指定してきたページを読むことにしたのです。



光、音楽、効果音、、、イベント本番の演出は本当に素晴らしく、

あの演出があったからこそ、

私は自分の心を魔法世界に置きながら、

朗読に没頭できたのだと思っています。



様々なアイデアのもと、私の朗読に命を与えてくれた、

演出家の山下平祐さんと、

Tokyo演Joy倶楽部フェイスキーパーの右近良之さんに、

そして、

純粋に心の耳を傾けながら熱心に聴いてくれたお客様たちに、

心より感謝申し上げます。



いくつかイベントの感想が届いているので、

以下にご紹介いたします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ーーーーー


先日はありがとうございました。
皆さんのそれぞれの思いを聞いていて
子どもの頃の事をなぜか思い出してました。
(その後、苺さんが朗読した)
「子どもの頃の事を大人になったら忘れてしまう」
っていうのがいきなり飛び込んできてビックリでした。
魔法とは、
人の中にあるものを解いてくれることなのかな
と思いました。
素敵な時間をありがとうございました。
メリークリスマス!



いちごさん、
心に響く素晴らしい朗読でした。
いちごさんも皆さんも
自分で考えて表現されていたのが
本当に良かったと思います。
素敵なギフトを頂いたような、
とても素晴らしい時間をありがとうございます。



朗読会は素晴らしいものでした。
お一人お一人、世界観があって。
いちごさんの出番の時、
右近さんが、本をまず会場にそっとセッテングされて、、、
それだけで空気がさっと変わりました。
そして本のタイトルを見て、ゾクッと。
ここからいよいよ始まった!と思いました。
そしていちごさんが登場されたら、
もういよいよ異次元な感じです。
あの深い静けさ、
「本物の魔法使いがやって来た!」
と思いました。



今回のイベントは、
出演者の方それぞれの信じていること、
心の底からの叫びのように受け取りました。
心がいっぱいすぎてまだ言葉になりませんが、
苺さんは、
まさに魔法学校の授業をみせて下さいました。
ーーーーー



みなさん!ありがとうございます!!!

Tokyo演Joy倶楽部のメンバーにもシェアしますne!

こうして感想を伝えてくださること、とっても嬉しい。

一番の励みになります!!!


今回の演目は、

私のレパートリーとして、

また別の機会に別の場所でもご披露できたらいいなと思っています。

その時は、今回来れなかった皆さん!ぜひ聴きに来てください。

もちろん!今回お越しくださった方々もまたいらしてください。

魔法のお話のなかに、

「多くの人に渡したい宝もの」があるのです。。。。