写真家 夏野苺のブログ&エッセイ

写真は魔法の道具

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆
夏野苺のツイッターはこちら
夏野苺のフェイスブックページはこちら


たとえば、Aさんは、

その道を行こうとするBさんを心配する。



それを見て、人は、

 Aさんを優しい人だと思うだろう。



でもちょっと待って、と私は思う。



Bさんはその道を自分の意思で選んだのだから。

Aさんは心配せずに黙って見守ってあげたらいいかもしれない。

「だいじょうぶ」と、心の中でエールを送ってあげたらいいかもしれない。



その道を選んだということは、

Bさんにはそこで試したいこと、確かめたいことがあったのだと思うから。



それなのに、初めから心配のエネルギーを注いでしまうのは、

Bさんの選択が間違いだったと勝手にレッテルを貼ってしまうようなもの。



「やっぱりダメだ」というときは、Bさんは必ず打ち明けてくれるだろう。

それまで自分の場所で待っていたらいい。

ふたりの道は違っていても、

ハートは光で繋がっていると信じて。



そう、この「信じる」ということが、

どんなに相手のチカラになることか。



どんな道も尊重して信じてあげることが、

あらゆる人にとっていちばんのチカラになるということを、

私は天使に教わった。



だから、


大事な局面ではいつも、


私は沈黙するのです、


天使を見習って。



ほんとうのSOSが聞こえてきた時に逃さぬように。



そんな時こそ、すぐに飛んで行けるようにと。



自分を静かに鍛えているのです。



太陽の光


トゥモローさんが、ある本を「面白い」と言っていたので、

先日、本屋さんで偶然見つけ「おっ!」と思い、手に取り、

パラパラとページをめくってみましたが、、、、、

たった2行で挫折。

よくもあんな難しく分厚い本をっ!?


試し読みした、たったの2行分も、

結局何が書いてるのか理解できなかった。。。



ぶはははは(笑)



これは、読破した後のトゥモローさんに

「結局あれはどんな内容だったの?」と尋ねる方がいいな~と思いました。

だってご本人は「面白い」と読んでいるのですから!



私は、本が大好きですが、

その時々で興味あるものしか読めない。

活字なら何でもいいというわけではないんだなあ。

しかも、おそらく、

私の興味はかなり偏っているので、

読める本は少ないかも。

大好きな本をずっと持っていて、繰り返し読むというのが好きです。



この前も書いたけど、

私が今読んでいるのは「死」についての本。

(一応、哲学書)

これもかなり厚い本ですが、

興味が途切れないので、

最後まで読みきれそうです。

(しかしながらお正月休みの間にというのは無理。まだ当分かかりそう)



不思議なもので、

「死」についてしっかり意識しながら生活すると、

毎日の色彩がより鮮やかになってくるのを感じます。



すべての人、出来事、場所と、

「毎回出会って、毎回別れる」ということ。



舞のお稽古の時、いつもだいたい同じようなメンバーなのに、先生が、

「一期一会。今日のこの時間をこの人たちと過ごすのは今だけ」と、

自分の名前、どこから来たのか、今の気持ちは?、、、ということを

毎回全員シェアするよう言うのですが、その意味がますます理解できる。




私もずっとぼんやりと思い続けてきたこと。




今日は昨日の続きじゃないし。




明日は今日の続きじゃない。




毎晩終わって(死んで)、




毎朝始まる(生まれる)。




私たちは何度でも生まれ変わる。




生きながら、何度でも。




だから、




今ここから何かを変えることだって、できるはず。



何度だってやり直せる。



好きなように。



自由に。



それは、あたりまえの奇跡。


オラクルカード

こんな夜更けにバナナかよ

観てきました!

今年最初の一本目。

去年から映画をたくさん観ています。

基本的に映画は劇場で観る派ですが、

最新作を見逃した場合や過去の作品はDVDで。

演技について学びたいから、

今年は去年よりさらにたくさん観るつもり。

観るのが一番勉強になる。

写真もそうやって覚えていったから。

シャワーを浴びるように、

心に刻みつけるのがいちばん。


それにしても、大泉洋さん、天才です。

すごいなあ。

なんであんな演技が?

まったくわからない、今はまだ。

冬景色

新緑の季節、紅葉の季節、それぞれ素敵だけど、

冬の景色もいいものだなと思います。


今日は初詣に行きました。


半年に一度の大祓はたいてい氏神様で、
(たまに別のところで参加する場合もある)

ご祈願はその年のピンとくる神社で、と決めています。


ご縁のある神社は数年ごとに変化するように感じます。


私は去年あたりから、

急にまた参拝に行く神社が変わってきたのですが、

初詣は2年連続で同じ神社へ。

龍
入り口に妙な木彫りの像が。

龍
よく見たら、昇り竜でした。
去年は、たぶん、気づかず素通り。

金の鳥
本殿のてっぺんには黄金の鳥が!
これもまた去年は気づかなかったような。。。。

神社



気づくもの、好きなもの、大事なものって、

ちょっとずつ、変わっていくものですよね?


逆に、

あんなにこだわっていたものが、

ある時から、すーっと消えてなくなるとか。



そういえば年末に、

「やめたいものがなにもない」みたいなことを書いたけど、

よく思い返してみたら、

切ったり消したりやめたり離れたり、

私は、そんなことの連続でここまで来たのでした。

(意を決してというよりは、いつも自然に、いつのまにか、みたいな感じで)



ずっと何かにしがみついていたりしたら、

歩けなかった道、

出会えなかった人、

見ることのできなかった景色、

きっといっぱいあるはず。



けれど、

私は思うのです。



自分の中にある、

譲れない一点を貫き続ける人だけが、

本当の意味で変化し続けていけるのだと。



これだけはなにがあってもやめるわけにはいかない、

勇気を持ってそう言い切れる人。



やめるわけにはいかないものがあるとしたら、

それはたったひとつ。


「自分をやめるわけないはいかない」

ということしかないだろうと思うのですが。



こんなことをぼんやり思いながら過ごした

2019年、二日目でした☆


今朝ツイッターで目にした石井ゆかりさんの1月の星占いが、

魔法学校内のムードとよく似ていたので、

嬉しくなっちゃいました!

ちょっと長いですが(これでも途中を割愛しています)、

他にも何か思い当たる人がいるかもしれないと思ったので、

シェアさせていただきますne★

2019年の1月は、全体的にこんな感じのスタートだそうです!



ーーーーー

2019年の元日はとても勢いよく始まります。

スタートダッシュ!という雰囲気に満ちているのです。

人々の心に燃える生命力やエネルギー、意欲や野心、競争心などが、

年が改まると同時に、ごく純粋なかたちで燃え上がる

というようなイメージの動きです。

年始は多くの人が「1年の抱負」を考えるタイミングですが、

今回は特に「アツい」目標を掲げる人が多そうですし、

さらに、掲げるだけでなく

すぐに行動に移す!というスピード感があるはずです。


6日の新月は、

「スタートのタイミング」「到達のタイミング」となっています。

とても威厳があって、重みがあって、ハデです。

世の中的にも、なにかがガツンと動く感じがありますし

個人の生活のなかでも、決然として何か建設的なことに着手するような、

とてもリアルな節目感がひしひしと感じられます。

カレンダー的には、まだお休み中の方も多いわけですが、

今年は少しリードを取るような形で

自分自身の野心に向けた一歩を踏み出したくなるのかもしれません。


今年の年明けはとにかく

「アツいな!」「濃いな!」

という感じがあります。

会議室に「今日は絶対に一言言わせてもらうぞ」という覚悟を決めた人が

続々集まってきているような感じで、

更に言えば「結論を出さずにはおかないぞ」という気迫を出している議長がいる

みたいな感じもあります。

ただ喋ればいいというのではなく

はっきりした結論を出してすぐに動きだそう!

という、やる気満々な感じの時間帯なのです。


穏やかな年の瀬、静かな年明け、

みたいなものを望んでいる方には、

ちょっと敬遠したいような雰囲気の年末年始となりそうですが、

自分にやる気がなくとも、まわりがやる気に溢れていると

やる気が「感染」し、「燃え移って」きて、

いつのまにか自分もやる気満々になっている!

といった変化も起こるモノです。

ーーーーー



この「感染」する、「燃え移る」感じがとても大事。^^

魔法学校では、皆の今年の目標を

「考えずにパッと浮かんだことを書いて」とお願いしたのですが、

頭を通さず心だけで動くことを、

ここからたくさん実践してほしいなと思います。

オラクルカード

今年初めて引いたカードは「魂の家族と繋がる」でしたが、

このイラストが、魔法学校のメンバーに見えました!

私も、もっともっと学びながら皆と一緒にどんどん進もう。

とにかく、行けるところまで。




ところで。

私が今いちばん興味あることは「死」について。

知りたいのは、

臨死体験とか死ぬ時にどうなるかということではなく、

「死」そのものについて。


「死」って、なんだろう?と思うの。


「死」について、

きっぱり説明できる人は、まだいないみたい。

そのことを考えと限りなく不思議な気持ちになる。

絶対に誰もが最後に行き着く場所なのに、

まったく誰も知らないままだなんて。



死ぬって、つまり、どういうことなんでしょう?

私は「死」の本質について知りたい。

「死」についての哲学的な思想に触れたい。


「死」とは何か?という考えを自分なりに極めると、

結局「今日をどう生きるか」というところにいきつくと思う。

いつまでも永遠に生きるかのように過ごしていると、

日々繰り返されることの中にある、

とても大事なものを見失うのでは?

というのが私の考えなのですが。


たとえば、

毎年のお正月の過ごし方。。。。

実家に顔出すのが面倒だと思う人もいるかもしれないけど、

家族と(特に親と)過ごせる時間には限りある。

親がいなくなった後、どんなに懐かしく思い出そうとも、

もう一緒に過ごすことはできない。

だから過ごせるうちに楽しい時間を持とう、、、、

そうやって考えていくと、

「面倒だ」という思いは自然に消えるし、

いざ、お別れの時が来ても悔いなくいられると思うから、

「死」について考察することは、とても大事なこと。。。。



。。。。なんてことを最近思っていたら、

こんな本に巡り会いました!

死についての本

笑える。。。。! まんまだよ。

そのまんまぢゃないかっ!

これはたぶん天使からの贈り物。

このお正月休みに一気読みして(けっこう分厚い本だけど)

研究しようと思います!

面白いものを発見したら、このエッセイでもシェアしますne!




さてー。

まほうカレンダーをお持ちの皆さん!

1月の写真のセッティングはOKですか?

今月は、こんな感じでスタートしますyo!

雲間から光が漏れて、太陽が徐々に移動してゆきます。。。。

あと少し。

あと少しで世界は光に溢れ、眩しい時間が始まります!

今は、その、ほんの少し前。。。。

今できる準備をしましょう。^^

(2018年ラストの写真は、パリの夜に光る観覧車でした)


ーーーーーーーーーー

★HPが無事にリニューアルしました!★
(スマホ対応になりました)

早速感想をくれた皆さん!ありがとう~~!

↓ ↓ ↓

★HP見やすいです!
目を細めなくても読めるし(笑)、
字の大きさや行間、字を目で追うんじゃなくて、
自分のペースでゆっくり読み進めれる感じが気に入ってます
苺さん、おのせさん、ありがとうございます
めくるめく古いエッセイのライブラリー、出てこれなくなってました

★HPスマホ対応ありがとうござます
とても見やすいです
古いエッセイにも簡単に飛べるー
懐かしいの読んじゃった
苺さん
ほんとーにヤバイですよ
出てこれなくなっちゃう笑笑

★ピックアップエッセイのコーナーが面白いなと思いました
こちらは日替わりとかなんでしょうか??
古いの…『このへん!』とランダムに選んでおみくじみたいに読んでました

★私の古いタブレットでも見れましたー!
懐かしいエッセイも、もれなく読んでしまいますね~!

★とっても見やすくなりました
これで目が疲れにくくなるので、ありがたいです(笑)

ーーーーー

↑ ↑ ↑

みなさん!ありがとう!

年末も年始も全部吹っ飛ばしながら作業してくれた小野瀬ちゃんも

きっと喜ぶと思います~♪


引き続き新しいページの感想などお待ちしています★

これからも夏野苺オフィシャルサイトをよろしくお願いいたします。


ー本日のおまけ写真ー
お雑煮
元旦はやっぱりお雑煮から!^^

すき焼きとお雑煮
withすき焼きも我が家の定番!

初詣
遠出もいいけど、混んでるところが嫌いなので、
静かにゆっくり実家近くの神社で初詣。