写真家 夏野苺のブログ&エッセイ

写真は魔法の道具

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

おはようございます。
雨からスタート。
今年5番目の月がやってきました。
まほうカレンダーをお持ちの皆さん、
写真をスイッチしてください。
先月の写真は、
河原の斜面に広がる菜の花畑で撮影したものでした。
(@栃木県足利市)
色のコントラストがとても綺麗。
花の黄色と。空の青と。
でも画面が斜めですね。
そんなひと月でした。私の4月。
みなさんはいかがでしたでしょうか?
そして、
今月の写真。
パッとみてどのように感じるかしら?
どこでそんなふうに撮影したものでしょうか?
この大きさはどれくらいのものでしょうか?
今朝、ツイッターで
面白いコメントを発見したので、
リツイートしてみました。
読者の感想はいつも新鮮で、
私を新しい世界へと連れていってくれます。
それから、あともうひとつ。
とても個人的なことで、
ハッとする言葉をみつけました。
ツイッターのタイムラインの中に。
これを今月のお守りとしよう。

というわけで始まります。
今月もがんばろう!
今日は大切な仕事の打ち合わせがひとつ。
どうなるかな。
どきどき楽しみです。

まほうShopは、今夜21時まで。
お時間ある方、いらしてくださいね。



(追記)
とても素敵なメールをいただきました。
どうもありがとう!


おはようございます。
ゆうべは、
たくさんの皆さんにまほうShopに来ていただけて、
本当に幸せです。どうもありがとう!
ちっちゃなお店ですが、
毎回とても楽しいです。
今日は一日雨模様みたいなので、
ゆっくり静かにお店番してますne♪
お時間ある方、どうぞ遊びにいらしてください。
今、まほう棚には、あとふたつ。。。^^
いつも、
最後のひとつを「これください」と言って、
お迎えくださるのはどなたかしら?と、
想像を膨らませながらドキドキ待つことも、
私の密かな楽しみのひとつなので。
(*^▽^*)

みなさんのおかげで、
少しずつ勇気と希望が戻ってきました。
しばらくの間、
本当に小さな小さな頼りない弱い心になっていたので。

元気でいられるって、素晴らしい☆

ただ元気だというだけのことが。

こんなに尊いことだとは。

あらためて知ることができて、
とてもよかったと感じています。

私は、この先、
どんなことからも感謝を探しながら生きていきたいです。
人のせいにしたり、自分を責めたりすることじゃなくて。
もしも辛い出来事に遭遇したとしても、
泣きながらでもいいから、
「ほら、だけどここにこんな素敵なことが隠れていたよ!」
と、みつけられるような。

ほんとうに。

どんなことからも。




箕面では、
西の魔女がスペシャルゲストとして参加。
おもしろいセッションをしてくれて大人気!
皆さんに喜んでもらえて嬉しかった。
でも、
時間に限りがあって、
とても全員には無理だったことが残念。
そこで、
わたし、ぴん!ときた☆
秋に個展する時、今度は私が自分でやろうかな。
どんなふうにしようか。
いろいろできそう。
プチ占いの部屋。
いや、違うな。占いとは違う。
でも、セッションというのとも違う。
まあいいか、オリジナルな何かで。
秋の個展のテーマは、ずばり「魔法」なので、
私なりのまほうワークショップを開こう!
作品をお買い上げ頂いた方に。
希望者に限り、個別に、無料で。
そうだ。そうしよう。
新月の今日、たった今このエッセイを書きながら
どんどん夢が膨らんだので、
きっとうまくいくはず。
たのしみ!



ーーーーー

★まほうShop『un secret』今夜オープン★

新規ご来店ご希望の方は、
住所 氏名 電話番号 メールアドレスをご記入のうえ、
info♪ichigo-natsuno.comまでメールをください。
(♪を@に変えて)
たくさんの皆様のお越しをお待ちしております♪
(48時間で消えてしまうお店なので、
今回は5/1の21時までですyo!)

今回は「星の王子様」をテーマにした作品がいくつか。^^



とても特別な時間のなか。
いろいろなことが、これまでとは少し違って。
本当は、来てくれた人みんなの顔を見て、
泣いてしまいたかったけれど。
笑い合えてよかった。
そう思う。
来てくれた皆さん、本当にありがとう。心から。

作品は、
もう創れないかもと思ったけれど、
ちゃんと手が動いてくれてよかった。
買っていただけて、
これまた泣きたいくらい。
ひとり、残った天使がいるけれど。
なんとなく、その行き先も決まるような気がする。

今回生まれた作品たちは、
ひとつ残らず、ちゃんと、行き場があるような。




一緒にがんばってくれた仲間たち。
どうもありがとう。
とても素敵な作品たちが集まって。
嬉しかった。
小屋のなかがきらきらハッピーオーラに包まれて。

お買い物してくれたお客さんたちもとても楽しそうだった。

やってよかった。ほんとに。




一晩だけのトークショー。
これまた大成功。
私は、最後に、朗読をして、映像作品を観てもらったのだけど。
みんなにどんなことが伝わったかなと、あとから思う。

今でも思う。

たぶん、しばらく思い続ける。

私は今、心に秘めた思いがあって、
毎日まいにち、いろいろ考えてる。

普段はあまり考えないけれど。

今は、考えてる。

もう少しして、
センタリングできたら、
心を使って、動き出すと思います。

また、

私らしいやり方で。


人生、高みを目指すのはいいけれど、
頂上に着いたらきっと皆気づくのかな。

山のてっぺんは、
右も左も、前も後ろも、奈落。

ふと見渡せば、
まわりはみんな奈落。

くるりと奈落に囲まれて。

それが、てっぺん、というもの。

だから怖くなって動けなくなることもある。

平地の安全や気楽さが恋しく、
懐かしくなる瞬間が。

それでもやっぱり、目指すのか。

あの、高い場所。遥か、彼方の。



今回、個展でお会いできた皆さん、
ほんとうに嬉しかったです。
どうもありがとう。

スタッフの皆さんもお疲れさま。
どうもありがとう。

ひとり残った天使は、
次の新月(4/29)のまほうShopに登場する予定です。
展示会に来れなかった人、
もしかしたらあなたのおうちへ飛んでゆく天使かもしれないから。
よろしくne☆

個展のことは、
何か楽しいことを思い出したら、
これからもぽつりぽつりと書いてゆきます。