写真家 夏野苺のブログ&エッセイ

写真は魔法の道具

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

みなさん、ごきげんよう。

すっかりインド病にかかってしまった夏野苺です。

なぜこんなにインドのことばかり頭から離れないのか謎です。

人生初のことでしたが、うっかり昨日は、
「インド旅日記」とか「インド旅ブログ」とか検索してしまい、
そしたらめちゃ面白い記事をたくさん発見してしまい、
ぐーっと集中したり、ゲラゲラ笑ったりしながら読んでいて、
気づいたら5時間も!!!!?経っていました。。。。。

ひゃー。

だって、面白すぎたのです。
インドでひどい目にあってる人があまりにも多すぎて。(笑)
騙されまくってお金ボラれて悲惨すぎる人とか、
お腹壊して死にそうになった人とか、
でもたくましいことにそれ全部ネタにしてブログ書いてるのが、
もう笑える笑える!

夢中になってネットサーフィンしながら読んじゃいました。
こんなことは初めてです。
(私はほとんど人のブログを読んだりしないので)

いや〜、
でも私には無理だなー。 
インドひとり旅とか。
まったく行く気がしない。

だからか?

バックパッカーとして旅してきた人がブログに書いたインドと、
私が見てきたインドは全然違う!

まあ、重なる部分もあるけど、、、、

でも違ってるなあ。

なんというか、同じ場所へ行ってても、
(デリーとかジャイプールとかは観光コースの定番なのですが)
私とは通ってる(人生の)道が違うというか。

うまく表現できないけど。なんか、そんな感じ。

私の印象では、快適すぎるインド旅!^^

デンジャラスなインドに居る間も、
私にとって、自分の人生に必要なものだけを
なるべく安全に速やかに見せてもらえたような感覚。
インド旅
(だって私はこんなバスには絶対に乗らない。何度インドへ行ったとしても乗らないと思う。
 ドアが壊れてるとか割れてるとか、または、無いっ?とか! ドアどこいった?笑
 どのバス見ても全部「一回燃えた?」としか見えない。それが普通。公共の乗り物として。
 乗る勇気ない。。。。
 ちなみに私たちは、専属のドライバーさんを雇ったり、uberを利用したりして移動してました。
 今年は、インド在住のノブさんの運転でもいろんなところへ出かけました)


インドをひとりで旅できるほど強くはないから仕方ないんだろう。
あの国とは、
こういうスタイルでしか私は関われない。(という形になりました、自然と)

ただ、
まだラダックを旅した人のブログはまったく読んでないので、
それはどうかな? 楽しみ。

ラダックでは、
逆に私はとても辛い思いをたくさんしたから。
同じように苦しかった人はいるかな?

もしかしたら体質的に高山がダメなのかもしれない。
去年も今年も同じような症状が出たので。

滞在初日は、大丈夫だった。
心屋仁之助さんの奥様(心屋智子さん)と
偶然同じ時期にラダックにいることがわかって、
初日に一緒にお茶したり食事したりできて楽しかったのです。
インド旅
智子さんと遊んでる時は大丈夫だったけど、
その翌朝くらいから徐々に苦しくなって。。。。
とうとうクッキーの欠片とか、果物ちょっととか、
そんなものしか食べれなくなってしまいました。

そして。

あ〜、、、、去年に続き、また酸素ボンベ登場。
インド旅
(ホテルのスタッフさんが何度も心配して様子を見に来てくれた)

途中合流の、たまちゃんは、
「ハロー。やっと着いたよ〜」」と爽やかに部屋に入って来たのに、
ちょうど苦しんでた私の姿を見て「おお〜!どうした〜?」とびっくり。

「たまちゃ〜ん」と子どものように泣く私。(いま思い出すと笑えるけど)

高山病の症状出ると、頭が重くなり、呼吸もちょっと苦しくなり、
吐き気もしてきて、極端に食欲が落ちます。

高山病対策としては、まず、
浴びるほど水を飲んでよく眠ることが大事らしいのですが、
水も飲み足りなかっただろうし、初日から楽しくて街を歩き回ったり、
胃腸の負担も考えずにランチをいきなりたくさん食べてしまったとか、
(ラダックには美味しい韓国料理屋さんがあるのです!)
諸々そういうことが発症した原因になってしまったと思います。

かといって、
誰もが皆、私と同じようになってしまうわけではなく、
どう過ごしても全く症状が出ない人もいるし、
(心屋智子さんは全くなんともないらしい。むしろ高山にいた方が調子良いそう!驚)
でも、アスリートなど普段から体を鍛えてる人でも
高山病に苦しむこともあるそうで、
どういうことで症状が出るのかはわからないそうです。

だから、体質?ということも深く関係してるのかもですne☆

昨日いろんな人のブログで読んだような、
インド人に騙されたとか、怖い思いしたとか、押し売りされたとか、
お腹壊して苦しかったとか、ご飯がまずいとか、スリにあったとか、
汚い部屋に悩まされたとか、道で牛のオトシモノ踏んじゃったとか。
とにかくそういう種類の嫌な思いは皆無だったのですが、
私にとっては唯一、高山病だけが苦しい壁となって、
旅の途中に立ちはだかりました。

でも、
その中で学んだことはたくさんあり、
こうして帰国後にふりかえってみると、
貴重な学びの時間の中にいたなあと思うのでした。

なかなか言葉にできず、エッセイも長く書けなかったけど、
大事なものがゆっくり私の中で育っているような感覚です。

そして早くも恋しい、インド!^^
インド旅
(ラダックの街。標高が富士山より高い。4000メートル以上)

高山病を経験して、

あんなに心も体も苦しい思いをしたのに。

ラダックなら、

ひとり旅できそうな気がするのは、なぜだろう?
インド旅


完全にインドボケな私。

毎日カレーを作り、食べ、

インドの本を読みまくり、
インドに心飛ばしてる。

女優の中谷美紀さんのインド旅行記が面白い。
北インド編は、
私が行ったところと何箇所もかぶってるので、
特に面白い。

そういえば、インドって、
ハマる女優多いなと思う。
確か、鶴田真由さんも?だったような。
写真家さんと組んで南インドへ旅して写真撮影してたはず。

むー。

インドと女優。

私もこの人と一緒にインドへ行くか?笑
冨樫結菜
(冨樫結菜さん。この前会ってお土産渡した!)

実現したらどんなに楽しいだろう!

夢ノートに書いておこうっと。



インド旅のこと、書く書く言いながら書かずに、
書きます詐欺みたいになってるけど。

なんというか、
ただいま私の中で発酵ちゅう☆

普段、テレビを全く見ないので、
ニュースが入ってこない生活をしているのですが、
友人知人からそれとなくいろんな情報は自然に入ってきます。

先日もこんなメールが届きました。

ーーーー
なつのいちご様
こんばんは!
そしてインドよりお帰りなさいませ(*´-`)
いちごさんの帰国を待っていたかのように、
ディープインパクトが、天にかけ上がっていってしまいましたね。。
去るときもあっとみんなを驚かすくらい速くに。
北海道では、まだ大きく報じられています。
競馬ファンではない私でも惹かれてました。
美しい美しい、特別な存在でしたね。
実際に会えなかったのが、心に残りですが、
いちごさんの写真のディープに会えて良かったです。
エッセイのバックナンバーの写真を、また見せていただいていました。
なんて優しい目でしょう。
(お馬はみんな基本的にやさしいですが、やっぱりぐっと来ました)
そして、そこにあったエッセイの言葉にも、
改めて心に残り勇気をもらった気持ちです。

"彼を見てると、
人生山あり谷あり、でいいんだなと思う。
もしディープが
スタートからずっと速いままの馬だったら
こんなにみんなに
希望を与えられなかったかもしれない。
不安や恐怖からの脱出。
一度そこをくぐり抜けてからしか見えない、何か。
「このやり方が一番面白いぜ」と
教えてくれてるような... まったくすごい馬。
ディープインパクト。"(なつのいちごessayバックナンバーより)

ディープといちごさんに改めて感謝を伝えたくなりまして。。
とりとめのないメールで失礼しました。
読んで下さりありがとうございます。
ーーーーーー


このメールにありがとうと短い返信をした後、
どういうわけか号泣してしまいました。自分でもびっくりするくらい。
悲しいというか、、、、なんだろう?わからない。何の涙かな?

全盛期の頃にたった一度、撮影しただけなのに。こんなに泣けるなんて。


ファインダーの中から見たディープインパクト。

実際の走りを目の前で見た時、大きな衝撃を受けたディープインパクト。

にんじん食べてる時はとても可愛かったディープインパクト。

いろんなディープインパクトが鮮やかに蘇りました。


しばらく泣いて、
それから自分でもエッセイのバックナンバーをもう一度読んでみました。
実は少し前にも偶然、このエッセイを読んでいたのですが。。。


何だか虫の知らせみたいだな。


そうか。。。


ディープは本物の天馬となって、
遥か彼方空の向こうへと駆け抜けていったのか。


この世で会えてよかった。


大活躍中の頂点にいる彼を撮ることが本当にできてよかった。


私は被写体運が良い。 
この仕事をしながらそれだけはずっと感じてる。


ディープインパクトを知らない方のために、
どんな競馬馬だったか、ネットニュースの記事から以下に抜粋します。

ーーーー
ディープインパクトは生まれながらにして、周囲の期待を一身に集めていたわけではない。
2002年に行なわれた当歳時のセレクトセールで、
サンデーサイレンス産駒の牡馬は14頭落札されたが、そのうち、
ディープインパクトの落札額は上から9番目だった。
しかも、
サンデーサイレンス産駒なら1億円超えは当たり前という時代にあって、

7000万円(税別)でしかなかった。
だが、のちにこのことが、ディープインパクトにとっては
「幸運だった」という話を、

生産牧場であるノーザンファームに取材で訪れた際、聞いたことがある。
ディープインパクトの特徴は、サラブレッドにしては小柄で華奢なことだ。
そのため、スタッフが
「本当は牝馬ではないか?」と疑ったというエピソードもある。

蹄(ひづめ)も薄く、一生懸命走るとすぐに血だらけになった。
デビュー前の評価は、ひと言で言って「小さくて虚弱」。
ゆえに、同期の馬たちと同じようには調教メニューをこなせなかった。
同期の馬たちが、デビューを目指して牧場の坂路コースを駆け上がっている頃、
ディープインパクトは1頭だけ、
自分の体を大きくするための地道な体力作りに専念しなければならなかった。
やがて2歳の夏。同期の馬たちが次々とデビューを果たしていく。
だが、ディープインパクトは、まだ牧場にいた。
秋になって、ようやく栗東トレセンの池江泰郎厩舎に入厩するが、
デビューまでには、さらに3カ月ほど待たなければならなかった。
「実は(ディープインパクトは)もっと早い段階で
 デビューさせようと思えばさせられた」という話を、

ノーザンファームのスタッフに聞いた。
「もし、ディープインパクトがもっと値段の高い期待馬で、
 しかも、あの厩舎で、あのオーナーでなかったなら、
 おそらく見切り発車でデビューしていたのではないか」

とも言っていた。
しかし、みんなが”待った”。
いつか、機は熟す。その時を信じて、待った。
「今思えば、あの時、みんなが”待った”ことが、
 ディープインパクトをあれだけの馬にしたのかもしれません」

牧場スタッフがしみじみと言ったそのひと言が今も忘れられない。
競馬には”待つ”ことも必要で、”待つ”ことによって、
大きなミラクルを生むこともある。

そこに、競馬の奥深さの一端を垣間見た気がした。
ディープインパクトには、本当にさまざまなことを教わった。
牧場スタッフによれば、その最期は「観念したように、苦しまず、
静かなものだった」という。

ーーーーー

ディープインパクトの撮影は、
「競馬ファンや、競馬専門のカメラマンが撮ると、
 どうしてもかっこいい写真しか撮れないから、
 競馬を全く知らないカメラマンに撮らせてみよう」ということで、
当時の週刊ポストの編集長から、直接オファーを頂いた仕事でした。

私はディープインパクトが如何に凄い馬か、何も知らずに撮影に向かいました。

私が撮影したディープは「普段の顔」のディープ。

ただの馬。。。。笑

競馬雑誌には絶対に載らないであろう写真ばかり。

仕上がりはどれも編集長の狙い通りだったらしく「大成功」と喜ばれました。

雑誌の発売日、ノーザンファームのスタッフからも電話が入り、
「苺ちゃん!よかったよ!ディープを素敵に撮ってくれてありがとう!」と、
電話を頂いたことも思い出しました。

レースでは、いつも決まってビリからスタートするディープ。
でも、必ず途中でスイッチオンになって、最後は一番でゴールする。

『いつもディープは、ここからでは届かないのでは...。
 と絶望させられるような後方からレースを進め、
 奇蹟的とも言える逆転劇を見せてくれる。』

週刊ポストのS氏の書いた記事のなかでこの箇所が一番好き。

きっと、私は、ディープのここに最も強く惹かれるんだろう。

ここからでは届かないのでは...。

絶望させられるような後方から...。


レースを見ていて、
ディープは、とても、とても楽しそうに走る馬、
走ることが大好きなんだなあという印象を持ちました。


私はもう泣かないと思う。

一度しっかり泣いたから。

いつかまた会いたい、ディープインパクト。

次にまた生まれ変われるとして。

お互い何に生まれ変わったとしても。

また会いたい。



また会いたい。



この世では、さようなら。

ディープインパクト
(週刊ポスト掲載)
ディープインパクト
(週刊ポスト掲載)
ディープインパクト
(週刊ポスト掲載)
ディープインパクト
(週刊ポスト掲載)
ディープインパクト
(週刊ポスト掲載)

更新が夕方になってしまいましたが、

エッセイ読者の皆さん、こんにちは!

今年8番目の月がやってきました。

まほうカレンダーをお持ちの皆さんは写真をスイッチしてください。




先月の写真は、インドの料理研究家ノブさんの手料理の写真でした。

カレンダーを製作した時点ではまだ、

今年の7月にインドへ行くと決めてませんでしたが、

カレンダーの写真通り、

気づけば7月にノブさんのお家でカレーをご馳走になっている自分がいて、

びっくり不思議な感覚です。




今月の写真はどうでしょうか?

この色。。。。。。天使に例えるなら誰の色だかわかりますか?

8月は、きっとこの色のエネルギーを持つ天使が私たちをサポートしてくれるはずです。




8月のスタートが新月と重なっていることも何か良い予感がしています。




どんな一ヶ月になるでしょう?




インドから帰国してあっという間に数日が経ってしまいましたが、

週末はゆっくりインドの旅を振り返りながらエッセイを書きたいと思っています。^^




あ~。インド。またすぐ行きたいなあ。

今回、旅の最後にインド綿の洋服を幾つか買ってきたのですが、

(パンジャビドレスなど!)

これが夢のように気持ちの良い着心地なんです~♪

肌触りがなんとも言えない。




そして、

カレーを作って食べている毎日。(笑)

これはインドではポピュラーなお弁当箱。
インドのお弁当箱

数年前、

お弁当箱の中に入れた手紙がきっかけで恋が始まる、

素敵なラブストーリーのインド映画を観たのですが、

あの時からこのお弁当箱が欲しかったのです。

今回、手に入って嬉しい。
インドカレー
毎日食べても飽きない、バターチキンカレー。
ノブさんに教えて貰ったレシピ。すごく美味しい!

ただいま〜。
昨日、無事に帰国しました!
インド旅

びっくりするほど
あまりにも電波が通じなく、
もういちいちチェックするのも面倒になり、
気持ちを「ネットなし生活」に切り替えて、
旅時間に集中してました。

本当に楽しかった。

一緒に旅してくれた、かえこさん、のぶさん、たまちゃんに
感謝の気持ちでいっぱい。

私がこんなにもずーっと気分良くいられたのは、
みんながものすごーく気を使ってくれたか、
もしくは、
みんながそれぞれものすごーく楽しんでいたか。

とにかく嬉しくありがたいことなのでした。

心の中に「ありがとう」が、こだましています。
(エコー付きで♪)

ありがとう

ありがとう

ありがとう


実は今回も、ラダックでは高山病の症状が出て、
苦しい時が少しあったのですが、
それでも楽しかったって。。。。どんなだ?

どうしてそう思えるんだろう?

私はインドの何がそんなに好きになっただろう?

パリにハマった時のように、理由はわからないのですが、
今回また行ってみて、ますますインドが好きになりました。

インドの神様が呼んでくれる限りは、
しばらく通いたいです。

でも、それには、かえこさんのチカラが必要です。

かえこさんの笑顔が続く限り(笑)
甘えて助けてもらおうと思います。

インドを一人旅できるほど、私は強くないから。

今回、初めてガンジス川へ行ったのですが、
川の淵を歩きながら、そう思ったのです。

やっぱり私は弱い。

よわよわだ。

それって、
2003年にニューヨークへ、
初めての一人旅に行った時と何も変わってない。

でもあの時と今とでは決定的に違うことがある。

それは、

あの時は弱い自分をダメだと思ってた。

だけど今は違う。

弱くていいと思ってる。

これが私の個性だから。

弱いからこそ、
強い人たちに会えた。
今回の旅の仲間や、旅の途中で出会えた人たちに。

もし私が強い人間だったら、
会えなかったかもしれない人たち。

弱いおかげで会えて嬉しい。

この人生はこれでいい。ひとまず。

とにかく楽しいから。ほんとうに。
インド旅
このメンバーで旅できたことが幸せ。ありがとう。


今回の旅の一番深い部分は、
「魔法使いの弟子」にまとめようと思っています。
(10月リリース予定)

その他ダイアリー的なことは、
このエッセイにちょっとずつアップしていきますne☆

それから、
旅の間ずっと見守ってくれた魔法学校のメンバーに、
この場を借りて感謝を捧げます。
ネット環境が悪い中でも、魔法学校のLINEだけには
アクセスしやすかったのが不思議でした。
リアルタイムで現地から、
ちょこちょこ動画をシェアできたこと、嬉しかったです。
一緒に旅してる気分を味わえたから。
みんなの祈りのパワーかな?^^
ありがとうね。