写真家 夏野苺のブログ&エッセイ

写真は魔法の道具

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

朝ごはん
私の朝ごはんは、その時々のマイブームとともに
マイナーチェンジし続けてるんだけど、
最近はこんな感じ。
蜂蜜ミルクティーと、小さなトーストと、ゆで卵と、
その日の気分でもう一品。(この日は、バターチキンカレー)


昨夜は、楽しい会にお呼ばれして、
普段より遅い時間に飲んだり食べたりしたせいか、
今朝は空腹を感じなかったので、玉ねぎとミルクでつくったスープだけ。
朝ごはん

そしたら、お昼になってお腹すいてきたので、
散歩の途中でランチ。
前からチェックしていた洋食屋さんに初めて入ってみました。
ハンバーグステーキ
ハンバーグ定食!美味しかった。はなまる〜♪

マンゴーデニッシュ
それから、読書タイムは大好きなカフェで。
この夏、リピートな予感のマンゴーデニッシュ。
美味しすぎる!

夜景
あ〜、今日も1日、楽しかった。

誰かに会う日も楽しい。

仕事する日も楽しい。

のんびり休日も楽しい。

どんな日にも感謝。

人生は楽しい。

私は幸せの沸点が低い。

ささやかなことで、
ぐーんと幸せを感じられるから。

不思議なことに、

自分の小さな日常を大事にできない人は、
大きな幸せがやってきても気づかないみたい。

まるで、
常に「ここではないどこか」を見ているよう。

逆に、
常に「今ここに在る」人は、
いつも笑ってる。

悲しい出来事の中にいる時でさえ、

泣きながらも、

微笑んでる。

どんなことも一瞬ずつが宝だと、

知っているのでしょう、

その魂が。


こんばんは!

満月の晩です。

ただいま魔法学校第7期メンバーの募集中で、

中には申し込みと一緒にメッセージを送ってくれる人もいて、

嬉しく読んでいます。

月光のエネルギーに乗って私まで届く光たち。

キラキラまぶしい。

ありがとう!





やりたい自分とやれない自分の狭間でジレンマにもがきながら、
それでも魔法学校にいられること、
いえ、だからこそ自分をしっかり見つめ直す機会や、
感動したり、苺さんはもとよりゲストさんや、
メンバーからも学べたりとたくさんの刺激をいただいていることに
本当に感謝いたします。




5期、6期と参加してみて、
いろんな事を考えるようになり、見渡すようになり、
頭の中にアンテナが増えたような気がします。
まだまだぼんやりの部分がありますが、
じわじわと自分の中に何かが浸透してきているという感覚です。
引き続き苺さんから、
そして魔法学校のメンバーから学びたいと思います。




7期!
もうそんなに進んできたのかしら?って思います。
まだまだ続けたいです。7期もよろしくお願いします。
(オフラインに)参加して分かった事は、
とにかく参加してその場の空気感や雰囲気を味わうことが大切って事。




魔法学校の存在は、とても心強くあたたかく
私にとって素敵な感謝の場所です!
この場所にいれる幸せを感じながら
毎日これからも進んで行きたいと思います。
素敵なギフトをありがとうございます☆
天使とのより具体的なコンタクトももっともっと学びたいです。
苺さんのリアルな発信から学ぶこともとてもたくさんあります。




一年ちょっと経ち、表立った大きな変化はないながら
考え方が少しずつ変わってきていることや、
オフラインに積極的に参加することで感じていることなど、
見えない部分の変化がようやく自分でも自覚できる量になってきました。
苺さんが繰り返し伝えてくださっていることの意味も、
ふとした時に一段深く分かるようになったり。
なので、きっとここからが本番……というか、
やっとスタート地点かな?位なのだと思っています。
もう少し自分の道がはっきり見えるようにしていきたい。





そうだね、そうだよ。

きっとここからが本番。


月の女神に、

祈ろう。

満月


★俳優、安田顕さんの言葉
「三歩進んで二歩下がる。25年続けてこられたのは芝居の正解のなさ

25年前、芝居を始めたとき、

現在のような未来はまったくイメージなんてできなかった。

あまりうまくできなかったな…と思うことはほぼ毎日。

『もういいかな』といつも思う。

でもそれは心の底から思っていることではなく、

ある意味での割り切りかもしれない。

やっぱり、基本的に芝居が好きなので、

何があっても辞めずに続けてこられた。

もう一つ、続けられた大きな理由として、

「つかめたように思えてつかめていない」という芝居の正解のなさ。

舞台は、ひと月稽古してステージを踏むので、

繰り返していくうちに『これが完成形だ』とつかんだような気になる。

でもしばらくすると、また忘れてしまう。

水前寺清子さんの『三百六十五歩のマーチ』ではありませんが、

三歩進んで二歩下がる、みたいな…。

少し進んだかと思えば、また振り出しに戻る。

逆にマイナスになっているかもしれない。

だから続けていけるのかもしれない。

インプットしながらアウトプットする。

そこがうまくいくともっとスムーズになると思うんだけど。



★女優、門脇麦さんの言葉

自分とはかけ離れた役柄でも、

このキャラクターのどこを大切にすれば、

自分とつながれるのかなというところを丁寧に。

でもいつも本当に難しいんですよね。

毎作品これで大丈夫かなと思いながらやっています。

鼻血が出そうなくらいワクワクする気分は、

やっぱり舞台でしか味わえないです。

ーーーーーーー

きたよ。これだよ。
たまたま目に飛び込んできた、二人の役者の言葉。

天使よ!

ありがとう!!!!

ひとまずこれだ。これだ!今の私の答え。

やっぱり。こういうことでいいんだ。

芝居の正解のなさ

という言葉に心打たれる。

先日このエッセイに書いた、
私の言葉への応えだと感じるから。

もしかしたら、
全部が完璧とか、オールオッケーなんて。
どこまでいっても、無いのかもしれない。
だから、半永久的に、
追い続けること、求め続けること、挑戦し続けることが、
できるのかもしれない。

https://www.ichigo-natsuno.com/essays/thank-you/
(エッセイ全文はこちら)

すごいっ

嬉しい。

探し続けたら、

問い続けたら、

必ず答えは現れる。

こうして、いつだって。


セーラー服おじさん
セーラー服おじさんの語る言葉の中にも
「答え」がたくさん詰まってた!人生のヒント満載★

出ましたー。
きましたー。
ありがとうございます!
魔法学校スペシャルゲスト。
セーラー服おじさん!
雨の中、ピンクの傘さして鮮やかに登場。
セーラー服おじさん
わたくし、
メリーポピンズが来たかと思っちゃいました。
セーラー服おじさん
会場は、中華料理店。
円卓を囲んで、和やかにランチしながらの
オフラインミーティングでした。^^

食事しながら、
た〜っぷりみんなからの質問に答えてもらいましたが、
その内容、言葉が素晴らしすぎて、
話を聞きながら何度魂が震えたか。

セーラー服おじさん。。。。
すごい人です!

あの地道な努力と、
夢中になったものを追いかける集中力と継続力。

あまりにも学ぶことが多すぎて。

彼を見ていると、
人間の無限の可能性と宇宙のロマンを感じます!
セーラー服おじさん
参加してくれた魔法学校のみんなも大興奮!
熱心にメモを取りつつ、素晴らしい熱量で、
あっという間の数時間。

セーラー服おじさんと魔法学校の生徒たちの
エネルギーバランスがとても美しかったです。

あ〜、こんな奇跡って、あるんだなあと。

幸せすぎて泣きそうでした。
魔法学校
おじさんを見送った後、
私のお気に入りのカフェに移動して、
マジカルミーティング。
パン
新作のマンゴーデニッシュが、
美味しくて美味しくて、
気に入りすぎて、
もう今年の夏はこれを食べ倒しそうな予感。
テディベア
参加者の一人が、連れてきてくれた、
20年くらい前に私が創ったテディベア!
うぉぉぉぉ!
久しぶり〜。
元気で暮らしてるんだね!
嬉しい再会。ありがとう!
こんなにも長く大切にしてもらえて、
幸せだne♪



魔法学校のみんなが、
どんどんパワーアップしていることに感動しています。

この小さな学校を創って本当に良かった!

みんなの真ん中にある光が増してるのがよく見えるから。

もっと、もっと、光るよ、きっと。

これからもっと。

いま、
とても良い予感。


喜代川

老舗の鰻屋(喜代川)さんで

美味しい鰻をご馳走になりました★

お誘いいただいた、尾野由理加(おのゆりか)さん、

ありがとうございます!

パーティで一度お会いして、

その後はフェイスブック上のみでのやり取りで、

昨日は久しぶりでしたが不思議とそんな気がせず。。。

美味しい鰻をいただきながら、

話が弾む弾む!

、、、とはいっても、

ゆりかさん、昨日は声が全く出ない状態。

私も声が出なくなった経験があるので、

喉の違和感の辛さとか、

喋れなくて歯痒い思いするとか、

なんとなく想像できるのですが。

なぜか私にとっては、

とても楽しい時間でした!

喋れなくてごめんなさいと何度も謝ってらしたけど、

ゆりかさんともたくさんお話したように感じるのは、

なぜかな?不思議な感覚。




「喜代川」の女将さんは5代目だそう。

明治から続いてるとのこと。

お店も歴史の重みを感じる建物でした。(有形文化財指定)

「喜代川」
https://www.unagi-kiyokawa.com/about/
女将
女将さんから、

なんとー!

苺の手ぬぐいをいただきました★★★

ありがとうございますー。




ゆりかさんにご紹介いただいた、

晴山 陽一先生のお話も、

楽しくて

面白くて

とても勉強になりました。(先生、200冊出してるらしい!)

先生のご本をプレゼントいただき、
晴山陽一

サイン(可愛い!(๑>◡<๑))もいただいて、

みんなで記念撮影♬
晴山陽一

(晴山先生にご馳走になった、うな重。。。
 おしゃべりに夢中になりすぎて、写真撮り忘れました。゚(゚´ω`゚)゚。)



帰り道、しみじみ、ゆりかさんへの感謝の気持ちが湧いてきました。

自分の大切な人たちを私に紹介してくれたということ。。。。。



人付き合いの中で、

「自分はこの人に大切にされている」と確信できるのは、

その人の大事な人脈を紹介してもらえた時。



何か(品物で)プレゼントくれたり、

一緒に遊んだり、

ご飯誘ってくれたり、、、、



どれも「大事にされてる」と感じて感謝するけど、

その中でも「この人を紹介したい」と言って、

大切な友人や仕事仲間を紹介してくれることほど、

ありがたいことはない。



ものすごーく大切に思ってくれてるんだなと感じる。



そういえば、、、、、



私からは色々紹介するけど、

あの人から誰かを紹介してもらったことって、あまりない。。。。



という人の顔が今ふと浮かんだケド、、、、、



私は大切にされているようで、

実はされていないのか?(笑)





さて。今年の梅仕事。完成しました!
梅
(瓶詰め完了〜)

ずーっと前に頂いた、なんだか凄そうなハチミツ!
蜂蜜
(ローヤルゼリー入り!!)

煮ては火を止め、また煮ては火を止め、

四日ほど煮込んで完成した梅煮を、

煮沸した瓶に8割くらい入れてから、

瓶の口までいっぱいになるまでこのすごい蜂蜜を足して、

くるくるかき混ぜて、蓋をして、おしまい。


これを1年かけて、毎朝、ちょびちょび食べます。^^


そうすると疲れ知らず!薬いらず!

明日はオフラインミーティングだから、

魔法学校の生徒たちにも分けてあげようかな?

みんな自分で作れるようになるといいな。 

マジカルアイテムとして。

(生徒さんの中に、自宅の庭に梅の樹があるという人がいて羨ましい限り)

梅の蜂蜜づけ
こちらは四日間、冷凍庫で凍らせた梅を、
瓶に詰めて蜂蜜を入れたもの。
梅の蜂蜜づけ
一晩でたくさん梅のエキスが出て水分が多くなってきます。
梅の蜂蜜煮
梅の蜂蜜づけ、蜂蜜煮、毎年、両方作ります。

まほうのおくすり☆