写真家 夏野苺のブログ&エッセイ

写真は魔法の道具

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆
夏野苺のツイッターはこちら
夏野苺のフェイスブックページはこちら


穏やかで、

和やかな、

告別式でした。


告別式

孫に当たる、彼のお別れの言葉が、、、

四角い箱を大切に抱えている姿も、、、

とても素敵で。


あら!

遠くに見えるあれは、、、、
高崎観音
高崎観音!

幼い頃、よくここへ

家族揃って遊びに来た思い出が蘇りました。



あの人も、この人も、

みんな順番にいってしまう。



誰もがここにずっとはいられない。



だから、いつだって、

目の前のことをいちばん大事にしようと思います、

あらためて。

夕暮れ時

優しい夕暮れ。

いい日でした。

ありがとう。


★おまけ写真★
草履
喪服なのに、足元がお祝い事のよう。。。。。
鼻緒が黒い草履持ってないので。仕方なくこれで。
お寿司
会食では、いろいろつまんでいたらお腹いっぱいになったので、
最後のお寿司はネタだけ食べた。。。。笑

こんな私のことを笑いながら

天国へ行ってくれたらいいなと思います。


イチゴノキ

ベランダにあるイチゴノキ。

イチゴノキ
北西向きで日当たりが良いとは言えない環境のなか、
今年はたくさんの花を咲かせて見せてくれました。
(スズランに似ている。。。)

イチゴノキ
しばらくすると、緑色の実を付け始めます。

イチゴノキ
なぜ「イチゴノキ」という名前なのかというと、
徐々に赤くなる実が、苺に似ているから。

イチゴノキ
太陽が当たるところの実は、
早く赤くなります。

イチゴノキ
日陰に生まれた実は、
緑から黄色に変わったところで、少しお休み?
赤くなるまでに長い時間がかかります。

イチゴノキ
あら、でも不思議。
ここはお隣さん同士なのに進む速さが違います。
きっと、奥の実は、葉の陰になっているから?

植物たちはどの場所に生まれても、
ただ黙って成長していきます。自分のペースで。

イチゴノキ

最後はみんなちゃんと赤くなるから。

心配しなくても。

だいじょうぶ。

きっとそのことを知っているんですね。


アメリカンカール

動物や植物に教わることはたくさんあります。

私たちの体は勝手に大きくなりますが、

精神的な成長を望むなら、

人間同士だけでは叶いません。

夜明け

いつだって、

自然や野性が

私たちの先生です。


★世界は「自然」であって、
 それは最終的に「野性」となることを避けられない★
 by ゲーリー・スナイダー


自分を大切にするということは、

その言葉を解釈する人の性格や、
その時の状況によって、

素晴らしいことのように捉えられる場合もあるし、
自己中心的だと捉えられるような場合もあるし、

、、、、ということを考えていたら、

またしても「ピックアップエッセイ」のコーナーで
過去の面白い記事を発見。

↓ ↓ ↓

「言葉の本質」
https://www.ichigo-natsuno.com/essayDetail.php?num=745


今朝もちょうど魔法学校で、
「自分の思いを大事にする」ことについて、
思い巡らせることがありました。

優しい人ほど
自分の思いを優先させることに罪悪感を覚えるようですが、
自分がいったい何を欲しているのかを正確に理解できるようになると、
他人の気持ちや周りの状況に振り回されたり、
本当の自分の気持ちをおろそかにしたりすることは
無くなっていくのかなと思います。

手作りデザート
★自分の心を立て直したい時は、簡単なご飯やデザートを作ります。
写真は、台湾で買ってきた杏仁粉を使った手作り杏仁豆腐。
小豆を煮て、インドで買ってきたハチミツを混ぜて、出来上がり!


昨日のインスタでアップした言葉。

↓ ↓ ↓

今日のキーワード「unlucky 」。

落ち込んだ時にしか見えない善なるもの。

暗い場所でしか見つけられない小さな光。

それに出会うためだけに用意された、

天使からのギフト。

感謝して、

受け取るしかありません。

ーーーーー




。。。ですね、

これは私へのガイダンス。


感謝して受け取りました。


ここからしか見ることのできない景色。


そして、


こんな時に、

HPのトップページに表示されていた、

ピックアップエッセイ。

↓ ↓ ↓

「変わる少し前の、この感じ」
https://www.ichigo-natsuno.com/essayDetail.php?num=739



自分で書いたものなのに、感動してしまった。。。。



過去の自分に励まされた思い。



過去の私に、ありがとう。


インドの蜂蜜
(インドで買ってきたハチミツからもパワーもらってます)


今度は、
久しぶりに、
しっかり落ち込みました。

落ち込むようなことは無い方がいいけれど、

落ち込まないと見えないこともありますね。

あともう少しで、この気分から
完全に抜けれそうなので、
そしたら、また書きます。

私が見た心の景色を。

朝日
(毎朝、太陽にご挨拶★が私の日課)