写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「それからのパリ」

パリへ行くたびお世話になってるアパルトマンの大家さん。

事件の数日後にメールをくれました。

普段通り何も変わらない、と。

『1月の時もそうですが、

 こういう事件が起きた時のフランス政府、警察、軍などの対応

(人質解放の交渉とか犯人狙撃)の早さにはいつも驚かされます。

(やればできるじゃないか〜!という感じで、
 なぜ他の仕事になると遅いのだろうか〜?と悩みます)
 
今日は7区のほうに用事で行ってたのですが、良いお天気だったからか、
 カフェのテラスは満席で、
「いくら右岸の事件とはいえ、ここまでのんびりくつろいでいていいのかな〜?」
と疑問に思うくらい、子供連れでのどかに過ごしていました』

。。。。ですって。^^

アーティストのituさんもパリへ戻られたそう。

こんなブログをアップされています。

↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/yoshiitu/entry-12098572022.html

まあ、そういうことです。

大切なのは。

つまり。

そんななか、
嬉しいメールが届きました!(写真付きで)

苺さん
我が家に美しく飾ることができました。金色のエッフェル塔。
これを選んで良かったです。
写真は夜に撮りましたので薄暗いですが、エッフェル塔が浮かび上がり綺麗です。
昼間は光が当り、それはそれで美しいです。見る角度でまた違って見えます。
エッフェル塔の下に映る車のライトもすごく素敵で見いってしまいます。
やはり、苺さんの作品は写真というより絵画的な印象です。
瞬間的に記録したものでなく、少しずつ色を重ねた感じがするんですよね。
それはずっと変わっていないのが嬉しいです。
これからもご活躍を応援しています!
夏にまた箕面でお会いできることを楽しみにしています。


わー!
こんなに素敵に飾ってくれてありがとう!!
私の作品の感想までいただいて。。。。大感激です!

私はこれからも、
自分にできる活動をがんばってゆきます。

勇気と希望をありがとう!



※(お知らせ その1)※
ただいままほうショップの扉を開放ちゅう。
詳細はこちらをご確認くださいne★
↓ ↓ ↓
http://www.ichigo-natsuno.com/essayDetail.php?un-secre-353



※(お知らせ その2)※
ーーーただいまご予約受付ちゅう!ーーー
☆


(2016年版の表紙は、パリのエッフェル塔と朝陽の写真です)

2016年夏野苺まほうカレンダー☆
~全14枚
(各月12枚 表紙、裏表紙)CDサイズ専用ケース入り~

☆価格:8,800円
税、送料、手数料込み。
カレンダー&写真作品付き(オリジナルプリント1枚)。
分売不可。

~お申し込み方法~
郵便番号 住所 氏名 連絡先を明記のうえ、

info♪ichigo-natsuno.com(♪を@に変えて)まで、
メールにてお申し込みください。
こちらから申し込み確認の返信を差し上げた時点で、

予約確定となります。
クリスマス前に皆様のお手元に届くよう発送いたします。
たくさんのお申し込み、お待ちしています☆
★お申し込み締め切り日は12/10とさせていただきます★