写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「ありがとうパリ☆帰国します!」

このひとつ前のエッセイ、
数日前、サンラザール駅近くのカフェで、
バタバタとアップしたつもりが、
今見たら、アップしてなかった!
わーん。びっくり。
さっきアップしました。
そして、
今は出発準備ちゅう。
もうすぐベンジャミンくんが迎えに来て、
シャルルドゴール空港へ向かいます。
昨日まで数日撮影が続いていましたが、
それも無事に終わり、帰国ですー。

このアパルトマンに来た時に、
壊れてる!と思ったドア前の灯りのスイッチ。
(このエッセイに書いたの覚えていますか?)
あれは、、、、
工事中だったのでした!^^

毎日少しずつ壁のペンキが塗られ、
今はすっかりとても可愛いサーモンピンク色。
アパルトマンがラッキーカラーに変身して、
私たちに笑顔でさようならを告げているように見えます。

昨日、私とYちゃんが撮影に出かける時、
部屋のドアを開けたら、男の人が立ってて、
「2分で終わるから仕事していいか?」
と尋ねてきたので、
どうぞ、と答えたついでに、
写真撮っていいですか?
と尋ね返したら「もちろん!」と言ってもらえたので、
彼が仕事してるところを撮らせてもらいました。
ぱぱぱぱーっと手際良く塗って、上手だった!
「ボン!トラバイユ☆」と
彼の仕事の素晴らしさをカタコトフランス語で伝えたら、
「メルシー」と嬉しそうでした。


彼がこの数週間、ここでこの仕事をしてくれたから、
このアパルトマンはこんなに可愛らしく変身できたんだ。



最初、壊れてると思ったけど。
ぜんぜん違った。



人生もこんなふうに、
初め見えたものから自分がこうだと決めつけて、
だけど実は自分の知らないところで全く別のことが行われていて、
最後にはじめてその全貌が明らかになってびっくり、みたいなこと、
あるんだろうな。


気づけばまだいい方で。
気づかないまま過ぎてしまうことも。たぶん、たくさん。



だから、

気づけた時は、ありがとうだ。

ありがとう。

ありがとう!パリ。



今回は仕事もいっぱいできて楽しかったです☆

滞在中に書けなかったこともたくさんあるので、
帰国してからまた少しずつ「パリの思い出」をアップしてきますね。

では、
帰国します!
(日本が好きだから、帰るのも楽しみー)