写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「ジョン・キムさんのこと」

人のご縁って、不思議だと、
本当に近頃つくづく思っている私。

今は、そんなことに思いを馳せる時期なんだろう。

人は、バーン!と
まるで自分ひとりでグイグイ勢いよく進んでいるように感じる時もあれば、
あぁやっぱり周りのたくさんの人たちの助けがあって、
いろんなことができているんだなあと感じる時もある。

そのどれもが、タイミング。 ご縁という繋がりの中で学べることばかり。

私の周りには、素晴らしい人たちがたくさんいるけれど、
つい最近、改めて、
「この人の懐は深い、、、深すぎる!」と感銘を受けた人がいます。

それは、ジョン・キムさん。

2015年に、
彼が主宰する「社会人キムゼミ」を受けてからのご縁ですが、
ゼミ中は宿題も多く、課題を消化するのに精一杯で、
ジョンさんと個人的に会話する時間もなかなか取れなかったけれど。
というか、緊張しすぎて話せなかった。。。。という理由の方が大きいかも。

実は私、人見知りが激しくて(大人になってからこのことを知った!笑)、
誰かと仲良くなるまでに結構時間がかかったりするタイプなんですが、
ジョンさんとも、少しずつ親しくなれたような気がします。

私が彼を「素晴らしい!」と感じ、尊敬する部分は、
もしかしたら、ちょっと他の人たちとは違っているかもしれません。
そう、絶対違っているような気がする。
みんなには見えないであろう、
たとえ見えたとしても、そこを「素晴らしい」とは思わぬまま見逃しそうな、
ジョンさんのある部分が、私には、はっきりと魅力的に映るのです。

さっき、それをさらに確信することがありました。

あの懐の大きさには、かなわない。たぶん、私は、一生。

だから、
ずっと尊敬し続けていく人でいいかなと、
そう思います。

人生でそういう人にめぐ会えたこと、
すっごく幸せ!だと感じます。

ジョンさん、ありがとうございます。