写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「挑戦」

昨夜はずーっと台本読んでました。
最初は長ゼリフの箇所にビビりましたが、
読み込んでいくうちに気づいた事があります。
あのお芝居を私たちにやらせようと思った脚本家の挑戦。
芝居に対する愛とか情熱とかいろんなものも見えてきて。

素晴らしいテーマのお話なのです。

長ゼリフがある役は無理、と決めてかかりましたが、
無理ならやめてしまえ、芝居なんかやるなと、
もう一人の自分の声が聴こえてきて。

いや、やめない。と答える私がいて。

これは私にとっても挑戦なんだなと思いました。

挑戦。

子どもの頃は挑戦の連続だった。
学校のテスト、受験、就職試験、好きな人への告白とか。

大人になってから、
人はいったいどんな挑戦をしていくものだろうか?
もう何にも挑まなくなる人たちも多いのではないだろうか?

台本を片手に、
いつの間にかそんなところまで考えが膨らんでいました。

私の人生は、
振り返ると挑戦の連続でした。
OLからいきなりプロの写真家の世界へ飛び込んで。
毎回の撮影現場が挑戦の場となって。

いま私は素人の人を撮ることが多くなってきたけれど、
被写体に向かって、
「これくらいでいいか」と手加減することあるかな?
と思い返してみると、それは全くない。
芸能人を撮る時と何も変わらない姿勢で撮影現場にいる。。。。

この脚本も同じなんだと気づきました。
あの長いセリフ。
素人には無理だろうと手加減したら、
あの台本は渡してこないだろう。
そんなことじゃなく、
きっといいものを作りたかっただけに違いない。
そう思ったら、
脚本、演出を手掛けるへいちゃんへの感謝の気持ちが溢れてきて、
たくさん泣きました。(物語の内容も、とても素敵で!)

きっとできる。 僕たちは創り上げる。

そういう、へいちゃんの熱量が伝わってくるよう。
彼にスレイブしながら、私の熱量も上がってくる。

きっとできる。 私たちは創り上げる。

右近さんからは
こんなメッセージが届きました。

『いちごちゃん

 台本データです!
 よろしくお願いします!

 配役はまだ未定です。
 やりながら決めていきます。

 進めながら変更していく箇所もあると思いますが、
 大きな変更はなく、ほぼほぼこの脚本で7月にデビューします ^^

 まずは、読んでもらって、
 共感出来る部分も、出来ない部分?も含めて、
 この脚本を大切にしていってあげてください。

 7月まで、
 この生まれたばかりの子を
 みんなの手で丁寧に育ててあげて
 みんなに愛される素敵な作品にしていきましょう。

 よろしくお願いします!

 右近良之』

長いセリフだろうが、短いセリフだろうが、
あの本の中のどんな役が来ても、
感謝の気持ちで受けようと決意しました。

よし。 いこう! 七月に向かって!

なんで七月に決まったのかわからないけど、
七月は私の誕生月だから、なんか嬉しい。
誕生月に初舞台!新しいチャレンジ。

お芝居を通じて届く
天使からの贈り物を受け取れるように、
そして、
観に来てくれるお客様たちの心にも贈り物を渡せるように、
がんばります☆



ーーーーー

いよいよ本日リリースです!
★大木ゆきのさんとのコラボbook!1/29発売★
『一瞬で宇宙とひとつに戻る本』(ヒカルランド刊)
表紙を含む全撮影を担当しました!