写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「LOVEパワー」


自分の与えてもらっている力をうまく使いこなす訓練...
何を意識して、
どうコントロールすればいいんでしょ?
何かヒントあれば教えてください。
ーーーーー

昨夜ある人からこんなメッセージが届きました。
とてもいい質問です!
個人的にお返事しようかとも思いましたが、
これまで自分が実践してきたことを振り返りつつ、
このエッセイで読者の皆さんとシェアしますne☆

自分が持ってる力を使いこなす訓練をするために、
「何を意識して?」とありますが、
自分の考え、行動、すべてにおいて徹底的に、
その判断基準を「愛」に置いたらいかがでしょうか?
愛は、
そこに在るか、無いか。どちらかです。中間はありません。
「ちょっとだけ在る」とか、
「だんだん無くなってきた」とか、
そういうことはないはずです。
いつでもそこに「在るか、無いか」だけです。
では、どうしたらそれを見極められるかというと、
自分の抱えている問題が複雑だと感じている時は、
愛が欠乏していると考えていいと思います。
愛の在る場所はシンプルです。
複雑ではありません。
物事が複雑になってゆくのは愛が消えているサインです。
また、
自分がただ「嫌な感じ」だけを受けている時も、
そこには愛が無いという証拠です。
具体的な例え話をするなら、、、

AさんがBさんに対して約束を破ったとします。
Bさんはカンカンに怒って、もうAさんとは絶交だと言います。
AさんはCさんとの約束も破ってしまい、
Cさんもまたカンカンに怒っています。
けれどCさんはそこでもうひとつ思いを巡らせます。

約束を破ったAさんは反省するべきだ
でもおそらく
この私が魅力的ではなかったことも原因のひとつだろう
誰かから簡単に
約束を破られるような魅力しか持っていない自分も
また反省するべきだ

さて、
BさんとCさんのその後は、
それぞれどのように変化していくと思いますか?
おそらくAさんとBさんはもう会うことはないでしょう。
AさんはBさんを心狭い人だと思い込み、
BさんはAさんを嘘つきの悪者だと一生思い込み、
また他の人とも同じようなトラブルが起きるかもしれません。
(いつも人のせいにしてばかりの生き方だから)
一方、Cさんはどんどん魅力アップして、
Cさんが交わした約束は、
誰からも大切に扱ってもらえるようになるかもしれません。

そんなCさんを見て、
Aさんもいつしか素敵に変わっていくかもしれません。
「あの時は約束を破ってごめんなさい」と謝ってくるかもしれません。
(相手は自分を映す鏡と思い、感謝しながら進む生き方だから)

これは、
そこに愛が在る生き方を選ぶとどうなるか?
無い生き方を選ぶとどうなるか?という、ひとつの例です。

愛のなかで生きてゆくということは、
恐れずに自分の個性を発揮しながら生きてゆくことです。
怒ってもいいんです。
泣いてもいいんです。
わめいても取り乱しても、
人と喧嘩したってかまわないんです。
そこに愛が在るなら。

そういうなかで、
心のコントロールは自然に成されてゆくでしょう。
種から双葉が出て、
やがて大きな樹木になるように、
私たちの心もゆっくりと成長してゆくはずです。

いつでも愛があれば。



お料理も愛を込めて作ると、
不思議と断然!美味しくなりますよね〜☆
昨夜からコトコト煮込んだラタトゥイユ。
喜びで手が震えるほど美味しく出来ました!