写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「言葉の向こう側にあるもの」


本心さんが、朝、淹れてくれたコーヒー。
この日のクリームアートは「Magicman!」。


彼らと言葉ではコミュニケーション取れないけれど。

一緒にいるだけで楽しい心になる。


セドナ滞在中に、
オススメのハンバーガー屋さんに連れて行ってもらいました。


西部劇に出てきそうな、アメリカンな内装。


私は基本の「チーズバーガー」をオーダー。
大きなナイフが付いてくるので、
これでザクザク切りながら食べました。
天にも昇る美味しいこのハンバーガーを作ってくれたのは、

この人たち!

ふふふ。
言葉は通じなくても、笑顔は全世界共通です。^^


言葉には大きな力があるし、
私は言葉の魔法(呪文の力)を信じています。
でも、
時に言葉はとても無力にもなるし、
かえって要らない時さえある。

「お先にどうぞ」
「ありがとう」
「よかったですね」

そう言ったとしても、
心がそういう状態じゃなかったら、
言葉なんて何の力も持たない。

何も良きものを運ぶことはできない。

大事なのは、やっぱり心。
目には見えない世界のこと。

いつもどんな時でも大切なのは、
言葉が発する波動なのだと思います。


誰かが、
自分に対して失礼な扱いをした時に、
腹を立てないでいることは難しいと、
たいていの人は思うかもしれないけれど、
それは、自分がその(表面的な)失礼な態度に
共感してしまっているからだということに気づくことができれば、
自分を守ることはできるはず。

すべてはそういう態度を取る人の問題であって、
自分には関係ないのだとわかれば。


あなたなんか嫌い、と言われても、
本当は好かれているということを感じることはできるか。

あなたを好きです、と言われても、
実は侮られているということを心の目で見つけることはできるか。


言葉の向こう側にある、何かを。


気に入らない波動は受け取らなければいい。

受け取りたいものだけを、受け取れば。


どんな時も、どんなことも、
自分で選ぶ自由があることを、
忘れてはいけないと思います。

人のせいにしたりはしないで。



★帰国して一番に食べた日本食はお蕎麦でしたが二番目に食べたのは、うな重!!
ご馳走になりました。ありがとうございます☆
ハンバーガーも夢のように美味しかったけどやっぱり日本のご飯は美味しいなあ。