写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「舞台の神様」

お仕事で大変お世話になった方から
ご招待いただきました。
久しぶりの国際フォーラム!
「朱鷲(とき)」という上海の舞劇。


いやあ、、、、素晴らしすぎました。

かほりんと観に行きましたが、
終演後、二人とも感激しすぎて言葉も出ず。

世界レベルの仕事って、素晴らしいなあ。

ライトの関係で、朱鷲(とき)というよりも、

途中からフラミンゴに見えてきた。。。

美しすぎるっ☆

ちょっとバレエっぽかったです。

私も踊りたくなってきた。

カーテンコールは自由に撮影してください、ということだったので、
iPhoneで撮ったけど。
仕事のカメラで撮りたかったです。






私は、これまでずっと、
映画の神様とご縁が深かったように感じるのですが。
近頃は舞台の神様がこっちを見てるような気がする。