写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

『まほうの絵』

夏野苺さま
魔法ショップ、開店時間にはドタバタで寝てしまい、さきほど来店してきました(^.^)
素敵でした。
苺さんは、現在トンネルの中で少しずつ歩まれてるようなことを書いていましたが、
確実に進んでいらっしゃるんだなぁ、と感じました。
品々が輝いてるように思えました。草花の生命力のように、
生き生きと力がみなぎっているような印象をうけました。
これから、もっと輝きをますような、、、
きっと苺さんがそうなっていかれるんではないかなと思わずにはいられませんでした。
どれも売約済みになっていて、
あっという間に決まったんだろうなと勝手に想像しています。
これからも、苺さんのご活躍を楽しみにしています(^.^)
ーーーーー★


メッセージどうもありがとうございます!
まほうShopの作品は、あとひとつとなりました。
夏野苺として活動し始めた初期の頃の作品です。
でも、写真ではなく、イラスト。
ドイツのファーバーカステル社のアルヴレヒトデューラーという
水彩色鉛筆で描いた作品です。
満月の晩に、ふたりの男が虹色の魚を釣ってるところ。
魔法使いのおばあさんが幸せの黄色い小鳥に魔法の歌を教えてるところ。
大きくなった黄色い鳥が、人々を助けに仲間と一緒に旅に出るところ。
魔法使いの使い魔(猫)が呪文の練習をしているところ。
やがて魔法使いになる運命を背負った、でも今はまだ小さな女の子。
これらが、1枚の中に全て描かれています。
額も、とても可愛らしいものを選びました。
ご縁のある方に、いつか受け取っていただけるよう願っています。
今回のまほうShopで誰も手をあげなかったら、
また次回。
秋まで決まらなかったら、箕面の小屋に持ってゆきますne★
この作品は、特別なので、
そう簡単には引き取り手がみつからないかもしれませんが、
天使と一緒に、ゆっくり探します。

(まほうShopは、今夜21:30まで)


今朝引いた天使のカードは「バランス」でした。
新月と同じメッセージ。
天使が伝えてる。
繰り返し、同じメッセージを。
誰かに。
あなたに。
私に。

受け取りましょう。しっかりと。

Merci beaucoup★