写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「今夜もありがとう」

私のちーさなお店、
たくさんの皆さんにいらしていただいて、
とても嬉しいです。ありがとう!
今日は、すごーく嬉しいメールを頂きました。

ーーーーー
夏野 苺 さま
初めまして。
「まほうショップ un secret」に入店させてください!
どうぞよろしくお願いいたします^^
苺さんのエッセイを偶然見つけたのは、
もう6年くらい前になるでしょうか。
ひと目で何か感じるものがあって、
それ以来、ひっそり.. 遠くから見つめていました。
エッセイを通して感じられる苺さんの「魂」の輝きを、
ただひたすら「すごいなぁ」と思いながら。
「魂の世界」を伝える人の中で、
苺さんほど真っ直ぐに突き抜ける確かなものを
持っている人を、私は見たことがありません。
ここのところ、過去のエッセイをず~っと読み返していますが、
特に「怒り」について表現しているエッセイが大好きです。
こんなに正しく怒れる人はなかなかいない、と思います。
私はクリエイティブな仕事をしていますが、
アーティストとしての姿勢も、とてもとても尊敬しています。
長い間、遠くから見つめているだけでしたが、
今日は思い切ってメールしてみました^^
いつも素敵なメッセージや作品を届けてくださって、
ありがとうございます。
ーーーーー


。。。。。泣きました。
ありがとうございます。
このメール、
何度も読み返しましたが。
すごいことが書いてあります。
読めば読むほどすごい。
ああ。
なんということ。。。。
今の私は真っ暗なトンネルちゅうなので、
このメールが光に見える。
こっちだ。
こっちの方向へ行けばいいんだな、と。
ん?
これは天使からのメールか?
はー。
本当にありがとうございます。
6年も前からエッセイを読んでくださっていたのですか。
まあ!
6年前といえば。。。。
ということで、2008年のエッセイを読んでみました。
ちょうど今頃の季節。
そうしたら「怒号」というタイトルのエッセイをみつけちゃった。
ふっ、、、、
怒ってる、怒ってる、わたし。
わー、すげーおこってるー(爆)
そーだなー
よくああして怒ってたなー昔は。
今はもう怒らなくなった、あまり。
表現手段が違ってきたのかも。
昔は、
私にとって「怒り」は
れっきとした心の表現手段のひとつだったのです。
もうあれ書いたの自分じゃないみたい。
笑える。
あんなに100%で怒っちゃうなんて。
今は作品をたくさん創ってるから、
それが生きるための一番の表現方法になってる。
そこに100%のエネルギーを使いたい。
だから、
今回のまほうShopでも作品を買っていただいて、
本当に嬉しいです。
あとふたつの作品が残っています。
むか〜しに描いたイラスト作品。
これは思い入れがとても強いので、お値段高くてごめんなさい。
買い手がつくまで気長に待とうと思います。
もうひとつは、おとといパッと描いた作品。
出来立てのホヤホヤ新作です。
お部屋に飾ってくれる人がいたら嬉しい。

お店は6/29の21:30まで。
48時間で消えちゃうからne☆
まほうの、お店だから。

今夜はもうお客さんは来ないかな?
私も眠ろう。

かみさまきょうもありがとう

みなさんほんとにありがとう

おやすみなさい☆