写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「変わる少し前の、この感じ」

自分が大きく変わる少し前には、
だいたいいつも同じようなことが起こります。

まず、
あまり気分の良くないことに遭遇します。

昔はその気分に、
流されに流されて、
もうずっと遠くの方まで流れゆき、
もう一度正しい場所まで戻ってくるのがとても大変でしたが、
今は「あらっ!」っとすぐに気づくので、
違和感を覚えたら、直ちに身の回りを見渡します。

私の場合、(というのは、ここは人それぞれ違うと思うので)
そういう時はだいたい部屋が散らかっています。

でも人生の片づけ祭りは終わっているので、
気づいて整えれば、すぐに部屋は元に戻ります。

それで、
帰ってくるのが大変になるほど遠くまで行かずに済むのです。

それから、
気分の良くなることをします。
私の場合は、(というのは、これも人それぞれだと思うから)
美味しいものを食べます。
かなり自分を励ましたい時は、
豪華なお食事に行くこともあります。

けれどこれは、
軽めの悪い気分を良い気分に戻す時の方法です。

重めの悪い気分には使えません。
なぜなら私の場合、ものすごーく気分が悪いと、
食欲が落ちてしまうからです。
何も食べる気がしない。
そんな時は重症です。食いしん坊のこの私が!
美味しいものを見ても心が動かなくなるなんて!

そうなったらたいへんです。

そんな時は次の手を使います。

それは私の場合、(皆さんはどうでしょうか?)
芸術的なものに触れること。
美術館へ行ったり、本を読んだり、映画を観たり、、、
アーティストの仕事に触れることで私の魂は息を吹き返します。
再びハートにパワーが戻ってくるのを感じます。
この時点で、食欲が戻ってくれば、快復です!

これでダメだったことは、
今までほとんどないのですが、
人生では時折、
本当に恐ろしい谷底へ落ちてしまうこともあります。

そんな時は天使に向かって叫びます。

力のかぎり「たすけてー」と。

それで助からなかったことは、まだ、
ただの一度もありません。

こうして、私はこれまでに、
幾つかの変化の波を乗り越えてきましたが、
思うに、
最初の違和感や嫌な気分というのは、
人生のコントラストだなと思います。
それがわかるようになれば、
あまり怖くなったり不安になったりしなくても
大丈夫だという気がします。

影があるから光を認識できる。

寒い場所を知れば暖かい場所を幸せに感じる。

悲しい思いをしたら嬉しい思いに何倍も感謝できる。

この世は陰&陽。 二つで一つの世界。

片方があるから、もう片方も見える。

だから嫌なことに出会うのは「ここじゃない」というサイン。
より良いものを選びなおすための、
望むものを目指すための、
道しるべ。
NGなことに遭遇するからOKなところへ移動できるんです。

どんどん進むなら、仕方ないこと。

というわけで、
私はつい最近あることでちょっと嫌な思いをしたので、
「ああ、またいろいろ変わる時期なんだなあ」
と思っているところ。

次の場所は、
どんな景色が広がっているでしょうか?

もう嫌な気分は無事に通過できたので、
今はとても楽しみです。


ーーーーー


★ただいま2月のワークショップの参加者を募集ちゅう★
詳細はこちらから御覧ください。
http://www.ichigo-natsuno.com/photo-magic-petit-workshop/

★夏野苺メルマガ登録はHPトップページ、
またはこちらをクリックしてお申し込みください★
http://www.ichigo-natsuno.com/magazine/
(月2回配信 無料)