写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「大事なことはみーんな猫に教わった」

という本があります。
スージー・ベッカーという人が描いた絵本。
詩人の谷川俊太郎さんが訳しています。

これね、
ものすごーく大昔に買った小さな本ですが、
ここに書いてあることは全く本当だなと思います。

実家にいるうちのネコ君たちにも
私はいろんなことを教わっています。

先日、ふと見ると、
めっちゃ最高ポジションで日向ぼっこしているミッシェル発見。

そこはいいねえ。
バッチリだねえ。

でもさー、
知ってる?
太陽って動くんだよ。
ずっとそこが居心地いい場所とは限らない。

とっさに私は人生に当てはめて考えた。

ふむ、
そうだよな。
今は陽が当たってポカポカ心地よくても、
ずっと光の中にいたいなら、
太陽と一緒に動いていかなきゃならない。
それが「努力する」とか言われることなのかも。

でも、もう一方の考え方もある。それは、

気持ちのいい時間が過ぎてもジタバタせずに、
信じてじっと同じ場所で待っていれば、
太陽の光は戻ってくる。
明日の同じ時間には
またポカポカタイムがやってくる。

人生でも、
ちょっとやそっとの変化に影響受けすぎて、
いちいち自分の信念を変えたりしていたら、
もう最後は何が何だかわからなくなってしまうはず。

ふーむ。
私はどっちがいいのかな。。。。

猫さん、教えて。


と思って、ふとまた見たら、、


いねー!
日陰になったら
いなくなっとるー。
(≧∇≦)

リビングには私一人だけだったのですが、
バカうけて大声で笑ってしまいました!

そうか!
やっぱり動き続けることは大事なんだな!

まあ、これは、
自分が人生でどんな目標を持っているか、
やりたいことは何か、
大事にしていることは何かによって、
人それぞれ違ってくることだとは思うけど。

私へのサインは、動き続けろ!と。
はい、そのように受け止めました。

で、
どこに行ったかというと、

さらに太陽サンサンの場所へ。

よく見たら、あれっ!チャミュエルくんもいた〜。


いや〜、
さすがだね〜。

猫は知ってるね〜。

ちゃんと、気持ちのいい場所。

そこへ自分を置くことの大切さ。

教えていただきありがとうございます。

猫と暮らしてる人じゃなくても、
人生に行き詰まったら、部屋を出て、
自然の中を散歩すると、
道行く野良猫や、空飛ぶ鳥たちや、
昆虫、植物たちが宇宙の秘密を教えてくれますyo!



悩んだ時ほど、
謙虚になろう。

なんでも教わるつもりで。

自分以外はすべて先生だと思って。


ーーーー

★ただいま2月のワークショップの参加者を募集ちゅう★
おかげさまで1月は満席となりました。ありがとうございます!
2月のワークショップの詳細はこちらから御覧ください。
http://www.ichigo-natsuno.com/photo-magic-petit-workshop/

★夏野苺メルマガ登録はHPトップページ、
またはこちらをクリックしてお申し込みください★
http://www.ichigo-natsuno.com/magazine/
(月2回配信 無料)