写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

『呼吸』


こんばんは。
あの時、この絵を観た瞬間
一目惚れでした。
それと同時に涙が止まらなくなってしまって、
悲しくて、悲しくて...
嬉しいはずなのに。
あの天使さんと共にしばらく泣いていました。
それから、テキストを読んで、
なぜ悲しく涙が止まらないか分かりました...
そして、また私もトンネルの中に居ることを自覚しました。
ずっと長いトンネルに居て、どうにか抜け出したくて、
問題を避けていました。
でも、スッキリするはずもなく...
そんな時に、苺さんは un secret をオープンしてくださって、
私は何か出会う予感を感じながらお店に入ったんです。
苺さんが描いた、この天使さんの姿が凄く綺麗で、
ココロの美しさや、涙に、こんなにココロが奪われるのは、
きっとサインなんだなと直感しましたよ。
しばらくは一緒に泣きながら、今日まで、
エッセイにあった写真をスマホの待受にして一緒に過ごしました。
今は、少し光りが見えた気がしてます!!
自分らしさを取り戻せそうな。
苺さんが手紙に書いてくださったように、
この天使さんがお守りしてくれています!
苺さん、素敵な絵を描いてくださり、
天使さんに出会わせてくださって、ありがとうございます。
感謝してます☆
いつも、苺さんの笑顔や、作品に助けて頂いてばかりです。
大切に、大切に、します。
そして、苺さんをお守り出来るよう祈っています。
はやく元気になって下さいね。
いつも、どんな時も、応援しています!!!
また、お会い出来る日を楽しみにしてます♡
ーーーーー


私事だけど、2月に、ちゃちゃが亡くなって
まだなにもしたくないって気持ちで。
母も、ちゃちゃがいなくなってから、
認知症も進んできたみたいで。
不思議ですよね
ちゃちゃの看病してた時は、ほんとに動きまわってたのに
食事の時も、途中なんども抱き抱えたり。
お昼休みに、家まで帰ったり。
1日おきに点滴やら、包帯の巻きかえで獣医さんに行ったり。
今はすごく時間があるのに。
で、今回、魔法のshopで
あの金環日蝕の写真を見た瞬間、体に閃光が走りました。
びびってくる。って表現、ほんとなんですね。
なんか、震えました。
今まで、ちゃちゃからいろんなものをもらってたんだと思います。
日蝕の光、私に何かを照らしてくれたような気が。
もすこし、心の切り替えには時間がかかりそうですが、
私も新しい一歩、踏み出したいと思います。
こんなきっかけをくれた写真。
私のところに来てくれて、ありがとう
なんか、うまく書けないです。
涙が出てきました。
いつも力をくれてありがとうございます。
ーーーーー





こちらこそ。
どうもありがとう。
私も涙が出てきました。
私は今、運命の乱気流の中を低空飛行ちゅう。
皆さんの言葉が支えです。
皆さんの言葉を胸に、ゆっくり呼吸しながら、
今日も生きています。

呼吸が止まらなければ、
生きてゆけるから。

吸って、

吐いて、

ただ静かにそれを繰り返すのみ。
こんな時は、
一歩ずつしか、

他に方法はない。