写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「天使のお店」

苺さん、こんばんは(^^♪
まほうshop開店前の時間に失礼いたします。
オープン後だと、私の心が忙しくなるので、その前に(笑)。
日曜の朝のことです。
私の部屋の窓辺には、苺さんのお店から、
びゅーんと飛んできた天使のサンキャッチャーが住んでいるのです。
毎朝カーテンを開けると射し込む光の乱舞がうれしくて、
その瞬間が大好きなのですが、
この日はその前にちょっとびっくりすることがあって!
久しぶりに7時半までゆっくり寝て、
カーテンを開けようとして、え!?っと。(@@)
カーテンのムコウの天使のハートが光っていたのです。
もうもう、ドキドキしちゃって大変でした!!!
確かにそこに『天使』がいて、光をとどけているのだと、
確信した瞬間でした。
うれしくなって、慌ててスマホを取り出して写真を撮りました。
なぜか手が震えました。
苺さん。
ありがとうございます。 おかげさまです。
ただただ、このコが我が家にきてくれたことへの感謝を伝えたくって。
満月の今夜。
喜びが倍増して届きますように。


この写真とメールを、昨夜のまほうshopオープン前、
満月の晩に見ました。
涙で霞んで画面が見えなくなるほど感動しました。
ありがとうございます。

私の創るものはどれも拙いものではありますが、
作品の中にはこんなふうに天使が住んでいます。
天使のスピリットが宿っているのです。
何度かエッセイにも書いてきましたが、
私が毎月オープンしているまほうのお店は、
実は私のお店ではなく、オーナーは天使です。
私はアルバイトの雇われ店長さん。^^
だから、
本当のオーナーの言うことを聞かなければいけない立場なので、
普通のお店のように、お客様に対して声をかけたりはしません。
ただ黙って見ているのです。
それが私の魔法修行。
すぐに言葉で伝えるって、簡単ですが、
(まあそれでも伝わらないことはたくさんあるけれど)
見守るだけというのは、なかなかのエネルギー訓練になります。

じーっと見ていると、
お客様に一番ふさわしいものが見えてきます。
パッとそれを手にする人、
なかなか手が出ない人、
その人それぞれの事情があるようです。
でも、
宇宙の法則はシンプルです。
いちばん大事なのは、
自分の未来を信じて歩めるかどうかということ。
行動のベースに自分自身に対する信頼がある人とない人では、
到達地点が圧倒的に違ってくるのです。
(かといってこれは自分の利益のことばかり考えている人とは違います。
 そんな人は論外です。おそらくそのうち、まほうのお店には入って来れなくなるでしょう)

「大丈夫」と思っている人は動けます。

そうじゃない人は固まり凍りつきます。

これは、
人生のすべての面で表れる心の問題です。

毎月一度だけオープンする
48時間で消えてしまう小さなお店は、
とても不思議なお店なのです。

お買い物しながら、
みんなが天使の授業を受けているのです。
(もちろんここでお店番しているこの私も!)

そして、
お店から旅立って行った作品は、
その人のところで「仕事」をし始めます。
(今日のメールのように)

ある日、持ち主が、
ハッと世界の秘密に気づくような、何かが起こるのです。
大抵はその人自身にしかわからないような、
とても個人的な出来事として起こると思います。

私は、
このメールをくださった方が、
日曜の朝の出来事に、どれほど驚いて、感激したか、
リアルに想像できます。 なぜなら、
私もこういう体験を繰り返してここまで来たからです。

ひとつ体験するたび、
ひとつ信頼してきました。
天使の働きを。

今日このエッセイを読んでくださった皆さんの心の真ん中にも、
どうか響きますように。

とてもたいせつな、なにか。


★まほうshop「un secret」へご来店希望の皆様へ★
今回は明日の夜、21時までオープンしています。
今からでもご来店希望される方は、
郵便番号、住所、氏名、連絡先を明記の上、
shop♩ichigo-natsuno.com(♩を@に変えて)まで、
メールにてお申し込みください。
私から直接折り返しご連絡いたします。