写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「渡仏前夜に思うこと」

今日は、箕面から、
たかさんのママがいらしたので、
代官山でランチして、
そのあと、渋谷でお茶しました。

ママが、
「わたし死ぬまでに一冊は本を書きたいわ」
と言うので、
「じゃあ!出しましょう!相談できる編集者はいるから」
なんて話してたら、目の前を知った顔が通り過ぎて。。。。。

びっくりしたわー。

あまりにもびっくりしすぎて、
そのびっくり具合は、
一瞬誰だかわからないと思っちゃったほど。

サンマーク出版の橋口さん!

『借金2000万円を抱えた僕に
 ドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ』
という長いタイトルの本や、
『あなたのなかのやんちゃな神さまとつきあう法』
という本を手がけた編集者さんです。

大学時代に箕面に住んでらしたんですって!
(それは知らなかったわー)
ママと名刺交換したので、
本当に本が出版されたらすごい。

でも、
人の縁って、こんなふうにヒョイという感じで、
結ばれたりするんだよね。

ヒョイといえば、
昨日初めて一緒に仕事した麻耶さんとも、
そんな感じ。

麻耶さんは、あまりにも顔が綺麗すぎて、
ホント笑えるくらい綺麗すぎて、

生まれてこれまで生きてきた人生って、
どんなだったかいっぱい尋ねたいことがある。
あんなに綺麗だったら、
もうそこに立ってるだけで見た人を幸せにするだろうから、
何もしないで、
呼吸だけしてればいいんじゃないかくらいに思っちゃうけど、
彼女はめちゃ勉強家さんのようです。
昨日もいきなりメイク前にこんなことをやり出した時は、
何かのおまじないか?と思ったけど、

パーソナルカラーチェックをしてるところでした。
(学校通って資格を取ったそう!)

私も今度やってもらおうか?

私は何色が似合うんだろう?

やってもらってその通りいうことを聞けるかが問題だけど、
(私はなかなか人の言うことを聞けない。好き勝手ばかりの人生)
なにやら面白そうとは思うので。




ゆいなさんは本当に可愛らしかった。

一度め撮った時より二度め。
二度め撮った時より三度めの昨日!
昨日が一番可愛かったです。
どんどん可愛くなってゆきます、まだまだこれから。
人は撮られるほどに、どんどん 輝きを増していく。
芸能人はみんなそうやって変身していくんです。

ゆいなさんは、あの「視線」がいいんだよね〜。
瞳からなんかマジックビーム出すんだよね。
メイクの麻耶さんは、
撮影を見てて鳥肌立って、びっくりしちゃったらしい。
ゆいなさんの天性のチカラだね。
ぜひ一流の有名女優さんに成長して欲しいです!



パリから帰国したらこのエッセイやフェイスブックに
写真をアップするので、
いちらーの皆さんも応援してne☆
感想などたくさん送ってくれたら嬉しいです!
ゆいなさんや、事務所の社長にも伝えますne!

事務所の社長といえば、、、、

昔、ジャニーズ事務所のスターさんだった人です。
学生の頃、
下敷きの中に彼の写真を入れてる同級生とかいたわ!
いま一緒に仕事してるのが不思議な感じです〜


はー。

私も遠くまで来ました。

もっと行きますyo☆


今年は春先にちょっと心の調子が悪くなって、
自分の未来や過去が怖くなって、
いろんな人のところへ行っては情けなく泣いたりしてたけど、
そんなことしても誰も助けてはくれないんだよね。
それは、
助けてくれない人が悪いわけじゃなく(もちろん!)、
私のやってることが無駄だったってこと。
人生のトンネルに迷い込んだ時は、
暗闇の中を一人でトボトボ自分の足を使って、
出口まで歩き続けるしかないんだよね。
まあ、それでも、
無駄だとわかっていながら「それしかできない」時ってあるから。
人に甘えたり、泣いたり、
どんな時も自分の気の済むようにしたらいいと思います。
今は、
あの時に黙って優しく話を聞いてくれた皆さんに、
とても感謝しています。

結局、時が過ぎて、
またこうして楽しく元気な時間がやってくるんだから、
落ち込む時は徹底的に落ち込んで、
無理に元気出そうなんて思わないで、
調子出ない時は、
かっこ悪いまま進んだらいいと思います、心から。


ぷっ。^^