写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「撮影→あっくんの個展→鰻→演奏会」

昨日は、朝から某女優さんの撮影。
途中、炎天下の上野公園でのシューティングもあり、
お昼ご飯を食べる時間も取れないまま、
一時間押したけどなんとか無事に終了。
大変でも、すっごく楽しい現場でした!

終わってからすぐに
あっくんの初個展へお邪魔するため原宿まで向かいましたが、
押した分だけ約束の時間に遅刻。
そして、ヘロヘロになってる私にとって、
まるで地獄絵図のような竹下通り。。。。
あまりの人の多さにびっくりしてしまい、
(スイスイ歩くことなんて、とてもできないほどっ!)
あっくんのところに到着した時には死にそうになってました。
かっちゃんが冷たい飲み物を用意してくれていたので、
よかったー! ばっちりチャージ完了☆
かっちゃんが大天使ラファエルに見えました。


個展会場は、まるで箕面のあの小屋のよう!
あっくんの作品世界はとても好きだと感じます。
小さな空間だったけど、とっても心地よくて、
あっくんの写真は、いつまでも見つめていたい。
あっくんの言葉は何度でも読んで心に刻みたい。
そう感じさせる世界。

ふと、私の中で、あっくんと何かコラボしたいな〜と思ってしまいました。
そしたら、すぐ隣にいた、
かっちゃん夫妻や、みわちゃんも一緒にどうかな?と感じて、
ちょっと未来の絵が見えちゃった。

ということは、たぶん、本当にやるな。。。
私は、
未来が透けて見えたのに、
その後に実現しなかったってことはこれまでひとつもないので。

ワクワク気分のまま、
土曜の丑の日はうなぎだよ!と私が言い出し、
あっくんの個展会場を出て、みんなで鰻屋さんへ。
かっちゃんが調べてくれた、初めて行くお店。

(みんなそれぞれ箸置きの模様が違ったけれど、
 偶然、私のは蜂の巣模様みたいでウケた!)

白金台にあるこのお店、
大、大、大正解で!すっごく美味しかったです。
お店の雰囲気も、店員さんの接客も、
何もかも全てがパーフェクト。

うな重が運ばれてきてからは、
誰も語ることなく黙々とただ食べてるだけ、、、、
という時間の流れに、途中ツボった私でしたが、
実はみんなも同じように感じていたらしく、
食べ終わった後に笑いあってしまいました。

鰻を堪能し切る、土用丑の日の心静かなるキムゼミメンバー。

その後、さらに静かなる世界へ。

クラヴィコードという、中世の楽器の演奏会へ行きました。
これはピアノになる前の楽器だそうで、
奏者は、かっちゃん曰く「天才」だそう。。。。

そうね。

そうかもね。

なんというか、もう、ムードが、凡人離れしていた。。。

お客さんはわずか30人ほどしかいなくて、
八角形のコンサートホールの前方に、
皆で、ちんまり集まって聴きました。
演奏中、ホールの灯りは消えて、
暗闇にロウソク一本だけ。

クラヴィコードの演奏を聴くのは、
楽器の性質上、30人ほどが限界だそうです。
なぜなら、とて〜も小さい音なのです。

初めの一音を聴いた瞬間、
「天使の囁きだっ!」
と感じました。
そう、まるで、
天使の声に集中する時と一緒の身体反応が、
演奏中ずっと私の中で続いていました。
貴重な体験だった。。。。
お茶の世界とか、
かっちゃん夫妻はいつも私を新しい世界へ誘ってくれるので、
とても感謝しています。

(演奏終了後、許可をもらって触らせてもらった)

朝は、ばーん!と爆発するように(撮影モードで)始まり、
最後は静かに(演奏会の中で)瞑想するように終わった、
そんな一日でした。

ありがとう、私の人生、
まいにちたのしいです。^^