写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「2016.6.21 夏至」

昨日の満月はいかがお過ごしでしたか?
私は午後から撮影で、
夜は汐留のホテルのラウンジで打ち合わせをしていました。
ちょうど月が昇ってきて、見ることが出来て嬉しかったです。
夜中近く帰宅する際に再び見た月は、ぼんやり薄雲のなか。
まわりに虹の輪が出来ていました。
昨夜の満月は、ストロベリームーンと呼ばれる、
特別に赤く見える月だったようです。
そんな私と同じ名前の月を、
遠くアリゾナ州のセドナで見ていた友達がいます。
あの本心さんにも無事に会えたと、
一緒に撮った写真を送ってくれました。
見た瞬間、こみ上げるものがあり、泣いてしまいました。
私もまた本心さんに会いたいなあ。
セドナ、、、行きたいなあ。
大自然のなかで、自分は本当にちっぽけなんだと、
正しく知ることができるあの体験はとても素晴らしいものだから。
そう、つまり、
自分のちっぽけさを知れば、
そのちっぽけな自分が悩んでることなどさらにちっぽけで、
ばーんと笑い飛ばせるくらいの、実に取るに足りないことなのだと、
スーッと理解できるから。
自然のなかへ出かけると呼吸が楽になるのです。

さて、
私の名前が付いた昨夜の満月、ストロベリームーンナイトに、
「魔法使いの弟子」の駆け込み申し込みをたくさんの方からいただきました!
(実はメルアドが違う上に、締め切り時間を1分過ぎてる人がいて、ちょっと笑った。
 きっと焦りながら申し込んでくれたんだと思う!ありがとー)

ーーーーー

毎日1分朝のおまじないの本で苺さんを知ってから
ホームページなどを楽しく読まさせてもらっていました。
去年に色々なことがあり、しばらく苺さんから遠く離れていたのですが、
久しぶりに今日ホームページを覗いて、
魔法使いの弟子の本が必要な気がしてどうしても手にしたくなりました。
今の私には高価な買い物になりますが思いきります☆
苺さんいつも素敵な魔法をありがとうございます(*^_^*)


いろいろと小さい悲喜こもごもを味わっている毎日です。
でも、それも人生だな~と少し楽しむ余裕が出来ているのも、
いちごさんの毎日の言葉に気づかされたり、
エッセイから勇気づけられたりしているお蔭です。
魔法使いの弟子の申込をお願いします。
なぜか今回は、「満月に申し込もう!」と決めて、
手帳と携帯のスケジュールでアラームを設定していました。
ぎりぎりになってしまいましたが、どうぞ宜しくお願い致します。
東京はすでに夏日もあるようですね。
どうぞご自愛されつつ、今後のご活躍を楽しみにしております。
(今年後半からのいちごさんは、ずんずんずんずん透明になってさらに自由になって、
私には思いもつかない、ご活躍をされそうな予感。。
でも、自由とは覚悟の無いものにとっては本当は怖いものですね。
どきどきしつつ、私も私を地道に頑張ります☆)


またまた滑り込みになってしまいました。
魔法使いの弟子Vol.17,18 を1冊づつお願いします。
今回の発売を知ってvol.1から読み返してみました。
その当時の記憶が蘇ってきて懐かしい感じと時間の流れを感じました。
いちごさんにはいつも人生の分岐点で呼ばれている気がします。
今回もそうで、7年勤めたケーキ屋さんを辞め、ある資格を取ろうと訓練校に通ってます。
ケーキ屋さんに転職したのは魔法使いの弟子vol.1を読んで決心したんです。
あれから色々あったけど、今回も人生の進路変更中に発売とは何かありそうな気がします。


新しい本の完成、おめでとうございます!
一冊めから、ぜーんぶ持ってますよ!
9月の初めころに、赤ちゃんが生まれる予定です!
いまもお腹のなかでぐーるぐる動いております。
新しい本を読んで、出産の準備をしたいです^^
ーーーーー

わあ!無事に元気な赤ちゃんが生まれますように!
大きくなったら一緒に個展に遊びに来てね☆
ストロベリーナイト駆け込みセーフちゃんたち!
みなさん、ありがとう!(全てご紹介できずにごめんなさい!)

「魔法使いの弟子」ですが、
このあと来月に入ってから、vol.18はまだあと若干販売できそうですが、
おそらくvol.17の販売はすでに終了、、、という形になるかと思います。
本日より今月いっぱいまで、通常予約の受付をいたします。
希望者はこちらをチェックぷり〜ず☆

http://www.ichigo-natsuno.com/essayDetail.php?486

今日は夏至ですね。
東京は雨降りです。
あの雲の上には広がる青空と太陽の光。
こちら地上には恵みの雨が降る。
素晴らしいなあと感じます。
今日はこれから、
今までずっと話したかったけどなかなかそういうタイミングが来なくて
だけどとうとうゆっくり話せる時間を持てることになった!
という人に会いにゆきます。
ありがたい。
とっても嬉しいです!