写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「ミラクルハニーパワー☆」

はちみつ、はちみつと騒いでいたら、
出版ゼミの同期のみかちゃんが、
「知り合いに蜂蜜に詳しい人いるから紹介するよ」って
声をかけてくれたので、
さっそくいそいそ行って参りましたyo☆(日光から戻ってすぐの頃)
場所は銀座。東京のど真ん中。あるビルの屋上。
友達の友達を紹介してもらうくらいの気楽な気持ちで行ったら、
蜂蜜協会の理事長の奥様だった。。。。
最初だけ緊張したけれど、
気さくにいろいろミツバチのことや蜂蜜のことを教えてくれたので、
いっぺんで仲良しになりました☆


みかちゃんと私。
この防護服〜〜〜〜気分上がる〜〜〜↑↑↑
テレビで見たことあったけど、実際に着ることになるとはーっ!


ブンブン飛んでます!
作業しながら、ミツバチだらけ。


すごい数のミツバチ。
ここ、銀座のど真ん中。東京です。。。。


蓋されてるところをナイフで削って、


ドラム缶を改良したみたいなものに入れて、
くるくるハンドルを手で回して、
遠心力で蜜を飛ばして、

下から出て来た蜂蜜を集めます。

気の長い作業。
これを淡々と何時間も(時には半日以上も)繰り返していくそうです。
純正の蜂蜜、高いはずです。。。。苦労の賜物です。
巣箱から板を取り出す時、中腰になるので腰を痛めてしまうこともあるらしい。
この根気が無いと「甘けりゃいーだろ」的になってしまい、
水飴混ぜたりしちゃうんでしょうね。。。(そういうのは安いです)


そしてこの日に伺ったお話のなかで、一番感動してしまったのは、
ミツバチの一生について。
私は全く知らなかったのですが、ミツバチの命は30日間だけなんですって。
しかも、最初の20日間は、巣の中で女王蜂を守る時間。
最後の10日間で蜜を集めるために空を飛ぶんだって。
私はその話を聴きながら泣いたね。
はー。
ますます蜂蜜が大切すぎるっ!
ひと匙ずつ、大切に頂こう。。。。。

ここで採れた蜂蜜は、松屋銀座の地下にある「ラベイユ」というお店で買えます。
在庫数は少なく、少々お高いのですが、
採蜜作業を見学&体験した後では安いくらいに感じてしまう。


理事長の奥様、さやかさん。(左)ゼミ仲間のみかちゃん。(左)

見学が終わったあと、
ハーブティをいただきながら、たっくさんの蜂蜜の味見をさせてもらいました!
てんごくぅ〜〜〜〜〜☆

楽しい一日でした☆

私の蜂蜜コレクションも徐々に増えて参りましたが、、、

今のところ、栗とか蕎麦とか、癖のある蜂蜜が好みです。
薄い色より、茶褐色の、鉄分豊富な蜂蜜の味が好きです。
花粉も買ってみました☆(写真手前の金色の粒)
サラダやヨーグルトやスムージーにパラパラっと振りかけて食べるのですが、
ロイヤルゼリーやプロポリスのように栄養があるらしい。
私は見た目が可愛いので買いました!(←理由が変。すみません。汗)


5月の末、秋田から戻ってすぐ、青梅を蜂蜜に漬けました。(和歌山の梅)
今年はお酒はやめて、梅のシロップを作ろう!と決めたのですが、
去年はキビ砂糖で漬けて、それもとっても美味しかったんだけど、
やっぱり今年は蜂蜜だよね〜と思い、
梅の他は蜂蜜以外なにも入れずに作ってみたところ、、、、

こんなに水分がっ!

一ヶ月経って、美しい黄金色に輝く液体が完成しました。

ひとくち舐めて、ひっくり返りました!
なんて美味しいのでしょおかーーーーーーーーーっ!
お砂糖で作るより、甘さ控えめ、梅の酸っぱさが立ちますが、それがいい!
そのまま、おちょこで飲んでもいいし、
炭酸やお水で割っても良さそう。
取り出した梅はおやつに毎日いただきます!
(これを作ったすぐあとに、まりさんからもお庭の梅をいただきました〜。
 やっぱり蜂蜜漬けに!^^)

おやつといえば、
秋田で親戚のおばちゃんに教わりました、梅を蜂蜜で煮る方法。
休み休み、一週間ほど火を入れ続けるそうです。

私は蜂蜜の量を少しにして二日間だけ煮ました。
そして、粗熱を取ったあとに蜂蜜を足しました。

これがまた気絶する美味しさなのです!
小さじ一杯分くらいを、朝起きた時と夜眠る前にいただきます。
飛び回るミツバチの、あの姿を思い浮かべ、感謝しながら。

ありがとう、ミツバチさん。


ーーーーーー

〜あと三日です!〜
☆『魔法使いの弟子vol.17&18 』ただいま先行予約受付ちゅう☆
(予約受付は6/20満月まで!)
「魔法使いの弟子」シリーズは、
2008年の最初のリリースから、今回で18冊刊行したことになります。

vol.17のテキストは、約10年ほど前に書いたものです。
いま読むと、この数年後に出会う、こんまりさんとのご縁も
ただの偶然ではないなあと感じます。
かつて私が憧れていた暮らしはすべて手に入りました。
小さなことを積み重ね続けた結果のことです。
長い道でも、歩き続ければ、必ず辿り着けるのです。
それと、もうひとつ、
時々ファインダーの中で遭遇する天使について書きました。
vol.18は、
運気を上げてゆくということ、
その一点にフォーカスした書き下ろしです。
私が日々、実際に行っていることを書きました。

魔法使いの弟子vol.17(価格 3,500円+消費税、送料&手数料300円)

※『この世の天使』
〜撮影をしている時、
ファインダーの中に天使をみつけることがあります。
私は、
写真を撮ることを通して、
世界の真実に触れることができるのです。〜
(本文より)

※『スモールスペース』
〜無駄なものがどんどん消えてゆき、こうして、
必要なモノだけに囲まれて生きている感覚に、幸せを感じます。
人間関係の整理もうまくなったなと思います。
このことから、
ひとつの気づきは人生のどの部分にも応用できるのだということを知りました。〜
(本文より)

魔法使いの弟子vol.18 (価格 3,500円+消費税、送料&手数料300円)

※『How to Lucky up』
〜この小さな本を開けば、
いつでもあなたは自分の運気を上げることができます。
ただし、それには、
約束がひとつあります。〜
(本文より)

※『金運アップへのアクション』
〜すべての行動は「力強いか」「弱いか」のどちらかです。
本気で自分の運気を上げようと思うなら、
この小さな本に書かれていることに従って、力強く動いてください。〜
(本文より)

※『正しい心の使い方』
〜必要な答えは、時期が来ればもたらされます。
訪れない答えは受け取る必要の無いものです。
どんなに宇宙が広くとも、
私たちは大丈夫なのです。〜
(本文より)
ーーーーー

『魔法使いの弟子』は、CDサイズの、小さな小さな、本です。

~お申し込み方法~
住所 氏名 連絡先 注文部数を明記のうえ、
shop♪ichigo-natsuno.comまで(♪を@に変えて)
メールにてお申し込みください。
★アドレスの一部が新しく変更になっています。お間違いないように!★

こちらから申し込み確認の返信を差し上げた時点で、
予約確定となります。
(メールの事故なども想定し、
申し込みから三日経ってもこちらからの返信が届かない場合は、
大変お手数ですが再度御連絡いただけますようお願い申し上げます)

二冊同時にお申し込みの方、
手数料、送料は300円(1冊分だけ)になります。

発送は、
7月中に皆様のお手元に届くよう予定しています。

たくさんの方々からのお申し込みを
心よりお待ち申し上げております。

☆☆☆☆☆☆☆

追記)
今回の販売は一般書店での取り扱いはありません。
夏野苺オフィシャルサイトでのネット販売のみとなります。