写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「メタモルフォーゼ  〜短い旅★その1〜」


毎年5月には、秋田へ行きます。妹の命日があるから。
別に秋田で生まれたわけじゃないんだけど、
妹の旦那様のいとこが、住職としてお寺を守っていらっしゃるので。
ここにお墓を、というのが彼女の遺言だったらしい。

お墓は、ちょっと変わった樹の下にあるの。
私はいつも、ここに立つと、宇宙を感じる。


お寺の裏手から道がのびていて、

泊まった翌朝にここから散歩するのが好きです。

なんて素晴らしい場所なんだろう!

何処へ行っても、田舎の人は「なんにもないよ」なんて言うけれど。
こんなにも完璧に何もかもが自由に生きているではありませんか!
とても、とても、豊かな世界。

あそこに見えるのはアカシアだよ、と教えてもらいました。
蜂蜜に恋している私は大感激!
ああ、あの花の蜜を集めるのね。。。。

側に寄って香りを嗅いだら、たしかに!
あの「アカシアの蜂蜜」の香りがする〜

見ることができて嬉しい。幸せです。

突き当たりまで行くと、今度は左右に道がのびていて。

右の道はこんなふう。

左を見ると、こんな。


右を選んでちょっと歩きました。

少し遠くに妹が眠ってる場所が見える。

一緒にお散歩できて楽しかった。ありがとう。


縁は不思議なものだなあ。
妹が亡くなってからここに来るようになったのです。
悲しい物語から、幸せが生まれることもあるのです。
時間が経てば、魔法がかかる、すべての出来事。
過去だけを見て未来を決めつけちゃいけない。
どんなことも、
どんな人も、
みんなまだ道の途中なんだから。

どんどん形を変えて流れてゆくことを、
自分に許しながら進もう。

秋田へ来た時のお楽しみのひとつ。お寺さんの朝ご飯。

ぴっかぴかの住まいから生まれる食事。
早朝から家族全員で掃除。
お寺中に響く読経の声。
凛とした生活の中から、
こういう食事は生まれるんだろう。

美味しくて。
身が引き締まる。
見習いたい。


いぶりがっこ。秋田名物?


私に配られたお茶碗。金の羽を持つ蝶々。
蝶のメディスンは「メタモルフォーゼ」。
変容を暗示するメッセージを伝えに来る。

変われ  変われ  恐れるな


東北地方へお住まいのみなさん、
ぜひこのお寺へ足を運んでみてください。
とっても不思議な、風変わりなお寺なんです。
境内にはたくさんの観音像。
なぜか自然とどんどん集まってきてしまうらしい。
(檀家さんからの贈り物とか。。。)
たしかに、
私が最初に行った時から、数は増え続けているような。
観音様を引き寄せるパワーのあるお寺さんなんだなあ。

建物はとても古そう。
どのくらい前から続いてるお寺さんなんだろう?
(今度行ったらこのお寺の歴史を詳しく尋ねてみたい)
私は、教会や神社が大好きなんだけど、
今のアトリエがある場所は、古いお寺がたくさんある街なので、
最近は特にお寺に親近感を覚える。

この大きな銀杏の木。
触れば、ホオポノポノにも通じる扉が開くよう。

ここは、「後三年(ごさんねん)というが最寄り駅みたい。
歩くと30分くらい?
散歩するにはちょうどいいでしょう。

私は、
山門をくぐったすぐ左側にある龍神様の碑に釘付け。

日光東照宮の、鳴き龍の絵を思い出します。
すっごいパワー!!!

こちら、ご住職の、康裕(こうゆう)さん。

忙しく全国を講演で飛び回っていらっしゃるので、
偶然会えたらラッキーです☆

私は、宗教のことはよくわからないけれど、
信仰心は厚いので、いつかこうゆうさんとお話会のイベントなど開催してみたいです。
こうゆうさんの声、、、とっても素敵なのです☆
毎朝、妹にお経を唱えてくださってるそうですが、
なんとそれは幸せなことかと思います。
ありがとうございます。

妹が亡くなってもう8年になりますが、近頃、彼女の声が聴こえるような気がします。
それは、あるはっきりとしたメッセージなのですが、
いま私は、天国へ向かって心の中で力強く返事をしているところ。

「よし、わかった。それはおねえちゃんに任せとき!」



★おまけの写真★
さて、これはいったい何でしょう?

答え:へび。
親戚、家族みんなで、金運についての話をしていたところ。
苺ママがいきなり「ちょっとあれ見て〜」と庭を指さし、叫び出しました。
そこには散歩中のへびが!網戸越しに慌てて撮影したからボケてるけど、
金運の話と蛇。。。。。。 最強すぎます★
(苺ママは妹の化身だと言ってたけど、、、私には大黒様の化身に見えた。笑)