写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「びっくり新月」

もうそれはそれはとってもはしゃいで楽しい夜でした。
まほうのお店に常連さんや久しぶりのお客様もみえて。
お買い物していただいて。
嬉しかったです。

明日勤め先の卒業式なんです、という人。
(学校の先生?)
最近うまくいかないことが多い、という人。
この作品に一目惚れした!という人。
アメジストは誕生石なんです、という人。
いろんな人がいらして、皆さんからの言葉を噛み締めていました。
その中でも、

一晩、迷いました(^^:)。
いえ、朝になっても、迷ってました。
もう私は、いちごさんの作品をたくさん持っているし...とか、
金額のことも、ひっかかりました。
でも...
でも、やっぱり私はこの作品に惹かれました。
特に滝から流れ下ちる水と湖が、気持ちよくて。
水音が聴こえてくるようで...。

この言葉には心打たれました。
ありがとうございます。
私の作品をたくさん持ってくださってるとのことですが、、、、
それでも、作り手にとっては、ひとつずつ全てが全く別の個性を持ったものです。
私たち人間のひとりひとりがみんな違うように。
だから「夏野苺の作品」というひとくくりとして、たくさん持っているとしても、
「でも、やっぱり私はこの作品に惹かれました」
というように、ひとつずつの輝きを受け止めてもらえることは、
作者にとって無上の喜びです。

実は、新月の晩にはしゃぎすぎたのか、翌朝起きたら発熱してました。
先日「知恵熱」かと思ってたけど、実は風邪だったのかも。。。。
咳や喉の痛みはありませんでしたが、くしゃみが止まりませんでした。
悪寒も辛く、ベッドから起き上がれなくなってしまいました。
朝のカードを引いたら「さらにチカラを注ぐ」というキーワードが出ましたが、
ネット上にアップすることもできず、
どんどん熱は高くなり、だんだん心細くなってきました。
せっかくの月に一度のまほうショップなのに、お店番ができない。。。。
それでも有り難いことに、
素敵に勝手に自由に(笑)店内をご覧頂き、オーダーくださるお客様☆
私はどんなに励まされたことか!
熱にうなされながらも、希望と勇気を取り戻せたのでした。
感謝してもしきれません。
本当にありがとうございます。

たまに病気になって床に臥せっているといろ〜んな思いが生まれます。
振り返ると、
何かが大きく変わる前にはいつもこんなことになるような気が。。。
運気も体調も、一時的に不安定になったりして。

繰り返す、安定と不安定。
山が高ければ谷もまた深く。

いつも同じってないんですね。

いつまでも同じ、って。

だからどんな今でも、大切にしようと思います。

★新月の晩に久しぶりに焼いた「忘れんぼのバナナケーキ」が美味しすぎた!

まほうのお店は今夜21時までです★