写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「魔女と天使のカーニバル☆個展初日スタート!」

昨日はあれからランチにお好み焼きを食べに行きました!


わーん、さすが大阪!美味しすぎますー。

幸せ気分のまま、梅田から箕面へ移動。

小屋へ到着した瞬間「ただいまー」と思いました。
なんか、帰ってきた感がこみ上げてきて。

(個展会場の小屋の扉。オーナーさん手作りの小さなおうち)

ここは毎年パワーアップしていて、
どんどん「育ってる」気がします。


(小屋の隣にあるカフェ)

土地の神様というものがいるとしたら、
その神様がどんどん成長しているような、
そんな場所なのです。


(小屋の前にある雑貨ショップの壁)

もう四年も連続して
この素敵な場所で個展させていただくことに感謝しながら、
まずは深い祈りを捧げました。

さて、
このちっさい小屋のなか。
どんなふうに飾り付けていこうか。

しばらくじーっと小屋のなかをみつめて。
それから、
先に着いていた荷物をほどいて、
作品をチェックして、
一気に集中して展示を始めました。

やっぱりすいすい勝手に作品たちが自分の場所へ向かっていく感じ。
本当にこれは不思議だなーと感じます。
ぴたっときれいに全て収まって、一時間ほどで終了。

やったー☆
うれしい。

完成直後の写真を撮ったけれど、
それは初日を楽しみに来てくれるお客さまのために、
まだ内緒にしておきますne☆^^
来てからのお楽しみ!ということで。

今回の展示は、写真作品が中心となりました。
パリで撮影した、
エッフェル塔&スーパームーン、
エッフェル塔&朝陽、
この写真がとてもとても好きなので。
「魔女と天使のカーニバル」というコンセプトと、
関係ないようですが、
パリは魔法の国だし、天使もたくさん飛んでる街だから!
ということで、これらの作品を選びました。
エッフェル塔は、
アミュレット(お守り)のモチーフとしてよく知られているし、
(高く上っていく人生を象徴)
お部屋に飾ったら護符になるので、
今回の個展に向けて、魔法アイテムとして制作しました。
エッフェル塔と、
スーパームーンや生まれたばかりの太陽(朝陽)を組み合わせることにより、
より一層パワフルに!


毎年個展できる私自身もそうですが、
お客さんとして来る皆さんにとっても、
ここに来れるということはとても素晴らしいことなんだということを、
心から感じてほしいと望みます。
昔、熊野にご縁があって、三回ほど続けて通ったことがあるのですが、
その時お世話になった語り部のおじさんからこんなことを言わました。
「熊野は、全ての魂が必ず通る場所。
 でも生きている間に来れる魂と、死んでから来れる魂に分かれる。
 あなたはこの短い時間に三回も呼ばれたのだから、
 熊野の神様の声をよく聴きなさいということ」
これは、
熊野の限らず、全ての場所に通じる教えかな?と感じます。
何度も足を運ぶ場所とは深いご縁で結ばれていて、
そこから学ぶことがたくさんあるということなのだと思います。
逆に、
ご縁が無ければどんなに行きたい場所でも辿り着くことはできないのでしょう。
何気なく普通に行ける場所でも、
本当はとてもとても有り難いことなんです、きっと。

また今年も箕面に来れる皆さん、素敵です!
四日間だけですが、楽しい時間を一緒に過ごしましょう☆
試食用のパリのジャムも持って来てますyoー☆
それから、お客様には天使のカードを引いてもらって、
それを「今の言葉」として記念に持って帰っていただきます!^^
カードはお守りとして持ち歩いてくださいne!
パリで買ってきたカードなので、フランス語ですが。
単語なので、調べれば意味はすぐにわかると思います。

天使のベルも小屋の窓辺に並んでいるので、
実際に鳴らしてみてください。美しい聖なる音が響きますyo♪

では!
「魔女と天使のカーニバル」
今日からスタートです☆