写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「しあわせおとこ」

昨日のエッセイで、
私が名古屋で行った櫃まぶしのお店を紹介しましたが、
書き忘れたことがあるので、ここに追記しますね。
あの日、美味しい櫃まぶしを食べ終わって、
お会計の時にレジの後ろに飾ってある写真をみつけました。
それは、
「本日の焼き師」(たしかそんなような言葉だったような)と書いてあって、
板場で鰻を焼いている人の写真。
名字は忘れたけど、名前が「幸男」だったのを覚えています。
(顔写真と一緒に名前も紹介されていた)
ゆきおさんか、さちおさんかわからないけど、
つまり「しあわせおとこ」だよ!
みつけた瞬間、お!これは縁起いいなー★と嬉しくなりました!
お店には何人も鰻を焼く人がいるのかな?
きっとどの人が焼いた鰻も美味しいのだろうけど、
このエッセイを読んで行かれる人がいらっしゃったら、
同じ人に当たると面白いですね。^^
わたしは、
しあわせおとこさんの焼いた鰻を食べてきましたので。
ふふふ♪