写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「天使の言葉」

行く手に壁が立ち現れて、前へ進めなくなった時は、

必ず天使に尋ねます。




天使、、、、




人によっては、

神様だったり、宇宙だったり、心の声だったり、、、




いろんな呼び方、例え方があると思いますが。




私の場合は「天使に相談する」という表現が一番しっくりきます。

これまでうまくいかなかったことが一度もないので、

私にはこの方法が一番合っているのだと思います。




さて、その天使。




どんな時も的確なアドバイスをくれるのですが、

時として、天使の声が聴き取れなくなる時があります。




それは、、、、




私に聴く姿勢がない時。




決まって、天使の声が途絶えることで、

私は自分の姿勢の間違いに気づきます。




聴く姿勢がないとは、




自分の考えに執着していたり、

正しくあることに固執していたり、

失敗を恐れすぎて萎縮していたり、

怒りや心配に支配されすぎていたり、

感謝の源を忘れたり、おろそかにしたり。




そういう状態の時です。




これは無意識に、日々の流れに巻かれて徐々にそうなっていくので、

天使にいくら話しかけても何も聴こえなくなってから、

やっとハッと気づくのです。




こうなると、

無理に状況を変えようと頑張って外側に働きかけても、

悪循環に陥るだけです。




変えるべきは外側ではなく、内側だから。




軌道修正方法としては、

楽しいことをやる、好きな人に会う、美味しいものを食べる、

お風呂に入る、読書する、散歩する、舞う、創る、よく寝る、

たいていこのやり方でまた天使の声が聴こえるようになってきます。




自分をリラックスさせて、自ら開いていくということが鍵となります。




すっかり道を間違えてから地図を探そうと思ってもうまくいかないので、

予め、心の地図は用意しておきます。

迷った時のマジカルアイテム。

「間違った!」ということに気づきさえすれば、

落ち着いて正しい道へと戻ることができます。




しかしながら、




この最初に「気づく」ということが一番重要で、一番難しい。




間違ったことに気づけなければ、地図も使えない。




自分の気づきは、自分で見つけるしかない。

人によってどこに気づきのポイントがあるかわからないからです。




どうやって自分のライフマップを作成していくか。




日々、魔法学校で伝えています。




私にとっても根気のいる作業です。




でもそれがとても幸せ。




生まれてきて、最も楽しいことは、




成長していけること、変わることができること、だから。


ーーーーーーー

☆古いMacから新しいMacへメモ機能データの移行をしてたら、
   こんな文章を見つけました。
   いつかどこかへ書いたものかな。
   今日新しく降りてきたギフトとしてまっさらな気持ちで受け取ろう。

☆まほうshopは今夜21時で閉店です。
 全てのお客様に今年もたくさんのありがとうを贈ります!
  来年からもよろしくお願いします。

ーーーーーーーーーー