写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「あるパーティ会場で」

ゆうべ、ある秘密パーティに潜入。
私はあまり大きなパーティは好きじゃないけれど、
プライベートパーティ的なものは、ちょっと好き。
それに、
誘ってくれた人が私の信頼できる人だったので、
興味惹かれて行ってみたのでした。
そこは都内某所、とてーも豪華な会員制倶楽部の秘密のお部屋。
迎えてくれたホステス役の女性は素敵な方でした。
パーティ冒頭、彼女にご挨拶させていただき、
共通の知人がいることが判明。
お料理もおいしく、数名の方との新しい出会いもあり、
行ってよかったなーと思いました。
でも、私の脳裏には今、
ニューヨークで真っ白いドレスを着てレッドカーペットを歩く、
こんまりさんの姿が焼き付いているのでした。
(「世界で最も影響力のある100人」のパーティ会場の様子)
昔の私だったら、
夕べの華やかなパーティはただただため息ものだったと思うけれど、
世界は広いのでした。今はそれがわかるから。知ってしまったから。
東京で開かれるパーティくらいではもうビビらないのでした。
それは、
私の意識レベルが上昇している証拠かな。
一般の普通の家庭に生まれ育った私にとって、
昨日のような場所は初めてだったし、
調度品や置いてある家具、絵画などのアート作品、建築そのものとか、
なにもかもがハイレベルなんです。
まだまだああいう光景は私の「日常」ではないけれど。。。
でもビビらない。
スっと馴染むというか。とても心地よかったのです。
天使が、束の間私に見せてくれたハイクラスな世界。
これから未来のビジョンを描く時、
私はたびたび、
昨日のキラキラ輝く夢のお城のような会場の雰囲気を思うでしょう。
素晴らしい体験でした。
ありがとうございます!

こんまりさん、
いま世界の頂点にいるのだろうか。
あそこは山のてっぺんなんだろうか。
今度会ったらどんな感じか尋ねてみたい。
みなさん、
何がすごいって、彼女は片づけてあそこまでいったんですよ。
ただただ、どんどんどんどん、黙々と、片づけ続けただけで。
それがすごくないですか?
それで世界の100人に入っちゃったんですから。
やっぱり自分を信じるってとても大切なことなんですね。
彼女は自分の人生で、ある確かなものを実証したんです。
だからね、みなさんも片づけましょう!
もう一度、本も読み返して。
まだ動いてない人は、実践しましょう!
「本当の人生は片づけた後に始まる」
と、こんまりさんは仰っています。
片づければきっと、世界が動き始めるでしょう。
あなたが今見ている、その毎日が。

素晴らしい未来がやってくるかも。
素敵な仕事が見つかって。
幸せな結婚が決まって。
欲しいものがなんでも手に入るくらいお金もたくさん。
一直線でそこまでいくかもしれないし。

もしかしたら、
急にお金が無くなり始めるかも。
失恋するかも。
離婚するかも。
あれ?わたし不幸なの?って感じるようなことが起きるかも。

でもそれは人生の好転反応みたいなものだからね。
そこで怖がっちゃいけません。
そこを突き破るかのように、さらにグッと進んで。
けして怯まずに!
いえ、
足が震えるほど怖くてもいいから、
震えながらでもとにかく次の一歩を踏み出すことです。
泣きながらでも動き続けることです。
もしも行きたい場所があるならば。
欲しいものがあるならば。

さあ、もっと、
片づけの魔法を使いましょう☆
私たちの前には、
あんなに素晴らしいお手本(こんまりさん)が、
いるのだから。



★先ほどのサンマーク出版の公式ツイートによると、
こんまりさんの片づけ本シリーズは、
日本国内で累計200万部を突破したそうです。
私が、表紙を含む全撮影を担当したのは、
シリーズ三作目の「毎日がときめく片づけの魔法」(写真右)です。
おーい、今年のGWはおうちで片づけ祭りだよ〜。
運気変えたい人は出かけてる場合じゃないよ〜。笑