写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「2018.7.7 本日W初日を迎えました!」


一昨年の秋に撮影した映画、
瀬々敬久監督の「菊とギロチン」。

昨日NHKのアサイチでも特集されていましたが、
本日、より公開です!

劇場では出演者の舞台挨拶も予定されています。

私はスチールスタッフとしてこの映画製作に参加しましたが、
なんと!
私の所属する「Tokyo演Joy倶楽部」の公演も、
本日が初日なのでした。
というわけで、私は
「菊ギロ」の初日イベントの応援に行けなくて残念なのですが、
自分の場所で自分を頑張りながら応援することにします。
もし、この投稿を見て、観てみようかなと思われた方は、
ぜひ劇場に足をお運びください!

もちろん「Tokyo演Joy倶楽部」の応援もよろしくお願いいたします!
私が「緒川やよい」役で出演するのは、8公演中、4公演。
ご予約いただいた皆様のおかげで、
7日夜公演、
8日昼公演、
15日夜公演(千秋楽)の3公演は満席となっております。
ありがとうございます!
7月14日の昼公演はまだお席に余裕がありますので、
今からでもご都合つく方は是非いらしてくださいね!

Tokyo演Joy倶楽部 初公演『ラブレターズ』
詳細はこちらをクリックしてご覧ください。

http://www.ichigo-natsuno.com/tokyojoy-vol.1-7


今朝は四時に目が覚めました。
ぱちっと。爽やかに。
昨日、素敵なメールが届いたのです。
ーーーーー
明日が本番、なのですね。
先程エッセイで、最後のお稽古中にセリフが飛んだ、とのこと...。
私の、アマチュアではありますが、コーラスやオーケストラの本番で
何度も舞台に立ってきた中で
「直前のミスは神様からの贈り物」と捉えるようになりました。
プロの方々はそんなこと言ってられないかもしれませんが、
直前のリハで、それまでにやったことのないようなミスをする、
すると、本番では、大丈夫なんです。
初めての舞台、自分がどれだけ緊張しているか、
その緊張は当たり前のものであり、
それだけ打ち込んできていることの証、でもあります。
どうか明日、そしてそれ以降の舞台、楽しんで演じられますように。
きっと、大丈夫です。
ーーーーー

そうだ。
きっと大丈夫だ。。。。。
このメールをお守りに。千秋楽まで頑張ります。
ありがとうございます。

今日会場に見に来てくださる皆さん、
お気をつけていらしてくださいne☆