写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「さよなら2014年 おしまいの日」



実家に帰るとよく行くイタリアンレストラン。
昨日、甥っ子のれったんを連れて行きました。
素敵な店員さんがいるのだけれど、
こんなプレートをサプライズで出してくれちゃった!
ああ、素晴らしいなあ。こういう心。

今年は、
試練の嵐の中を歩く旅
という一年だった。
それでも、
最初は辛いだけだったのが、
次第に学びの姿勢に変わって、
今年後半は、なんだかものすごい高いレベルの、
宇宙クラスの授業を受けているような気分になった。
どんな試練も「教材」にしか見えない。
こうなるともう、感謝のパワーで乗り切れちゃうね。
だって、あらら、もう今年最後の日だって!



今日は、
夜明けからベランダで空を眺めて、
お掃除の仕上げをしてから、
近所の神社へご挨拶。


      (今年最後の朝陽)
アトリエを引っ越して、
須佐之男命のお膝元に呼んでいただけたことは
本当に有り難いことで、
今年一番嬉しかったこと。
神社の境内は、お正月の準備で活気づいてて、
ここはものすごいパワフルな場所だな〜と、
つくづく感じながら今年最後の参拝。

それから、車で、遥か遠くまで。
吉方位の神社へ行きました!
着いた所は鹿島神宮。
今年は何度通ったことか。
大祓の儀に参加して、
大好きな奥宮と、茶屋さんへ。
年末のご挨拶をできてよかった。
気持ちもきりりと引き締まった帰り道、
あまりにも夕陽が美しく、
車を路肩に止めて撮影しました。

2014年おしまいの日。とても素敵な一日でした。


             (今年最後の夕陽)

皆さんは、今年はどんな年でしたか?
私は、ファンの皆さんや家族、友人たちに
支えてもらい続けた一年でした。

不安が止まらない夜

もう一歩も前に進めないと泣いた日

恐怖に震える瞬間

どんな時も、
助けてくれる人たちがいてくれたこと、
感謝してもしきれません。
特に、
私の作品を買ってくださった皆さんには、
なんとお礼を申し上げ、
どんな恩返しをしたらいいものか。

ほんとうにありがとうございます。


まもなく明けますね。

いちばんはじめから。

また、始まりますね。

みなさまどうぞよいお年を。

2015.12.31  夏野苺