写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「個展の感想ありがとう!」


夏野 苺さま
きょうは、本当にたくさんの貴重な
バトンを受け取らせていただき(目に見えるもの、見えないものも。)
ほんとうに、ありがとうございました...!
帰りぎわに、夏野さんが手を握ってくださって、その手がとてもとてもあたたかくて。
そのことが、大切なことを物語っている気がしました。
あの魔女のおばあちゃんは、リトルミイやシャバクリャクによく似ています。
悩みを相談したら、
''なにをそんなに深刻になっているんだかね!''なんて、言われそうです(^.^)
ハワイの留学が決まったら、一緒に連れて行きたいです。
意外な組み合わせに存在感バッチリで、ものすごく格好いいです...!
そのことを思って、帰りに寄ったカフェでも、
''はああ〜 あの発想がかっこよすぎる...!''と、
何回も 夢見るようにため息をつきました。
あの空間に、作品に、夏野さんご自身に、これほど会いに行きたかったのだなあ と
行ってみると いつも、しみじみ 実感しています...!
...どうやら、雨が降りはじめたようです、
どうかあたたかくなさってお過ごしください(*^_^*)
こうやって、クリーンになって余分な心配がしっかり洗い流されて
それを繰り返しつつ新しい自分になってゆくんだな、と思います。
ありがとう ございます...!



今日はお会い出来て嬉しかったです!
はじめて箕面の個展にお邪魔しましたが、素敵な場所でした。
今度はぜひご飯も食べたいです(笑)美味しそうでした~。
自分への誕生日プレゼントとして何か買いたいな。とは思っていたのですが、
苺のブレスレット買えてよかったです!届くのを楽しみにしています。
個展おつかれさまでした!



こんばんは。
昨夜はとても素敵な時間をありがとうございました。
ちょっとしたトラブルで着いたのが開始ぎりぎりになってしまったので
「個展会場の方は見られないなぁ」ってあきらめ気味でしたが
朗読会後に見せてもらえたのは本当に嬉しかったです。
小さなワクワクと一緒に旅をしてくれる
Aliceという仲間にも出会えましたしね^^
自分にとって作るということが苺さんの言う魔法なんだってことも。
朗読会の夜に聞いた色々なことが絡まり合って、
自分の中にストンと落ちてきた気がします。
朗読会の苺さんと西の魔女、2人の声はとてもここちの良い音楽でした。
2人共低めの柔らかく響く声で、穏やかな気持になるものでした。
アンジェリカの香りも、湿った針葉樹のような落ち着くいい香りでした。
あの小さな会場の中、時折アンジェリカ以外にお茶と、
柑橘類のような香りがしていたのも印象的でした。
音と香り、どちらも目に見えないけれど心と体に響くものですね。
苺さんから送られてくるものも、湿って苔むした森のようないい香りに包まれていますしね。
ハロウィンの夜、一度死んで
そして今日からまた新しい生を始める
今、その言葉を実感しているところです。



苺さんへ
私は今年もどうしても行けませんでした。
何を言っても言い訳になってしまうので、
来年の為に初めての500円貯金を始めたり(ムーミンビスケットの赤い缶に♪)、
来年用の根回しをしたりしていました。
ブログで、毎日作品展の様子とかをわくわく読むと同時に、
去年の作品展の時同様、行けない罪悪感で胸が痛かったです。
なので作品展中はメールを送れず、
心の中で毎日応援したり祈ったりおまじないしたり、苺さんを想っていました。
確かに作品展には行けてないけど、心から支えて、
毎日苺さんを想って過ごしていた人は私以外にも結構いるんじゃないかと思います。
知ってもらいたくてこんなメールをしてしまいました(^^;)
今年も電車の乗り換えや駅からの道、前日までの段取りなど、
実際行くシミュレーションをしました。
当日は悲しくて落ち込みすぎましたが、実現に近づけたようでよかったです。
3日のお話を読み、
箕面に着いたらぜひ最初に橋本亭に行って腹ごしらえしようと嬉しくなりました♪
サルンポワクにも苺さんと会った後に。
とても長くなってしまいましたが、苺さんがうれしそうでとってもうれしいです。
来年のカレンダー楽しみにしています。