写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「この世の天国」

今年は桜の当たり年ですねえ。
フェイスブックやインスタのタイムラインは、
桜、桜、桜の写真オンパレード。
どの人の投稿もウキウキ楽しそう。
自然には「必ず」とか「絶対」は無い。
いつどうなるかわからないものだから。
こんなふうに満開の桜を温かい気候の中でのんびり見物できるのは、
本当に尊い幸せ。人々が浮き立つのもあたりまえですねえ。


実家近くの神社の周りが、まさにパラダイス!
どうしてかな?去年まで全く気づかなかった!

こんな場所があったとは!
これはー!
すごい!!

濃いピンクの桜。なんていう品種だろう?


紅白めでたい桜の競演。

足元には星空のような可愛い花々。

早朝にミルクティーとサンドイッチ持ってまた行きたい。
ここに座って、台本読んで、セリフを覚える練習したい。


今朝は、カヤバ珈琲に行って台本読みしてたら、
隣の席にいた素敵なおじさまから「劇団に入ってるの?」と聞かれて
可笑しくなっちゃったけど、
間違いじゃないから堂々と「はい!」って答えました。


役が決まったので、これからは
ひとり稽古や全体稽古だけではなく、
絡みの多い役の人と一緒に自主練稽古もたくさんしていきたい。

実は、私の役、
密かに一番やりたいと思っていた役だから、
本当に嬉しい。

どの役に当たっても頑張るという覚悟はできていたけれど。
やっぱりやりたかった役だと、すごく嬉しい。

この役がやりたかった理由は、ふたつあります。

ひとつめの理由は、
すべての役のセリフを台本見ながら稽古中に読んだ時、
なぜだかこの役だけ、すーっと自分に馴染んだから。

ふたつめの理由は、
この役は自分の使命だと感じたから。
なぜかというと、
お芝居のネタばらしはしたくないから、
今はまだ本当の本当は言えないんだけど、、、、


ここ数年、私の個展に来た時に雑談しながら、
自分の家族問題のことで涙をたくさん流した人たちが何人かいて。。。。

一番最初にこの台本を受け取って読んだ時、
緒川やよいのセリフとか、彼女の置かれた状況などから、
その泣いた人たちの顔がいっぺんに浮かんできて。。。

ああ、ひょっとしたらこのお芝居は、
天使からあの人たちへの伝言なのかもしれない。
だとしたら、
私が伝言を届ける役になりたい。
緒川やよいになって、あのセリフを言いながら、
個展で涙を流した人たちと一緒になって現在(いま)を超えていきたい。

まだ悲しみの門をくぐりきれていない人の手を引っ張る役として、
もし私に白羽の矢が当たるなら、緒川やよいを演じ切りたい!と、
役が決まるまでの間、静かに強く念じていました。

だから、
右近さんから「緒川やよいは、苺ちゃん」と発表があった時、
心の中で「やったー!」とジャンプしちゃいました★

私が最初に感じたことは、きっと間違いじゃない。

この感覚は、正しい。

あの時に泣いた人たちみんなが
お芝居を見に来てくれるかどうかはわからないけど、
それでも私は、届けようと思う、緒川やよいになって。

天使からの伝言を受け取って、
お芝居を観に来てくれる人たちに届けたい。

いま毎日そういう気持ちでセリフを心に刻み込んでいます。


結菜さんが、動き回りながらセリフを声に出していくと、
覚えやすいよと教えてくれたので、いま試してるところ。
確かに。
そんな感じがする!!!^^


7月の本公演に北海道から来てくれると、
今朝のフェイスブックにコメントが入っていて、
ピリリと身の引き締まる思い。
ありがとうございます。 すっっっごく!嬉しいです。


メンバーのみんなと一緒にがんばります☆



★先日は脚本家の旺季志ずかさんが稽古場に見学に来てくれました!

(私が所属する)
★Tokyo演Joy倶楽部★デビュー本公演決定!

2018年 7月7日、8日、14日、15日の四日間。
場所は東京、日本橋にて。
公演時間、メンバーの出演日発表はこれから!^^
Tokyo演Joy倶楽部の稽古の様子などは、フェイスブックページでアップしていきます。
みなさん、ぜひ「いいね!」ボタンを押してページに参加しながら応援してください。
よろしくお願いします!
朗読会前は40名くらいしかいなかったフォロワーさんが、
現在はもうすぐ200名を突破する勢い!ありがとうございます!!!!!!



★夏野苺メルマガ登録★
こちらをクリックしてお申し込みください
http://www.ichigo-natsuno.com/magazine/
新月&満月 月2回配信 無料