写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「圧倒的な時間のなかで」

昨日は、1日限り復活の社会人キムゼミに参加してきました。

一緒にお茶をしながら仕事の相談に乗ってもらったり、
食事会やイベントに参加したり、
ジョンさんとはよく会っているけれど、講義を聴くのは久しぶり。

いやあ、、、、
素晴らしすぎて言葉もない。

終わってからの懇親会で、
「あなた一言も発しなかったね」と言われてしまいましたが。
そう、私は、
最初の自己紹介以外は、6時間、ただ黙って参加者の皆さんの話や、
ジョンさんの言葉を聴いていただけでした。

圧倒的なゼミだった。。。。

私もあんなふうに、
対象者に向かって話せるようになりたい。

昨日のゼミに参加してわかったことは、
いま私が女優倶楽部に所属している意味について。

ただ趣味として芝居に興味があって楽しみたいとか、
そういうんじゃなくて(だって別に演じることに興味なんてなかったもの)、
自分のこれからの仕事、、、
例えば撮影中の被写体とのやりとりとか、ワークショップとか、
そういう場面で、
自分の伝えたいことを正確にわかりやすく「表現」していくための
訓練をしているんだな、と、そんなふうに強く思いました。

表現するって、読んで字のごとく、表に現すってことだから、
開いてないとできないことだと思うのです。
閉じていると無理。
これは、
無口だからダメとか
饒舌だからいいとか、
そういう性格的な表面のことではなく。
たとえば内向的な性格だったとしても、
心は開いてないと。
何か、宇宙の源みたいなものに対して。

すべては、
その開いているところから生まれるものだと思うから。

ジョンさんに会うと、頭と心がフル回転します。
体に例えると気持ちいエクササイズをしているような。

私は今、
ジョンさん、トゥモローさん、右近さんに、
この世で会えたことに感謝しています。
みんな私の人生を刺激してくれる大切な人。

今年の予定はまだ真っ白なんだけど、、、、
個展もどうしようか?イメージが思い浮かばない。
毎年やってるスタイルの個展ではなく、
今年は7月にお芝居の公演もあるし、
朗読と個展を合わせたような、
初めて試みる形でみなさんとお会いするのもいいな〜とか、
いろいろ思い巡らせています。

写真の仕事はたくさんしていきたい。
それに付随するワークショップやお茶会も。(これから企画します)

今年は、どんな場所で、どんな人たちと会えるかな?
そのことを考えると、ワクワクしてきます。

★おまけ写真★

キムゼミ同期のIさんのお子さん!
わー!まだ0歳児だけど、
まほうカレンダー見てるー☆☆☆ か、かわいー。かわいすぎるー!
こんな幼いうちから、まほうカレンダーを手にするとはっ!
(いい意味で)末恐ろしい!!!きっと素晴らしい人生を歩んでゆくに違いない。
個展の時のテディベアといい、
私の作品が赤ちゃんに好かれることを
とてもとてもとても!光栄に思います。
ありがとうございます!(赤ちゃんの写真は許可を得て掲載しています)



★いちごバザールを開催します!
今年最初の新月。1/17より。
参加ご希望の皆さんは、
住所、氏名、連絡先を明記の上、
shop♩ichigo-natsuno.com(♩を@に変えて)まで、
メールにてお申し込みください。

すでにお申し込みいただいてる皆さん!ありがとうございますー。