写真家 夏野苺のブログ&エッセイ

写真は魔法の道具

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆
夏野苺のツイッターはこちら
夏野苺のフェイスブックページはこちら

朗読会の日にちが決定しました。
女優倶楽部というニックネームで呼んでいる素人劇団のみんなで
人前に立つのはこれが初めてになります。
3月3日、4日の二日間。
全員揃うわけでもなさそうですが、
これからリハーサルや稽古に入り、
スケジュールの合うメンバーのみで朗読会をします。
場所や時間の詳細は、追ってお知らせしていきますが、
去年私がプロフィール撮影を担当した、
詩人の堀江菜穂子さんの「いきていてこそ」を読む予定です。
和歌山のイベントで読んだ時に、とても好評でしたので。

近々、右近さんと、出演メンバーのみんなと一緒に、
なおさん(菜穂子さんのニックネーム)に会いに行って、
ご家族の方々と打ち合わせします。

なおさんにお会いするのは撮影以来だから、とっても楽しみ!
私は、なおさんとテレパシー会話できる感じなの。
なおさんの詩をどんなふうに読んだら素敵かしら?って、
いろいろ相談してこようと思います!

今年は、なおさんの声になって、
たくさんの場所で「いきていてこそ」を読み歩きたいです。

先日配られた台本のお芝居も、
7月公演の予定で、来月から稽古に入ります。


はー。

ぐぐ、ぐぐぐっと、運命が動く音がする。。。。。


★見てこれー。この前の大黒ダルマと、セドナで買ってきたカチーナ。お雛様みたい!^^



もう本屋さんで買いました!という人たちがいて嬉しいです。
ありがとう!これからもたくさん応援してください。
★大木ゆきのさんとのコラボbook!1/29発売★
『一瞬で宇宙とひとつに戻る本』(ヒカルランド刊)
表紙を含む全撮影を担当しました!

昨夜はずーっと台本読んでました。
最初は長ゼリフの箇所にビビりましたが、
読み込んでいくうちに気づいた事があります。
あのお芝居を私たちにやらせようと思った脚本家の挑戦。
芝居に対する愛とか情熱とかいろんなものも見えてきて。

素晴らしいテーマのお話なのです。

長ゼリフがある役は無理、と決めてかかりましたが、
無理ならやめてしまえ、芝居なんかやるなと、
もう一人の自分の声が聴こえてきて。

いや、やめない。と答える私がいて。

これは私にとっても挑戦なんだなと思いました。

挑戦。

子どもの頃は挑戦の連続だった。
学校のテスト、受験、就職試験、好きな人への告白とか。

大人になってから、
人はいったいどんな挑戦をしていくものだろうか?
もう何にも挑まなくなる人たちも多いのではないだろうか?

台本を片手に、
いつの間にかそんなところまで考えが膨らんでいました。

私の人生は、
振り返ると挑戦の連続でした。
OLからいきなりプロの写真家の世界へ飛び込んで。
毎回の撮影現場が挑戦の場となって。

いま私は素人の人を撮ることが多くなってきたけれど、
被写体に向かって、
「これくらいでいいか」と手加減することあるかな?
と思い返してみると、それは全くない。
芸能人を撮る時と何も変わらない姿勢で撮影現場にいる。。。。

この脚本も同じなんだと気づきました。
あの長いセリフ。
素人には無理だろうと手加減したら、
あの台本は渡してこないだろう。
そんなことじゃなく、
きっといいものを作りたかっただけに違いない。
そう思ったら、
脚本、演出を手掛けるへいちゃんへの感謝の気持ちが溢れてきて、
たくさん泣きました。(物語の内容も、とても素敵で!)

きっとできる。 僕たちは創り上げる。

そういう、へいちゃんの熱量が伝わってくるよう。
彼にスレイブしながら、私の熱量も上がってくる。

きっとできる。 私たちは創り上げる。

右近さんからは
こんなメッセージが届きました。

『いちごちゃん

 台本データです!
 よろしくお願いします!

 配役はまだ未定です。
 やりながら決めていきます。

 進めながら変更していく箇所もあると思いますが、
 大きな変更はなく、ほぼほぼこの脚本で7月にデビューします ^^

 まずは、読んでもらって、
 共感出来る部分も、出来ない部分?も含めて、
 この脚本を大切にしていってあげてください。

 7月まで、
 この生まれたばかりの子を
 みんなの手で丁寧に育ててあげて
 みんなに愛される素敵な作品にしていきましょう。

 よろしくお願いします!

 右近良之』

長いセリフだろうが、短いセリフだろうが、
あの本の中のどんな役が来ても、
感謝の気持ちで受けようと決意しました。

よし。 いこう! 七月に向かって!

なんで七月に決まったのかわからないけど、
七月は私の誕生月だから、なんか嬉しい。
誕生月に初舞台!新しいチャレンジ。

お芝居を通じて届く
天使からの贈り物を受け取れるように、
そして、
観に来てくれるお客様たちの心にも贈り物を渡せるように、
がんばります☆



ーーーーー

いよいよ本日リリースです!
★大木ゆきのさんとのコラボbook!1/29発売★
『一瞬で宇宙とひとつに戻る本』(ヒカルランド刊)
表紙を含む全撮影を担当しました!

七月公演の台本が届きました。
さーっと目を通して、
途中でびっくり。
ものすごい量の長ゼリフ発見。
あの役、誰がやるのかしら?
すごいわー。
私は無理。覚えられるわけない。
どうやって練習すればあのセリフが頭に入るのか、
想像もつかない。
役者さんって、すごいなあ。
知れば知るほど神業の世界。

うちの劇団の場合、いきなり配役を決定しないで、
少し本読みをやってから役を決定するらしいので、
次回からのワークショップがますます楽しみ!

そういえば、
二月の中旬頃に朗読会をやることになったと、
この前のメルマガで告知したけど、
三月に延期になりました。たぶん、お雛様の頃。
決定したらメルマガでお知らせしますne!



神田にある「野菜居酒屋玄氣」というお店の
オーナーご夫妻と仲良しになり、
去年の暮れからもう5回も行きました!
女優倶楽部のみんなと、
キサブローさんや仲間たちと、、、、
昨日は、
SHITO HISAYO着物軍団と!^^

楽しすぎて笑いすぎて、福来るムード全開です!

神田で呑むことがあったら予約して行ってみてください。
行った時のお楽しみとして、ここに詳細は書かないでおきますが、
運が良ければオーナーが案内してくれる、
「店内ミステリーツアー」←私が勝手につけた名前。笑
に行けるかもyo!

野菜居酒屋玄氣
http://yasaiizakayagenki.favy.jp

なぜかいきなりバズーカ砲を持ち出すオーナー。笑

当たっちゃった、女優倶楽部の、さーちゃん。

苺さん、

好き!と告白されて嬉しい私。ありがとう!

今度、オーナーさんをSHITO HISAYOへご案内する約束しました。
(ぜひキサブローさんとも行きたいっ☆)

オーナー自作の帽子。
野菜と果物いっぱい。何じゃこりゃ?

同じものが欲しいです!!^^

私のためにもう一つ作ってください。

みんなで順番に被りました。笑

オーナーの奥様の焼く天然酵母パンも絶品!
平日11時半より店頭で販売。
夕方には売り切れてしまう大人気の美味しいパンです!

ーーーー
いよいよ明日リリースです!
★大木ゆきのさんとのコラボbook!1/29発売★
『一瞬で宇宙とひとつに戻る本』(ヒカルランド刊)
表紙を含む全撮影を担当しました!


★おまけ写真★
SHITO HIAYO着物軍団のお一人。奥様が熱烈な大木ゆきのファンなんですって!

大黒天の話ばかりしていたら、
今日、こんなだるまさんに巡り会いました。

大黒天様を抱えてるっ!(なんでー?)
我が目を疑い、二度見してしまいましたー☆
こんなの見たことない!
でも、
これは東北では伝統的なデザインらしい。
買う時に色々説明してもらいました。

後ろ側もかわいいの。

梅の花が咲いてるわー。

数年したら、いちごバザールで手放すかもしれないけれど、
しばらくは私のアトリエの守り神になってもらいましょう!
どんな福を運んできてくれるかしら?楽しみです。


★おまけ写真★
日本橋の千疋屋さん。大好きなプリンアラモード。
ここのプリンはラム酒が効いていてとっても美味しい!!

久しぶりに行って食べました。

嬉しい!
今日のワークショップ、ちゃんとセリフ言えた!
ちゃんとできると途端に楽しい。
この一週間、自主練して、準備して、今日に臨みました。
もうこの地味な方法しかないなー、と思います。
二度と先週のような思いはしたくないから。
本番までしっかりやります!

今日、演出家のへいちゃんが、
「心を折るなとは言わないけど、折る必要はどこにも無いんだということは伝えたい」
と言った時、胸の真ん中でキュン!と素敵な音がしました☆
納得と、安心と、確信と、希望と、少し恋にも似たような。
いろんな感覚が入り混じったような。

新しいスイッチが入った音。

演出家とか、監督とか、
こうやって演者のハートのスイッチボタンを押し続けていく。。。
それが仕事なんだろうな。
もしかしたら、撮影の時に私が無意識にしていることと同じなのかも。

ワークショップのたびに感じます。
同じ物事をあっちからとこっちから見ることができる人生を、
私は今、歩いてるのかもしれないって。

ああ、苦しいけど、楽しすぎる。創造の世界!

今日の空気はピーン!と張り詰めていて、私、好きでした。

なぜ張り詰めたかというと、
初めて、へいちゃんが、「台本、外してみようか」と言ったから。
途端にみんな、台本の最終チェック!

右近さんもへいちゃんも「なんか稽古場っぽい!」て嬉しそうに笑ってたけど。

私もそう感じた!

みんな、何のためにこんなことしてるのか?
今はまださっぱりわからないけど。

きっとこの先にあるであろう答えをつかまえたい、どうしても!

そのためなら、
何度でも乗り越える。

壁なんて。

何度だって!


★おまけ写真★

最近、神社よりお寺がマイブーム。

いや、相変わらず神社も好きなんだけど。

お寺に呼ばれる数が多くなってきました☆
着物を着るようになったことと何か関係あるような気がする。
これもまた、答えはこの先に。たぶん。ね?