写真家 夏野苺のブログ&エッセイ

写真は魔法の道具

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆
夏野苺のツイッターはこちら
夏野苺のフェイスブックページはこちら



写真作品が完成しました!
あとはマット加工を画材屋さんに依頼して、
額にセットするだけ!やったー。うれしい。
まことにうれしい!
なぜこんなにも嬉しいのかというと、、、

実は先週、印刷機が壊れてしまって、
自分でプリントできなくなってしまったのです。
これはたいへん!
私はなんでも自分の手で創りたいから。
写真プリントも自分でやりたい。
微妙な色のニュアンスとか。
うーんと唸りながら何度もやり直したりしながら、
写真を自分の心に近づけていく。
この作業を人任せにはなかなかできません。
大型の作品となると、プロラボの助けを借りなくてはならないけれど、
私の作品は比較的小さいものばかりだから。
とはいえ、印刷機が壊れてしまっては、仕方ない。
久しぶりに某プロラボさんへ行ってみることにしました。

が、

このラボ、受付の男性がとても不機嫌そう。
人生を楽しく生きてなさそうと一発でわかるような。
イライラしたモノの言い方で、
私の作品を観ながら、
「こういう小さいのって正直写真じゃないんだよねえ」とまで。

びっくりぎょうてんだよ、おっかさん。w(゜o゜)w

以前の、ずーっと昔の私なら、
すぐさまカウンターごとひっくりかえして、
大声で「責任者を呼べー」と怒鳴ったかもだけど。
もう今の私はそういう場所にエネルギーを注ぐ生き方をしてないので、

あらあ。。。。

と静かに黙る。
しかし、これが写真じゃないというのなら、
あの人はいったい何に見えたんだろう?
こんな時、私は思います、
自分がなぜ写真界の王道を歩いてこなかった(これなかった)のか。
もし、私が、
写真学校へ行って、勉強して、スタジオマンになって、アシスタントになって、
そしてフリーランスのプロになる、
みたいな道を歩いたとしたら、
そうだなあ、たぶん、もう学校の時点で足を踏み外してるでしょう。
いや、正確には、突き落とされているでしょう、まわりの誰かに。
「これは写真じゃないんだよね」なんて言われて!
自分でも薄々、普通の写真家とは違うと感じてはいたけれど、
いや〜、こうもはっきりと言われちゃあねえ。ぶはははは☆
しかも大きさでそんなこと言われるとは!
驚きの世界だyo!
私は、カメラを持って、写真を撮って、仕事をしてるので、
世間的には自分の職業を「写真家」と言ってるけれど、
やっぱり「普通の写真業界」の人間とは違うんだなと、
ここでまたさらに強く実感したわけなのです。
見えてるものも、大切なものも、望む行き先も。
なにもかもが違う。

なのに、

ここに自分の作品を置いて、
個展のためのプリントを依頼していかなきゃならないなんて。
辛すぎる。。。。
私の作品を理解できない(しようともしない)人の手に渡すなんて。
スゴイいやだ。
もうすっかりやる気を無くし、心は弱くなり、
プリントの指示も細かくしたかったんだけど、
その男性店員は何を言ってもとてもダルそうに、面倒臭そうに答えるのでした。
「それはできないんだよねえ」
「それやってもあまり意味ないんだよねえ」
「それやるとこうなっちゃうけど、どうする?」
「それはウェブに載ってるからあとで見てよ」
(っていうか店頭でこうして話してて今すぐ知りたいことだから尋ねてるのに?)

はー、びっくりだよ、おとっつぁん!!w(゜o゜)w

もう私はさらに暗い気分になって、
「わかりました、もうそれでいいです」
とお店を後にしたのでした。

本当は全然良くないけど。
だって、個展だよ?個展のための作品だよ?
こんなことでいいわけがない。

はー、
とため息をつきながらしょんぼり歩いてたら、、、、 
「印画紙を替えなさい」と虹色の声☆☆☆

それで急いでカメラショップに立ち寄り、
パッと目についたいつもの印画紙を買って、
アトリエに戻って、プリントしてみたら、、、、

きれーーー☆☆☆

きれーじゃないのお!?
美しく印刷できてるーーー☆

どうやら、紙とプリンターの互換性の問題で、
故障ではなかったらしいのです。
(実は今回はこれまでと違うペーパーを使おうとしてたのでした)
真相はわからないけど。
でももう確かめてる暇はないので、
さくさくプリント。プリント。プリント!
これまで何気なく続けてきた作業だけど、
こんなにも嬉しいと思ったことはない!
自分の手で、細かいところまで好きなように作品を創作できる喜び!
ああ!
天使よ!
ありがとうございます!
それに、
今回のことで「自分のいる位置」を再認識できたからね。
よかった、よかった。
私は普通の写真家じゃないんだよ。はー、そーか、そーか、やっぱりねー。

すっかり強い心を取り戻した私。
現在の私は、
強い心を取り戻すとどうなるかというと、

優しくなります。(笑)

ラボにキャンセルの電話しなきゃーと、
連絡したら「先ほどの者ですが」とあの不機嫌くんが電話口に。
彼に私はこう伝えました。
「先ほどはいろいろありがとうございました。
 おかげさまで自分の作品を今一度見つめ直す良い機会となりました。
 つきましては、一旦お願いしたことは全て白紙に戻してください。
 よくよく考えてまだ出直すことにいたします」

「え?あ?そおですか。わかりました」と不機嫌くん。

この電話をしている時にひとつ思い出したことがあります。
先ほど私が店頭にいる間、もうひとり別のお客さんが来て、
その人に向かって、
「明日僕はお休み。検査入院なんです。胃にポリープがあって」
なんて不機嫌くんが話してたことを。
だから、電話の最後に、
「全然関係ない話ですが、明日の検査入院、お大事になさってください」
と伝えました。

「あ、あ、ありがとうございます」なんて言ってた!不機嫌くん。(笑)

あー、これで私の気分はすっきり!
プリントも全て無事に終わったー\(^O^)/

すばらしい!

そう!世界はすばらしいっ☆



☆大阪、箕面での個展がまもなく始まります☆
風変わりな個展ですが、たくさんの方に来ていただけたら嬉しいです。
展示コンセプトは、魔女と天使。
個展タイトルは
『魔女と天使のカーニバル』
写真、イラスト、人形、アミュレットなど、
展示販売いたします。
箕面は自然もいっぱいで、
秋深まる頃はとても気持ちいいと思うので、
ぜひお時間作って遊びに来てください!

2015年 10/29(木)~11/1(日)
(入場無料12~18時 最終日16時まで)
個展開催はカフェサルンポヮクの敷地内にある小屋のなか。

〒562-0001
大阪府箕面市箕面6-2-17
TEL/FAX 072-724-1771
水曜定休
サルンポヮクHP:
http://www.geocities.jp/salunpowaku/






胸の真ん中に天使が生まれました。
それじゃあ、絵を描こうかと、
道具を並べて、無心に筆を動かしていたら、
一日が終わりました。

なんと幸せな。

ありがとうございます。






☆大阪、箕面での個展がまもなく始まります☆

展示コンセプトは、魔女と天使。
個展タイトルは
『魔女と天使のカーニバル』
写真、イラスト、人形、アミュレットなど、
展示販売いたします。
箕面は自然もいっぱいで、
秋深まる頃はとても気持ちいいと思うので、
ぜひお時間作って遊びに来てください!
2015年 10/29(木)~11/1(日)
(入場無料12~18時 最終日16時まで)
個展開催はカフェサルンポヮクの敷地内にある小屋のなか。
〒562-0001
大阪府箕面市箕面6-2-17
TEL/FAX 072-724-1771
水曜定休
サルンポヮクHP:
http://www.geocities.jp/salunpowaku/





すごく嬉しいことがありました。
先日パリで撮影した写真。
とても気に入って頂けたご様子。

写真家は、
被写体がいないと何も始まらない。
だから、この出会いに感謝。
(ご縁結びをしてくれたKさんありがとうございます!)

最近、私のサイトのトップから入れる
「オーダーメイドフォトマジック」のページを見て撮影依頼してくださる方々も
徐々に増えてきて、とても嬉しい。

私は写真を撮ることしかできないから。

書くし、創るけど、それは結局みんな撮るためのことだから。

もうこの人生、写真の神様についていくしか。

そう、
一生を捧げると決めたから。

被写体だけをみつめて。



Yoshi Itu' Galerie itu' : official web site

http://art-itu.com/












パリの「天使の店」で仕入れたメダル。
『いつもあなたと共にいます』
というメッセージが素敵ですよne。。。☆
これで今から何を創ろっかな。
ブレスレットと首飾りを創りたいなあ。

そして!
先ほどぴん☆ときてしまいました。
私のだーいすきなパリのジャム。
個展期間中、
作品をお買い上げいただきました皆様全員に、
もれなく試食プレゼントをご用意いたします。
食べると美味しくてひっくり返る恐れがございますので、
じゅうぶんご注意くださいませ。
(≧∇≦)☆(≧∇≦)☆(≧∇≦)




☆大阪、箕面での個展がまもなく始まります☆

展示コンセプトは、魔女と天使。
個展タイトルは
『魔女と天使のカーニバル』
写真、イラスト、人形、アミュレットなど、
展示販売いたします。
箕面は自然もいっぱいで、
秋深まる頃はとても気持ちいいと思うので、
ぜひお時間作って遊びに来てください!
2015年 10/29(木)~11/1(日)
(入場無料12~18時 最終日16時まで)
個展開催はカフェサルンポヮクの敷地内にある小屋のなか。
〒562-0001
大阪府箕面市箕面6-2-17
TEL/FAX 072-724-1771
水曜定休
サルンポヮクHP:
http://www.geocities.jp/salunpowaku/

とても素敵なことがありました!
帰国したその日に、上野駅にいたら、
「いちごさん!」と呼ぶ声がして。
振り返ったら、お世話になってる八坂神社の宮司さんだった。

いつもは神社で袴姿しか見てないから、
Tシャツ姿に二度驚き!
思わず腕を組んでツーショット写真お願いしてしまいました。
私にとってはコレちょー縁起もの!うれしいー。
(私は飛行機でたくさん寝た上にすっぴんだから子ども顔。笑)

わーん☆
スサノオが私の帰国にあわせて「おかえり」って迎えに来てくれたよー

と思っちゃうほど嬉しい偶然でした!

でも、はしゃいだ気分も束の間。

その翌日から発熱。
三日三晩寝込みましたー。
なんとなくパリに居る時から、
悪寒がしたり喉が痛かったりしたんだけど。
撮影すると忘れちゃうから。
乗り切れるかと思ったけど。ダメだ。倒れた。

こんな時は焦っても仕方ないから、
ゆっくり休んじゃいました。
パリからずーっと走り続けて、
ようやく、ほーっと、ひと息な気分。
昨日から動けるようになったので、仕事を再開。
いろんな業務は滞りましたが、
ここからまたゆっくりスピードアップしてゆきます。

私はやることがいっぱいすぎて頭から溢れてしまう時は、
紙にひとつずつ書き出して終わったら一個ずつ消していくの。
めっちゃアナログなやり方。
でもこれが一番落ち着くんだー。
とにかく今は、
個展に向かって心が飛び始めています!
パリの次は大阪だー。
みなさん、箕面まで旅して来てね。
会いに来てね。
あのちっさな可愛い小屋でお待ちしております☆


最後にシャルルドゴール空港まで送ってくれたベンジャミンくん。
今度日本に来たら三倍返しで、恩返ししよう!


帰国して一番最初に食べたのはおむすびだったけど、
夕飯に古奈屋さんのカレーうどんを食べました。
すっごく美味しく感じた!(のに、このあと倒れた、たぶん風邪)

パリの思い出に浸る間もなく、
どんどんいろんなことが動き出しています。
なんていうか、
旅行じゃないんだよね、もう、ちっとも。
パリも日常の一部になったというか。
いい意味で、もうパリは特別じゃない。

でもそうなったのは、
いろんな人の支えがあったから。
心から感謝します。

私は自分がいっぱいいっぱいになると、
他のことは見えなくなるから。
今回のパリは、
慣れない撮影同行もあってYちゃんは本当に大変だったと思う。
撮影中は、ずっと待機してなくてはいけないし、
重たい機材も持ってくれて。
笑顔でずっとそばにいてくれて、
私のパリでの仕事を見守ってくれたYちゃん、
どうもありがとう☆


(モンマルトルの丘。
 世界中の言葉で「愛してます」と書かれている壁の前で。Yちゃんと。)


追記)
パリの最終日。
ハプニングもありました。
熱で寝込んでいる時、何度もそのことを思い出して、
いろいろ天使に尋ねた。
その答えはとても興味深いもので。。。。
いつかこのエッセイに書くと思う。
読者の皆さんとシェアしたいことがあるから。