写真家 夏野苺のブログ&エッセイ

写真は魔法の道具

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆
夏野苺のツイッターはこちら
夏野苺のフェイスブックページはこちら


ヘルシンキに行ったら、
自分のお土産として買って来ようと決めていたものがあります。
それは、マリメッコのキッチンミトン。

緑色の方は新作カラーだそうです。可愛い!
おまけに小さな小銭入れもget☆)
私が着物を着ていたせいか、
日本人女性のショップスタッフが声をかけてくれました。
そこで、なんと!?
彼女の実家は、私が先月越してきたアトリエのすぐ近くということが判明。
ヘルシンキまで来てこんなローカルな話題で盛り上がるとはー。^^
一気に親しみが増し、名刺交換をして、再会を約束しました。
素敵な女性だったからお友達になれたら嬉しいなあ。
初めて訪れた北欧で友達ができるって、すばらしい!
このご縁が続いたら、それは天使の贈り物☆
ありがとうございます。
彼女は年に二回は帰国しているらしいので、
日本でも会えたら嬉しいです。
(しかしやっぱり着物のパワーもすごいなー)



歩いていたら、こんな看板を発見。
どうやら二階にはムーミンショップがあって、
地下にはサンタショップがあるらしい。
入ってみたら、、、

確かに!ムーミングッズ専門店と、

サンタグッズ専門店!
地下ではサンタクロースたちがテーブルを囲み会議をしてました☆

ここでみつけたのです、あの白い天使たち。

私は自分用に、本の上に座ってる天使を購入。ロウソクが灯せるタイプ。

本といえば、アカデミア書店へも行ってきました。

ここにはカフェ アアルトという素敵なカフェがあります。
映画「かもめ食堂」で、
サチエがミドリにガッチャマンの歌詞を教わるシーンが撮影された場所です。

この日は土曜でとても混み合っていましたが、
カプチーノを飲んできました。
シナモンよりミルクの香りが強い、
ちょっと変わった風味でしたが美味しかったです。
(たぶんヘルシンキはミルクがとても美味しいのです)

もう本は増やさない、と決めて小さな本棚にしたのに、
またしても本を、それも大判を買ってしまいました。。。
ああ。。。

大好きなトーベ•ヤンソン。
名作「ムーミン」を生み出したフィンランドの作家さん。

この本の背表紙に描かれているミィは、天使に見えます。

そして、私は、スサノオと同じくらい、
スナフキンが好きなのでした! ぷぷ。^^
何が書いてあるのか、さっぱりわかりませんが、
いいんです、眺めているだけでときめきます!



どの国へ行っても必ず立ち寄りたい有名デパート。
私はデパ地下好き。特にお惣菜売り場が! 
「ストックマン」という大きなデパートへ探検に行ってみました。

ヘルシンキのデパートはスーパークールでした☆

ここは雑貨売り場の階。
色の配置とか、計算してこうなってるんだろうか?
例えば、ブルーの天井と、赤い小物の、
見え方のバランスとか。美しすぎる!
歩いて眺めているだけでアートの授業を受けているようです。



こちらは、ステイちゅうのアパートのすぐ近くの、
クリスタル専門店。
ここでは、作品制作用のクリスタルをいくつか仕入れました。

とっても素敵!
帰国して早く創りたいなあ♪ 



散歩ちゅうに招き猫も発見!


「福」というお店は、お寿司屋さん。
ヘルシンキでは、サーモンの握り寿司がとても美味しい☆



ものすごく風変わりな教会へ行きました。
ひとつは木の教会。
これ、教会だっていうんですが。

どう見ても教会には見えません。
でも、よーく見ると十字架が。

やっぱり教会です。(カンピ礼拝堂)
中に入ってみると、イメージは、、、、
巨大な曲げわっぱの中に祭壇を作ったみたいな感じ。

祭壇といっても、ロウソク一本、花束ひとつ、聖書が一冊、のみ。
祈りのロウソクは、砂の中に立てる。。。

なんてシンプルなんでしょう!
この瞬間、私がここへ導かれた意味がわかったような気がしました。
先月の引っ越しで、私は「なにもない部屋」での暮らしをスタートさせたばかり。
そのお手本を見せられたような気分です。
この教会に訪れる人は皆、私語を慎み、とても静かな空気が流れています。
なにもないって、清らかだなあ。。。
(注:モノが多い事が汚れているという意味ではなく)

気づけば一時間近く祭壇の前に座っていました。
何もないのに。
とても豊かな気持ちになって。

おそらくそれは、
樹木のパワー(自然のパワー)の真ん中に座っていたから、
ということでしょうか?

そして、もうひとつの教会は、さらに変わっていました。
岩の教会です。
これもまさか教会には見えません。

というか、そもそもこの写真のどれが教会かわかりますか?

この岩が、教会なんです。

いったいどこに入り口が?と思いながら、岩のまわりをぐるりと歩いてたら、
ありました、ここがエントランス。(テンペリアウキオ教会)


入って、、、心が黙りました。


なんてすごいのっ? どうしてこんなこと思いつくんだろう?
岩をくり抜いてその中に教会を創っちゃうなんて。
すばらしいっ!スーパークリエイティブ☆☆☆

岩の上部に縞模様に見える部分はガラス窓。
この日は雪でしたが、晴れの日にここから太陽光が射すとどんな景色になるのか。
想像しただけで涙が出そう。さぞや美しいことだろうなあ。。。。

天井部分は木。(たぶん)


祈りのロウソクを捧げる場所も岩。とてもシンプル。



パイプオルガン。
演奏聴きたいな〜。


二階部分から見渡したところ。向こうに小さく見えるのが祭壇。
祭壇には、やはり、ロウソク一本と花束ひとつと聖書しかない。
ここはストーンパワーに満ちあふれています。

このふたつの教会、
写真で表現するには(特に私のチカラでは)限りがあります。
興味を持った人は絶対に実際に訪れるべきです。
とても変わっているけれど、とても素晴らしい教会です。

私は、木の教会と、石の教会を見て、「創る」ということへの意識が変化しました。
言葉では説明できないのですが、変わった、ということだけわかります。
決定的な変化がありました。心の中で。
これからどんな制作物が誕生するのか、
自分で自分の未来が楽しみです☆


けれど、
やはり、
教会といったら、、、


こうでしょう?^^

私は天使が大好きだから、普通の教会も大好きです。
ヘルシンキ大聖堂には、主祭壇の両脇に黄金に輝く天使像が在りました。
ちょうど窓から陽が差し込み、ゴールドに光っているその姿は、
私に偉大なパワーを授けてくれているかのよう。
このタイミング(光が射す時間)に訪れることができた偶然に感謝して、
手を合わせました。

私は天使が好きです。
いつも天使に導かれていると感じます。
自分の手をひく、天使の手のぬくもりを感じることさえあります。
天使の声が心の中で大きく響くこともあります。
宗教のことは何もわからないし、天使についての「勉強」は、
何もしていないけれど。
天使はいる、と、
自分の人生の実体験の中で確信しています。
ヘルシンキでは、たくさんの天使像に出会いました。
フランスよりもドイツよりも天使遭遇率が高いように感じます。
イタリアでの天使像遭遇率に次いで二位!というくらい。
(ローマは天使だらけ。エンジェルパラダイス)

帰国したら、私は天使の置き人形をたくさん創りたい。
ヘルシンキで出会った天使たちへのオマージュとして。



とても可愛らしい、手のひらに乗るくらいの小さな天使たちを
日本へ連れて帰ることにしました。
先日、まほうshopでお買い物してくださった皆さんへのお土産です。
みつけた瞬間、ぴん!ときました。
今年のラッキーカラーのホワイトなので、
きっと枕元に置いて眠るといいと思います。
毎晩ぐっすり眠れてリセット、翌朝すっきり目覚めるはすです☆
(天使はひとりずつ違うポーズをしています。
 どの人にどの天使が飛んで行くのか。。。届いてからのお楽しみ!)
この天使をみつけたショップはサンタグッズの専門店でした。
とてもユニークなお店だったので、
次回のエッセイでご紹介しますne!


★おまけの写真★
お寺にもひとつ行って来ました。(ウスペンスキー寺院)
中には入れたけれど、修復工事中でした。
でも外観に感動、、、
この季節に行ったのがよかったと思います。
葉が落ちてる樹の間から見える建物の感じが素敵で。


ヘルシンキは、どうやら今の時期、朝と晩だけ雪が降るらしい。
朝起きて窓の外を見ると、道や車の上に雪が積もっています。

でもこのくらいじゃ誰も傘なんてささないで歩いてます。

滞在中の部屋の窓から見える景色。
ここは一般の住宅街。
向かいにある建物はホテルじゃなく、普通のアパートです。
ホテルに見えるようなお洒落な建物だなあと思います。
アパートの中は暖かいので、とても快適。


昨日、出かけようとしたら、もう晴れてきました。


ヘルシンキのアパートは、どこもすっきりしたデザイン。
素敵な街だなあ。


見てください、このロボットみたいなの。
駐車場の出入り口に設置されてる、、、なんだろ?カードリーダーかな?
カメラかな?
わからないけど、可愛すぎる!

この辺り(私が滞在しているところ)には、
岩がたくさんあります。この駐車場も岩をくり抜いて作ってあるみたい。
(岩の教会もあるらしい)

さて、
トラムという路面電車に乗って、港の方まで探検!
到着するなり、びっくりーーーー。
流氷???

わざわざ北海道まで見に行ったことがあるけれど、
またこんなところで見れるとは!

海まで凍る冬のヘルシンキ。

なんと!よく見たら川までもが凍っている。。。
でも滑らないように道には石が敷き詰められているので、
転んでしまうような人は見かけません。

私は着物を着てブーツの靴底に専用ホカロン。
お腹にも背中にもホカロン、そして、帯!なので、
全く寒くありません。
だから、散歩しててもとっても楽しいです☆


港前にあるオールドスーパーマーケットで朝ご飯を食べることにしました。
ここは建物の中にマルシェがあるので、中では暑すぎて、
道行き(着物用コート)は脱いで、
マフラーや手袋なども外しちゃいました。


いろんなお店があります。


パン屋さん。


雑貨屋さん。


果物屋さん。

そんなに大きなマルシェではないし、観光客もほとんどいなくて、
くるくるっと10分ほどで全店チェック終了。
その中で、スムージー屋さん発見!

寒くなるかな〜と一瞬躊躇しましたが、
大のスムージー好きの私。これは見逃せないだろう〜。
やっぱり飲みたい!ということで、オーダーすることに。
(18番のパープルパワーというのにしてみた!)

その場でミキサーにかけて作ってくれるんですが(作り置きのものは一切ない)、
いろんなものが入ってます。
「写真撮っていいですか?」というフィンランド語を覚えたので、
さっそく使ってみたら、通じたみたい!
作りながらいちいち途中経過を見せてくれます。^^
説明もしてくれるんですが、それはわからず。ごめんなさい。
でもありがとう。(フィンランド語の「ありがとう」も覚えました!)

この緑の粉はなんでしょう?魔法の薬のようです。

ナッツも入ります。けっこうたくさん。
ブルーベリーやラズベリーなど、果物も何種類か。
ココナッツミルクも入ったようです。
それで最後に一気に大きなミキサーで、がーーーっとミキシング。

これが!おいしすぎました!
わーん、毎日飲みたいー。帰国してから再現できるかなあ。
もしできなかったら今年中にもう一度このスムージーを飲みにヘルシンキに来たい。
というくらいの美味しさです☆ 大満足。
そして、ちょこっと何か軽いものを食べたかったので、
「ここは港。。。なら、サーモンでしょう!」と思い、
魚屋さんへ移動して、スモークサーモンのオープンサンドを買いました。

ドイツで食べたような薄い黒パンの上にサーモンが乗ってます。

これもすっごく美味しかったです。白ワインとか、合いそうだな〜。
このセット、体が冷えるかな?と思ったら、それが、全然!大丈夫。
むしろ体がポカポカしてきました。

なんでかな?
絶対あのスムージーに何か入ってるね。特別な、なにか。^^
私は緑色の粉が妖しいと思う。。。。☆

来ました☆ヘルシンキです!
吹雪です。
が、
覚悟してきたせいか、あまり寒く感じません。
これなら大丈夫。滞在中このくらいの気温が続いてくれれば。
いまヘルシンキは、朝の7時半。
まだ夜のように暗いです。



思えば、
成田空港第二ターミナルって、初めて利用したかも。
いつも第一ばかりだったような。。。
空港内の雰囲気が違うので新鮮でした。

チケットナンバーが、最強ラッキーナンバーで嬉しかったです。
このまま旅のお守りになるほど!

永遠のパワフルナンバー「115」と、
今年のラッキーナンバー「1」と1「2」が入ってる☆

成田で飛び立つ前、お寿司が食べたくなって、
ちょっと食べました。

長いものと(私は)赤いものが縁起いいので、
巻物と穴子といくらをチョイス☆


フィンランド航空は初めて利用するので、
とても楽しみにしていましたが、
搭乗直前に機体を見たら「あれっ?すごいこれ。花模様だよ!」と驚いて、
ああ、もっと早く気づいて写真撮っておけばよかったなと後悔。
でも、まぁ、きっと、
ヘルシンキ空港に到着したらこんな飛行機がたくさんあって、
滑走路がお花畑のようになって可愛いんだろうなー
と思っていたら、着いてさらにびっくり。
そんな飛行機は一機も見当たらず。。。。。
フィンエアーと機体に書かれた飛行機しかない。
おー!私が乗ったのは特別機だったのかっ?
それなら、乗れただけでもラッキーとしよう☆
でも本当は飛んでるのを外から見て写真撮りたかった!
だって、想像してみて。
青空に、花模様の飛行機。ぷ。^^かわいすぎるーーーーー
その窓からちょこんと外を眺めてる自分の顔を想像したら、
めちゃ可笑しかったです。
誰かに撮ってほしかったなー。^^

(ヘルシンキ到着後に撮影。私が乗ってたフィンエアーの飛行機)


(フィンエアー。普通の飛行機)


そして、

ここからが、

場合によっては、

すっごく大変なことになったかもしれない。。。。
という展開が待っていました。まるで綱渡りのような。

まず、
空港を降りて、ヘルシンキ中央駅まで行くバスの乗り場がわからない。
エアポートスタッフに尋ねてみたけれど、英語がわからない。
「電車を使え」と言ってるようだけど。いや、そんなはずはない。
バスで行けるはず。
こんな時は天使にSOS☆
そうすると、目の前に別のスタッフ(奇麗な女性)が現れたので、
再度尋ねると、「これよ!このバス」と、目の前のバスを指差すではありませんか!
なんとーーーーーーーー。早く教えておくれよ。
さっきのお兄さん(電車を?と言ったような)は、何を私に伝えようとしてたのかな?
で、
無事にバスに乗り込みました。
よかった。
これで30分もすればホテル最寄り駅に到着。
のはずなんだけど、発車してから「あれっ?行き先違う?」と気づき、
心臓が口から出そうになりました。
でも落ち着いてよく見たら、私が暗記していた駅名はフィンランド語だったんだけど、
バスの車内案内は英語表記だった、というだけのことでした。
よかった、心臓は戻りました。はっはっはっ
で、
終点のヘルシンキ中央駅に無事到着。
よかったー。
さて、これからホテルの場所探し。吹雪いてます。。。
でもなぜか寒くない。
元気に歩き出したのですが、なんか道が複雑。
そのうえ私は地図が読めないのでした。
さっぱりわからない。こまったなーと立ち往生。
こんな時も天使にSOS☆
そうしたら、
「Can I help you?」と、
またまた突然目の前に美しい女性が立っているではありませんか!
やっほー。ありがとうございます!!!
その人、私が手渡した地図をしばらくじっと見てるので、
(あれ?実はこの人も地図苦手?)と思ったのですが、
次の瞬間「私についてきて」。。。。と。
なんとーーーーーーーーー。親切な!!!!
どうやら「私のおうちはこのホテルの並びなの」みたいなことを、
英語で喋っているみたい。今日は寒いわね、とも。
それであっというまにホテルに到着。助かりましたー☆
迷わなければ、駅から徒歩10分くらいかな?
で、

で、

で、あれれ?

このドア、オートロックだよ。
暗証番号知らないけれど。どうやって入るの?

えええええええええええええーーーーーーっ?

吹雪いてます。ちょっと寒くなってきました。
どうしたら?
これは旅行会社の連絡ミスなんじゃ?
いや〜、困りました。
てんしーーーーーーーーっ スペシャルSOS!!!!!
と、そこへ、ある家族連れが現れて、
美しいお母さんが「Can I help you ?」と笑顔を向けてくれているではありませんか!
なんとーーーーーーーーーーーーー☆☆☆
ありがとうございます!
「今日からここにステイする予定なんだけど、パスワードわからない」
とバウチャーを見せたら「OK」と一緒にホテル内に入ってくれました。
が、
受付に誰もいない。
またしても困ったら、そのお母さんが緊急連絡先に電話してくれて、
シークレットボックスの中から私の部屋の鍵を取り出してくれました。
うわーん☆これで無事に部屋の中へ!
様々なチカラに助けられ、なんとか辿り着けました。ありがとうございます。
お部屋の中は半袖のTシャツ一枚でもいいくらい暖かいです。
そして可愛いです。


(お部屋の中。今回もキッチン付きのアパート型ホテルにしました)


(まあるい窓って可愛らしいなあ)


(レンジの下のこのドア何?と思ったら、、、)


(冷蔵庫でした!大きい。長期滞在に便利)


(驚いたのはこちら。何この蓋?と思ったら、、、)


(シンクでした!笑 かわいー。まあるいし。こんなデザイン初めて見ました)


(バスルームはライトの関係で赤っぽく写ってるけど、
 本当は白とペパーミントグリーンです。可愛い!)


到着してからの幾つかの難問。
もし天使の仕事を信頼することなく、
問題にフォーカスして心配しすぎていたら、
この旅のスタートはどうなっていたでしょうか?
学びのレベルは高くなっていくなあと感じます。
困ったことがあったらSOSをはっきり出す。
出したら、大丈夫と信じる。
時に時間のかかることもあるかもしれないけれど、
たいていは信じるチカラが強いと一瞬で解決するから。
そのことをまたしみじと実感しています。

ゆうべはもう早く眠ってしまったので、
今朝は早起きしました。
今日は北欧雑貨のお店や、教会、寺院など、
ゆっくりまわりながら美味しいものも食べたいです。
昨日の2回目の機内食から何も食べていないので!
おかげでお腹ぺこぺこ、
朝ご飯が美味しくいただけそうで、
ツイてます!

ゆうべ初めてゆっくりガイドブックを見ました。
わあ♪行ってみたいところ、食べたいものがたくさん!
どんな国かなあ。
短い旅なので荷物はちょっと。ラクです。
向こうでは着物で過ごそうと思います。
やっぱりなんといっても着物はあったかいので!

昇って来る朝陽に旅の無事を祈りながらご挨拶。


引いたカードは「立ち止まるな!」のサイン。


ムーミンとサンタの国。楽しみです!


★次回の更新はフィンランドから!