写真家 夏野苺のブログ&エッセイ

写真は魔法の道具

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆
夏野苺のツイッターはこちら
夏野苺のフェイスブックページはこちら

数日前、ドリームチームのことを書きましたが、
ルーンもまた私のドリームチームの一員です。
ルーンを使いながら天使のガイダンスを得る方法は、
とてもわかりやすくシンプルで、誰にでも出来る簡単な方法です。


ルーンは、遥か彼方、古代から受け継がれている智慧。
長い時間をかけ、国境を越えて伝わってきたものには
パワフルなスピリットが宿っています。
そう、石にも私たち人間と同じように魂があるのです。
ルーンを使うということは、スピリット同士の対話をするということ。
人に個性があるように石にも個性があるので、
ルーンを使うと決めたなら、
きっと自分に相応しいルーンと巡り会うことができるはずです。
古代から続く智慧を受け取り、実践することで、
自分もまた誰かをサポートしていくことに繋がることでしょう。

ところで、
「ルーンって何?」「ルーンって初めて聞くけど?」
という方もいると思いますが、
ルーンは、古代北欧のバイキングたちが使っていた道具です。
使い方は簡単。
ルーン文字(古代象形文字のようなもの)が書かれた、
25個の石を袋の中に入れて、その中からひとつ引きます。
ルーン文字にはひとつずつ意味があるので、
その時に引いた文字の意味と自分が置かれている状況を照らし合わせて、
現地点からどう動きていくべきか、サインを読み解いてゆきます。
昔は、シャーマンたちだけが使っていたようです。


タロットのように複雑に石を組み合わせる方法もありますが、
「ワンオラクル」と呼ばれている、一番シンプルな方法を覚えたら、
それで十分ルーンと仲良くなれます。


私は20年ほどルーンと付き合ってきましたが、
ずっとワンオラクルの手法で石の声を聴いてきました。
不思議なことに、ルーンを引くと大抵は
「やっぱりそうだったのか」という感覚になります。


それは、
「答えは自分の中にある」ということに繋がっているのかもしれません。
実はすでに知っている、
ということを明確にするための最強ツールがルーンだと私は実感しています。


繰り返しルーンを使うことで、
自分の感覚を信頼する気持ちが強化され、
感覚を通して届けられるアドバイスも信じることができるようになるのです。



★これは石で作られたものではなく、土を固めて作ったもの。
 スコットランドのスピリチュアルショップで買ってきました。

どうしてもプロがかなわない、
素人が偶然撮った素晴らしい一枚、
という写真に出会うことがあります。

私の経験からすると、
頭を使って撮ろうとすると全くうまくいかない。
写真は心を使って撮るものだと思っていますが、
じゃあ心を使えば必ず素晴らしい写真が撮れるのかというと、
絶対ということはなく、、、、
たとえば、家族スナップと仕事で撮る写真は、
そこに愛があるかどうかということが、
一番大きく違ってくると思うのですが、
家族間にある本物の愛には、
なかなか、かなわないなあと思うわけです。

だからせめて、
私は被写体の一番いいところ、一番好きだと感じるところを探して、
そこでシャッターを切るよう心がけます。

または、
感謝の心を込めて写真を撮ります。
写真は、被写体がいなければ成立しない世界だし、
写真家と被写体は運命共同体だから。

それは人を撮る時も物を撮る時も、変わりません。


私はいつも、
恋するような気持ちで写真を撮ります。




★でもリアルが一番だなあといつも思います。美しく整えたよそゆきの顔より、
たとえすっぴんでも家の中で笑ってる顔の方がハッピーパワーに溢れてる!

枝付きトマトと玉ねぎとツナ缶。
これだけあればサラダ作れる!と思って、
買い物行くのが面倒だったので、ランチはこれで済ませよう、
上等!じょうとう♫と鼻歌を歌いながら、
玉ねぎみじん切り、トマトも細かく、
ゴマドレ混ぜてあっという間にできあ上がり。

すっごく美味しくは感じたんだけど、
何か足りない気がする。。。。 ま、美味しかったからいっか!と、
洗い物をしようとキッチンへ戻り、ふとシンク脇を見たら、

ツナ缶、ぽつん。

ツナサラダなのにツナを入れ忘れました。。。。。


こんな時だ、

自分がものすごぉーく無能に感じるのは。


かなしい。



こんな人がやろうとしている魔法学校になんて、
いったい誰が来るだろうか。
私は盛り上がるのも速いがしぼむのも速い。

しょんぼり。

世界が灰色に見える。

しかーし!

メールチェックをしようとパソコン立ち上げたら、
素敵なメールを発見!!!!

『苺さん。おはようございます!
昨日〜わたしのうちにも天使便が届きました。
アミュレットもお手紙もそれは素晴らしくて
うれしすぎて涙がでました。
苺さんと出会えたことがわたしの幸せだなあ
って思います。こころからどうもありがとう。
今日も一日たいせつに生きようっと。^^
どうぞ素敵な一日でありますように。
いちらーから苺さんへ感謝を込めて。』

なんとーっ?

なんですってーっ?

うう(感涙)ありがとうございます。。。。

前回のまほうshopでお買い物された皆さんに作品を送る時、
なが〜い魔法レターも一緒に送ったのですが、
そのおひとりからのお返事でした。

ツナサラダにツナ入れ忘れるような私ですが、
こんなふうに言ってくれる人がいるなんて。
ありがたいことです。

はー、

励まされたわぁー。

また一気に盛り上がりました!(速いっ)

ピンボケ人生でも私はこのままいこう☆


★引き続きよろしくお願いいたします★

皆さんは、夢を叶えるために、
自分のドリームチームを持っていますか?

私のドリームチームは、
天使、
写真の神様、
オラクルカード、
ルーン、
月、
星、
パワーストーン、
本、
音楽、
などで結成されています。

このうち、
オラクルカードには毎日助けてもらっています。
人生の夢の実現へ向けて、
聖なるガイダンスは毎朝私のもとへと届きます。

ひとくちにオラクルカードといってもたくさんの種類がありますが、
私が使っているのは、エンジェルカードと、メディスンカードです。


すっかり人生の道に迷ってしまった時など、
日常使いというより特別な時に登場するのはタロットカードです。
タロットは、自分の人生パターンを確かめるために使うと便利なカードです。
比較的近い将来の進路や、過去に歩んできた道を確認するのに役立ちます。

毎日使っているエンジェルカードは、天使のメッセージを受け取るために使います。
ガイダンスに従い進路を決めていくと、自分の頭の中にある計画の外にも、
実はたくさんの素晴らしいアイデアがあることに気づけ、心の視野が広がります。
自分ではとても思いつかないような問題の正しい解決方法を知ることもできて、
人生に感動の瞬間が多く訪れるようになります。
迷路の出口を探すためにできることは思ったよりたくさんあるのです。

どんな時も助けてくれ、何でも話せる友達を心の中に持つことは、
生きていくうえで、とても大切なことです。
カードを使うことは占いと似ているようですが、
単なる占いとガイダンスを受けることの違いは、

チカラを外側に求めるのか、内側に求めるのか、

というところにあります。
オラクルカードを通して天使のガイダンスを受け取れるようになると、
もう自分を占ってくれる人を外に探し求めなくていいようになります。
また、
占いは未来を予測するものという意味合いが強いのに対して、
ガイダンスは、
必要な情報を受け、自分の日常にリアルタイムでフィードバックしていけるもの、
という特徴があります。

私は、ドリーン博士のライセンスを取得しているので、
これから先は、誰もが自分でカードを使って、
天使の声を聴くことができるようになる訓練システムを作りたい。

ここに写真の魔法をどう組み合わせ、
クライアントの人生にどう役立てていくのか、

私のミッションは、
しっかりカリキュラムを組み立てて、
魔法のバトンを必要な人たちへ渡していくことなのだろうと思っています。

小さな魔法学校を開校するのが、今の私の夢です!

どんな生徒さんが集まるだろう?

考えただけでワクワクしてきます☆

数年前、何も考えずに、
「魔法使いの弟子ワークショップ」を開催していましたが、
今にして思えば、あれはここへの布石だったんだなあと感じます。

後からわかることって、けっこうありますよne☆

だから、私たちは、
あるひとつの地点から全部の答えを知ろうとしなくていいのだと思います。

頭を使ってみてもよくわからないようなことは、
もう放っておいてかまわない。
それはそのうち勝手にどうにかなるはず。

毎日美味しいものを食べたり、
好きなことしたり、
人に優しくしてたら、
必要な"答え"は自然に現れてくるものだから。


まずは自分のドリームチームを結成して、
日々、助けてもらいながら、ゆっくり進みましょう。^^



人生で、あなたを助けてくれるものは何ですか?

人、モノ、場所、見えるもの、見えないもの、何でもかまいません。

私たちは一人では何もできないのです。

チームで動くことが、大切なのです。

いいですか?

このことをしっかり覚えておいてください。




もう一度お尋ねします。



人生で、
あなたを助けてくれるものは何ですか?





★フェイスブックの夏野苺ファンページとツイッターでは、
おはようメニューと一緒にオラクルカードから受け取るガイダンスを毎朝シェアしています。

カメラの構造上、厳密にいうならば、
撮っている瞬間、写真家には何も見えていない。
プロは、想像力を働かせながら、
一瞬先の未来を信じて、
確信100%の世界で仕事をしている。
少しでも自分に疑いを持ったら、もう写真の世界では生きていけない。
だから、
一番欲しい絵の、一瞬手前でシャッターを切る為に、
カメラを使いこなす技術よりも精神的な技術を磨く必要がある。

写真は、
カメラが瞬きをする瞬間(ファインダーがブラックアウトした瞬間)に
生まれるものだけど、
じゃあ本当に撮っているのは誰なのか?という疑問が私の中には常にある。

こういうことからも、
私が撮ったと思ってる写真たちは、
写真の神様からいただいたものなんだという考え方が生まれてきたと思う。


その昔、
二眼レフと呼ばれていたカメラたちは瞬きをしなかった。
写真家たちはシャッターを切る瞬間を見ることができたのに。

なぜカメラは瞬きをするようになったんだろう?

一眼レフカメラが登場してから、
特にデジタル化が進んでからは、
カメラに主導権を渡してしまったように見える写真家たち。
"その瞬間"を見ながらシャッターを切る時代はあっという間に過ぎ去った。


ひょっとして、
カメラが目を閉じるようになったのは写真の神様の計画なのかもしれない。

カメラの目が閉じることで、
写真家の瞳が開くように。


世界を見たいなら、
心の目を使うこと。

決してそれを
忘れないように。