写真家 夏野苺のブログ&エッセイ

写真は魔法の道具

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆
夏野苺のツイッターはこちら
夏野苺のフェイスブックページはこちら

なにやらずーっとお金のことを書いてきましたが。
ひとまず、これで最後です。
(というか、また時々は書いていくこともありますが)

今日は、
お金に関するイメージのお話です。

貧乏というレッテルを張るのって、誰でしょうか?

たぶん、自分ですよね?

他人から見た時に「あの人お金無さそうね」っていう場合もあるけれど、
人間って、見栄を張ったりもするしね。
人から貧乏と思われるの嫌な生き物だと思うから。
それでも「お金無さそうね」ってわかっちゃうのは、
まず自分が自分のことを貧しいと感じてるからだと思います。

でも、
お金が無いという思いを抱えたままで、
豊かな場所へ到達するのには無理があるのです。

お金が足りないという思いは、
今あるものが不足しているという不満の表れです。
それは、
いま在るものに感謝することを忘れてしまっているということです。
感謝からかけ離れた思いを抱くと、
お金はますます離れてしまいます。
なぜなら、そこには宇宙の法則が働いているからです。
(数日前にキバリオンのことを書いたエッセイを読み返してみてください)

今の自分は、
お金に関するどんなセルフイメージを持っているのかわかりますか?
お金に関する口癖を検証してみてください。

堂々と「お金が好き」と言えますか?
お金が無い」は禁句ですyo!
欲しいものがある時に、
欲しいと思えるものに巡り合ったことに感謝する前に、
「高い」と不平を言っていませんか?
お金は喜んで支払うと、またすぐにもっと多くなって返ってきます。
(感謝の魔法が働くから)

お金がどのように増えていくのかを前持って知ることはできませんが、
目標地点にたどり着くために少しずつ(あるいは一気に)、
お金に関するセルフイメージを上げていくことは可能です。

実際にお金が無い状態の時に、
増えていくことをイメージするのは難しいかもしれないけれど、
そうすることで本当に増えていくのだと信じることができれば、
イメージすることが可能になるはずです。
(自分の豊かな未来を信じることが先ですね)

そのためには、
夢見る場所にふさわしい自分を、自分で作り直すこと。
これは、つまり、
お金とのバランスを考えるということです。
小さな器のままで大金は手にできません。
お金持ちになりたいなら、
自分の精神を大きく高く広げようと心がけるべきです。
反対に、いま抱えている不満は、
お金のセルフイメージが低すぎるのが原因かもしれません。
あなたの器は大きいのに、
(セルフイメージが低いため)少ししかお金を手にしていないということ。

お金さんと共に、成長していけるといいなあと、
私も自分のことを思います。
(OLの頃よりは成長してると感じるけど!^^)

そして、いちらーさんも、私の大切な仲間たちも、
みんなみ〜んな豊かで幸せなお金持ちさんになったら幸せです!



★無事に東京に戻ってきました〜。
昨日は、滋賀のホテルを出た後、
京都へ向かい、
まずはホテルグランビアで朝食を食べました。

それから八坂神社へ。
無事に京都でお仕事させていただいたことに感謝つつ、
参拝後に柄杓を奉納してきました!


その後、ふと思い立ち、
京都市美術館へ。
ちょうど大好きな若冲展がやっていて、ラッキー!

改めて心に、うーむ、、、と思うことあり。
素晴らしい作家の作品を鑑賞することは大事だな〜。
これからしばらくの間は、たくさん美術館へ行こう!

私は、ホテルとか、美術館とか、大聖堂とか、神社とか、
みんな同じムードを感じる。大好きです!

(前回アップしたエッセイの補足です。
 ちょっと書き足したいことが浮かんだので)

そのお金で何をしたいのかを明確にすることは、
とっても大切なことだと思います。
一番大切と言ってもいいかもしれません。
そこが明確になると、
大いなる宇宙のパワーも、
お金さんも動きやすくなるのだと思います。

お金が無いと感じるのは、
貯め方ではなく使い方に問題がある場合が多いようです。

自分で稼いだお金をどうすればいいのか、
真剣に考えたことはありますか?

お金の誘惑に気をつけましょう。
(散財、強欲、傲慢に続く道は歩かない)

それと、
お金が減っていくように見えることから目をそらさないことも大切です。
いくら多くを稼いでも、それ以上に使い続けていくとしたら、
いつまで経っても一生お金持ちにはなれません。

いつもいつも自分にはお金がないと感じる人がいたら、
その人は得る方法だけではなく使い方も研究していく必要があります。

注意を向けた場所から食い止めていく(意識を変える)のです。

これは、一種の恐れとの戦いになるかもしれませんが、
ひるまずに挑むべき問題です。

世の中にはどうやら、
どんなに使い続けても増え続けていくお金というものがあるらしいのです。

悪い状況に目を向けるのではなく、望む状況に注意を向ける。

使ったお金は、何に姿を変えて自分に返ってくるのかを観察する。

自分の力で稼ぎ、自由に使う楽しさを知る。

この三つができるようになると、
人生からお金は消えていかないようです。

私もまだまだ修行ちゅうですが、
お金は愛とエネルギーなんだということに意識が向いてからは、
特に研究するようになりました。
独学ですが、
お金の勉強は楽しいです!^^

(私の個展や、まほうshopでお買い物する皆さんのお金の使い方を見ていても、
とても勉強になります。いつもありがとう!)



神戸での撮影が終わって、
先ほど滋賀のホテルに戻ってきました。

(こんなところで撮影してました〜)

(この天気の中、雨のシーンもあったのです!プロの技を見ました〜)
真っ青な空で一日中雲ひとつありませんでしたが

夜はかなり冷え込み、
ダウンを着込んでいるスタッフも寒い〜と辛かったのですが、
キャストは、浴衣姿。。。。。。

なんであんなになんでもないよう顔して演技できるのか不思議でなりません。

(今日は朝から晩まで同じ場所で撮影)
私が京都でインした初日に、
夕方の海に肩まで浸かって、監督のOKが出るまで
何度も同じセリフを繰り返す女優さんの姿を見た時から、
私の中に残っていた「甘さ」が音を立てて崩れていくのを感じました。

人間やっぱり一番肝心なのは、精神力だなぁ。
あの集中力と精神力!役者魂に刺激を受けました!

映画の撮影は、あと数日間続きますが、
スケジュールの関係で私が担当するスチール撮影はここまで。
終わってしまうと、何か長い夢を見ていたようです。
苦しいことも多かったけどとっても楽しかったです。
明日、東京に戻ります☆

無限の叡智は、
人間社会のルールの中に収まり切るものではないということを、
私は古典作品や天使のガイダンスから教わりました。

たとえば、私たち人間の考える正義は、
時として豊かさを遠ざける理由になることもあるのです。

人間が作り上げた道徳と宇宙の法則が、
必ずしも一致するとは限らないということを知ることは、
この人生でとても重要だと感じます。

どんどん豊かになって、
たくさんのことをしたいのは誰なのでしょうか?

自分というこの小さな存在がそう望んでいるのでしょうか?
それとも、大いなるものの意思が、
私たちをそのような気持ちに駆り立てるのでしょうか?

個人を超えたもっと大きな宇宙に想いを馳せてみると、
自分を縛っている制限を解くことができるようになります。

お金に関する思い込みも、
この考え方で一度リセットすると金運に変化が起こります。

水が流れるように、
お金がどんどん自分の前を流れていくようイメージすることで、
いつしか「お金が無くなることはない」と、
自然に感じられるようになるでしょう。

宇宙の導きに従いながら富を得る方法は、
一番確実で安全な方法です。

富を得たいと願うことは、
完全に正しい思いであるということを認めて、
宇宙の法則に従ったお金の得方を学ぶよう心掛ければ、
お金の心配は人生から消えてしまいます。

お金を得たいなら、
どうして自分はそう思うのか?
その理由を大いなるものに伝えてください。
正直な答えであれば、立派なものではなくてもいいのです。
(宇宙の法則と人間の道徳は違うので)

まっすぐ願ったことは、まっすぐ叶います。



昨日も長丁場の撮影でした。
朝から夕方までは神社でロケ。
夜は松竹の撮影所で。


朝は神社について、まず(一人で)参拝しました。
本殿正面では、セットを組んだりスタッフが作業中だったので、
裏手にまわって手を合わせました。
見上げると、ちょうど頭上に半月。
美しい朝でした。

夕暮れ時の空も。

神様が撮影を見守っていると感じました。


今日はこれからまたロケバスで移動。
夜まで撮影です!

私の趣味は、五百円玉貯金。
これね、すっごくお金が貯まるんですyo☆
私はこの五年間、毎年パリへ行きますが、
短い時で10日間くらい、長いと一ヶ月くらい、
飛行機代、滞在費の全てをこの貯金箱から出します。
年に一度はパリ!と決めているので、
貯金の目的がはっきりしている、そして、パリが好きすぎるので、
この気持ちにブレが生じない限りは、
五百円玉貯金の習慣は続いていくと思います。
たとえるなら、まるで、
植物(パリへ行きたい!という思い)に、
水をやる(貯金箱に五百円玉を入れる)という感じです。
わたくし、ささやかながら、お金を育てているのでした!(≧∇≦)
これは地味だけど確実にたくさん貯まる方法です。
「私もやってみよう!」と思った人は、
お金が住みたくなるような貯金箱を
探すことから始めるといいと思います。

お金を得る情報が舞い込んできたら、即実践することが重要です。
たとえば、今日のエッセイに書いたことも、
ひとつの「情報」ですよね?
現代社会はいろんなことをいろんなひとが言っていますから、
情報に振り回されないためには、
有益なものとそうではないものを見極め、
自分にとって確実なものだけを残していくことです。

失敗も成功も繰り返しながら、
小さな結果を出し続けることが大切です。

私は、
過去に5回も貯金箱のお金だけで渡仏した経験を持っているので、
このやり方は自分にとっても合っている方法だなあと思います。

以前、私の個展に、貯金箱ごと持ってきて、
その中に貯まっていたお金で作品を買ってくれた人がいました。
私はとっても感激してしまって、本当に嬉しかったです。

私の目標がパリということと同じで、
その人の目標が私の作品を買うということだったのですから。
大感激です!

考えているだけではお金は生まれない。

喜びはパワフルな引き寄せ効果あり!だから、
楽しみながら貯めてゆくことを覚えると、
どんどん貯まり始めます。


最後に、また質問です。
安物買いの銭失いになってしまうのは、どんな時だと思いますか?

これって、私は、
「お金を大事にしてない人」ということなんだと思います。

本当に欲しいものを買わないから、そんなことになるんだろうと思います。
自分の過去の経験からいっても、
そう思います。

本当に欲しいかどうかより、
「高いか?安いか?」を判断基準にしているような、
自分の気持ちを二の次にするような人のところへ、
お金さんも集まっては来てくれないと思うのです。

お金を大事にしない人のところへは、
なかなかお金さんも助けには来てくれないみたいです。。。。

私は、五百円玉貯金の習慣を身につけてから、
コツコツという「努力のパワー」を使うことが、
上手になったような気がします。

(五百円ずつという小さな金額なので)
とってもゆっくり回り道をしているようだけど、
実は、
自分の夢を叶えるためには一番の近道という気がしています。

いっぺんに大きな金額を貯金しようと思うと、
結局は続かなくて、また他の方法を最初からやり直し、
ということもあると思いますので、
お金を貯めたい人は、
自分にあった方法に巡りあってくださいne☆

まずは、お金さんを大切に思って。^^


★撮影は続いています。

だんだんスタッフ、キャスト共に、
ますます息が合ってきたのを感じます。
肉体的な疲れは溜まってくるのですが、精神力は高まってゆくような。
役者さんたちも役と同化して、みんな役名で呼び合うようになります。
(イギリスロケの時、「エアロン!」と街の人から役名で呼ばれて
とても喜んでいた小栗くんを思い出します)
今日は、瀬々組の皆さんのために差し入れをしました。
撮影の合間にパクッと一口で食べれるような、お菓子とか、おせんべい。
そこにこんな張り紙をしてくれました。
素敵で可愛くて面白かったので、つい記念に撮っちゃいました!

お菓子はあっという間に消えて行きました。。。
みなさんから「ごちそうさま、ありがとう」と言われましたが、
私の方が幸せな気分になりました。
ありがとうございます。

この幸せな気分は、
私のお金さんが幸せだったということなのでしょうね。^^
「誰かに喜んでもらえる使い方をしてくれてありがとう」って、
お金さんの声が聞こえてくるようでした。



お金の質問シリーズ。
面白いのでどんどん書いてゆきます☆

皆さんはお金の気持ちになったことがありますか?

もしも自分がお金だったら、どんな家(財布)に住みたいか?

もしも自分がお金だったら、どんな仕事(使い方)をしたいか?

もしも自分がお金だったら、
どれくらいの仲間(お札の数)と暮らしたいか?

こんなふうに考えたことって、ありますか?

お財布に暮らすとかって、想像すると結構面白いですよ〜

綺麗なおうちと粗末なおうち、どちらでの暮らしが快適ですか?

個室がいいか、相部屋がいいですか?
(お財布にレシートやクレジットカード等
お金以外のものを入れてるなら相部屋)

御殿に暮らせばパーティを開きたくなりますよね?^^
(綺麗なお財布に暮らしていると、
仲間のお札をたくさん呼び込みたくなるもの)

自分がお金になったつもりで生きてみると、
お金の増やし方も自然にわかってくるような気がしませんか?

お金だけに限らず、
なんでもそのモノの気持ちになってみれば、
一番良い方法が自然に浮かんでくるものです。

お金を貯めたいならお金の気持ちを考えてみること!
お金持ちになるためには、
想像力も大切なんですyo☆ きっと。^^




本当は昨日、
次のロケ場所へ移動するはずだったけど、
撮りきれなかったシーンがあったので、
もう一泊同じホテルに滞在して、
今朝早くから撮影して、お昼に無事にアップ。
これから
みんな一緒にロケバスで移動です。^^
撮影がズレ込んだので、
今日のお休みは無しになりました。
毎日スタッフさんが、
一日分の撮影スケジュール表をみんなに配るんだけど、
今日の分には「申し訳ありません」と書いてあって、
ちょっと笑っちゃいました。アットホームな瀬々組です。