写真家 夏野苺のブログ&エッセイ

写真は魔法の道具

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆
夏野苺のツイッターはこちら
夏野苺のフェイスブックページはこちら

まもなく今年最後のまほうshopがオープンします。
いつもは新月開店なんだけど、
今回だけ、なぜか、満月に。
そんな気分だったので、
このタイミングに乗ってお店を開きます。
あと20分ほどでドアを開けますyo☆


先ほど、昇り始めの、
お〜きなまあ〜るい黄金の月を見ました!
なんだか、
今年一番の月!という感じがしたほど。

どうしてそんな気持ちになったんだろう。。。。






私を応援してくれている人から、
今朝、このサイトにインタビュー記事が載ったと、
嬉しいご報告をいただきました。
★こちらをクリックしてご覧ください★
    ↓ ↓ ↓
https://asajikan.jp/article/112959

こうして自分の夢を力強く叶えていく人を見るのは、
刺激になるし、勇気ももらえます。

いちらーさんの中には、
ずっと作詞家になる夢を抱いて、
楽しみながら魔法修行を続けて、
今ようやくプロとしてのスタートラインに立った人もいます。
(有川唯子さん)

エッセイ読者の中で、来年から、
ソロプレナ(ひとり起業家)として活動していきたいと思う人はいますか?
自分のチカラを使って、自由に稼ぎたい人。
私も並走しながら、魔法のバトンを渡していきます。
共に高みを目指して頑張りましょう!

とはいえ、
具体的にはどんなことをするの?って思いますよね?
まもなく私が主催する小さなワークショップを告知します☆
ちょっとした美味しいものを食べながら、
いろいろお話しようと思うので、
まずは気楽に私に会いに来てくれたら嬉しいです!


さて、
今夜は今年最後のまほうshopオープンです。
初の満月開催ですが、とっても楽しみです。
次回のまほうshopは、2017年2月オープン予定。
また少し間が空いてしまうので、
ぜひこの機会にお店にいらしてくれたら嬉しいです。
そして、願わくば、
あなたにぴったりなまほう道具が見つかりますように!


(まほうshop『un secret』にご登録のみなさまへ。

本日、開店前にご連絡差し上げますので、お待ちください。)

今日見た素敵なもの。
空を見上げたら大きな羽根雲!

私はいつも、ああ天使!と思います。

歩きながら時々空を見つつ、
こんな日は散歩日和。


私のアトリエ近くに、
とっても美味しい
和栗を使ったお菓子を出すお店があるんです。

幾つかメニューがあるのですが、
定番はもちろん、
季節ごとの変わりメニューも楽しみ。

この冬は、パンケーキセットが登場。
でもこの前行った時は売り切れてたので、
小さくしょんぼり。
近所なんだからまた行けばいいんだけど。

なので、
新発売のシュークリームを買ってきました。
これが、また美味しくて美味しくて。
涙でる。

ここのお菓子の一番好きなところは、
甘くないところ。
たぶん、
お砂糖は使ってるとしてもほーんの少しのはず。
栗の甘さを壊さない程度に。
私は、甘くないスイーツが好きなのです。

自分の好きを知ってるって、とっても大切。
周りを見ていると、
実は自分の好きなことが
よくわからない人がいっぱいいるような。

あれ、どうしてああなっちゃうんだろう?

きっと、人の言うこと聞きすぎなんだよね。
いや、聞いたっていいんだけど、
誰でもいいってわけじゃないでしょ。
私は人の言うこと聞かないってよく言われるけど、
それはこの世に「聞きたい」と思う人が少ないから。
大抵は、聞いても「ふうん」としか思わないから。
だけど、
たま〜に出会うのです。
「この人の言うことは聞きたい!」と思えるような人に。
そういう場合は徹底的に聞きます。
本当に、素直に、心を開いて。

人の話を聞く時は、
それくらいこだわりを持って聞かないと、
いつの間にか自分の真ん中が狂ってくる。
そうなると、不安になったり、怖くなったりする。
もしそんな気持ちがやってきたら、
自分の中心に生じた誤差を正す時だと思う。

安心感とか、自信とか、そういうものは、
外側からはやってこないから。
内側の声を聴くしかない。
それはちょっとした訓練とか努力とかコツの要ることだけど、
そこを怠って簡単にその辺の誰かに尋ねて答えを得ようとすると、
失敗することが多い。

大切なことを尋ねる場合は、
「この人なら!」と、自分の心の声が名指しする人がいい。
その際、
「この人が好きだから」を基準にするとうまくいく。
「この人うまくいってるから」なんて理由だけで聞くと、
後に間違った方向へ行くこともあるから、要注意。


そして聞くと決めたら、
中途半端に疑いながら聞くのではなく、
全身全霊で聞くべき。
もしも後から
「あれ?言う通りにしたけど、失敗したかな?」
と感じるようなことになったとしても、
それを相手のせいにしてはいけない。
聞くと決めたのは、自分の責任なのだから。

あらら?
スイーツからこんな話になったけど。
まあ、
たとえスイーツひとつの話としても、
自分が好きと確信できるものを選んでいくということは
本当に、本当に、大切なことだから。

皆さんも、毎日の中で、
自分の好きを真剣に追求してほしいなと思います。

私は今日、新しい美容院へ行ってきました。
そこで感動したことが。

私を担当してくれた人が、アシスタントに出した指示の言葉が、
あまりにも素敵すぎて、一瞬で心をさらわれた!
最初にシャンプーする前、
「たとえるならこれってフルコース料理の食前酒と前菜みたいなものだから。
今からお客様にそういうものをお出しする、、、という気分でよろしくね」
と言っていた。。。。

なんだこれ。すばらしすぎるーーーーーーー☆

こんなこと言う美容師さんには
初めて会いました!

しばらくここに通おう!

干潮のいま、

まもなく海が割れ、道が現れます。


人生の引き潮を怖がらなくていい。


波が引いている今こそがチャンス。


さっさと渡ってしまおう。
この道を!


満潮の間には行けなかった、
向こう側へ。



★大好きな人がくれたお茶。
イルカの形をしているディーバッグが素敵すぎる。
この前飲んだ時は気づかなかったの、ミルクティーにしたから。
今日初めて気づいて驚いた。
カップの中が海になって、イルカが泳いで。
幸せな午後のティータイムを、ありがとう。



熊手って、
最初は小さなものから買って、
次に買う時は、
その値段から落としてはいけないそうです。
お金を下げてしまうと縁起が悪いそうです。

それと、
例えば5千円の熊手をまけてくれて、
「4千円でいいよ!」
と言われたら、たいていの人は
「やったー!ありがとう」と喜んで、
4千円払って帰っていくと思うのですが、
本当は、5千円払って、
まけてもらった千円は「ご祝儀です」と言うのが、
熊手の粋な買い方だそうです。

私はこの話を聞いた時、
素晴らしい!と感じました。

熊手を手にする時に、
少しお金を多めに払うことで、
人に良いことをしたことになるので、
自然と開運アクションになります。

売り手にはお金が入る。

買い手には幸運が入る。

なんと素晴らしい日本の祭りの奥深さ!
みんなが良くなる世界ですね。

熊手を売ってる人たちは、
実はみなさん観察してますよ。。。

★おまけしてもらって、
そのまま自分だけ喜んで帰っていく人。

★おまけしてもらったら、感謝を表し、
おまけ分はご祝儀としておいていく人。

どちらの姿勢の方が、
より良い人生を歩いていけそうですか?

ふふふ。ここまで読んで、
「でもそれって商売上手な人の口車に乗ってるだけじゃ?」
と思う人がいるとしたら、
もうその人はそこまでの世界しか見れないだろうと思います。
善い悪いということではなく、
単に、今そこにいる以上のものは見れないだろうということ。
そういう考えだと世界は広がっていかないと思うのです。

いいじゃないですか、口車に乗せられてるとしても。
だって、相手はプロの商売人ですよ。
素敵じゃないですか。

私はお客さんなんだから。
話を聞いて、
熊手だけではなく「感動」も手に入れられたのだから。
感謝です。


この人は、
ご祭神の化身かしらと思うほどですyo☆

最初はただのお客さんと
熊手屋さんの出会いだったけど、
今は魂の友のような気分。
このご縁に感謝しています。
また来年、
会えるのを楽しみにしています。

毎年「今年はどうだったかい?」
と聞かれるので、
「最高だった!」と答えられるような、
また、そんな一年にします。
(実際にどんどん運気が上がってるから!)